金剛山四季の花

金剛山(1125㍍)で撮影しました、四季折々の山野草を中心に
登山、催し、花、DBなど宝石箱のような忍者のブログです。

再度、下赤阪の棚田へ

2016年09月24日 00時45分45秒 | 棚田風景


            スズメウリ
(雀瓜 ウリ科)

            よく見ないと見落としてしまいそうな
                
小形のツル性植物。1年草。
           花は直径6ミリぐらい。花期8~9月。





     果実は若い頃は緑色ですが、
     熟してくると灰白色に変化します。




     これは成熟した果実。
     スズメウリは金剛山でも見られますが、
     個体数はあまり多くはないようです。




     近くにスズメウリの兄貴分・カラスウリの
     果実もぶら下がっていました。
     秋も深まってくると、赤く染まります。




     ヤマハッカ(シソ科)



     シラネセンキュウ(セリ科)



     ユキザサ果実(ユリ科)
     春に真っ白な花を見せてくれたユキザサ。
     身にまとっている葉は、虫食いでボロボロ
     ですが、果実は真っ赤に熟し、宝石のよう。






     ツルシキミ(ミカン科)



     タマゴタケ(テングタケ科)



     ホコリタケ(ホコリタケ科)



     こんなキノコも…。名前は?



     クサギ(クマヅヅラ科)



     ヤブツルアズキ(マメ科)



     金剛山の帰り、下赤阪の棚田に立ち
     寄りました。
     1週間前に見た時より、黄金色が増し、
     黄金の波が押し寄せてきそうな感じ。
     収穫まではもう少しかな、、、




     水路に映えるヒガンバナ。









                                                                (2016・9・24)


 















『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸) | トップ | アケボノソウ(曙草) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

棚田風景」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。