Kondo-Kougei  -  一枚板のテーブル工房 近藤工芸

この世にひとつだけの家具。
あなただけのオリジナル家具のご紹介。

おおみそか

2007年12月31日 | かわら版
今年の愛媛県は台風の被害もほとんどなく、夏以降雨の降らない年でしたね。

近藤工芸の2007は、インターネットでお問合せをしてくださったお客様、チラシや新聞、テレビをみてご来店くださったお客様等、この1年も全国多くの方々との出会いがあり、私たちはいろんなことを得ることが出来ました。
自然木家具を皆様と納得頂ける家具づくりアドバイザーとしてのお手伝いが出来た事、とても嬉しく思います。
来年もより一層、自然木の家具づくりのアドバイザーとして皆様のお役にたてるショップを目指しがんばってまいりますので、来年も宜しくお願い致します。

 それではよいお年を!!!     
  
               近藤工芸スタッフ一同
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初雪

2007年12月30日 | 作品紹介
初雪が降りました!

寒い寒いと思っていたら、白い雪がはらはらと・・・

こんな寒い日には、あったかいコタツでのほほんとすごしたいですね。

こちらのコタツは、自然の風合いを充分に感じられる作品に仕上がっています。

年末年始、寒い体を暖めるコタツで特番!なんていかがでしょうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一枚板のテーブル

2007年12月29日 | 作品紹介
本日紹介するのは、北海度で育った槐(エンジュ)の一枚板の座卓です。
黒く落ち着いた色合い、滑らかで、ひんやりとした肌触りが特徴的なエンジュ。
畳の和室にも、落ち着いたインテリアの洋間にもおいていただける商品ではないでしょうか。

大人の雰囲気漂う槐、近藤工芸には槐のコースターも販売しています!
是非ご覧下さい!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暖卓

2007年12月28日 | 作品紹介
皆様暖卓というテーブルをご存じでしょうか?
一見コタツのようですが、暖卓とは、座卓の一種なのです。
こちらの暖卓は、冬場を過ぎれば隅に追いやられるコタツとは違って、一年を通してお使いいただけるものです。
夏は座卓として、寒くなれば本体に収納できる電源コードを取り出し、体のしんから温まっていただきけます。
また、通常コタツは、寝そべった時に狭くないよう、脚の高さが座卓よりも高くなっております。
こちらの暖卓には座卓、コタツの脚の高さにかえられる、取り外し用脚が付いておりますので、大変便利です。
しかも、近藤工芸にはオイル仕上げのものがございますので、木の味わいを楽しんでも頂けます。
これからの時期、冷えた体に大活躍の商品、くつろぎの空間に一台いかがでしょうか?

            山内
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブラックウォールナットのダイニング

2007年12月27日 | 作品紹介
今日は僕のお気に入りのテーブルをご紹介します。
本来であれば一枚板のこれはいいですよとお話したい気持ちもあるのですが
少し趣向を変えて巾ハギのダイニングテーブルを一品。
こちらはブラックウォールナットの集成材を使用したダイニング
テーブルです。今やショップ系だけでなくあらゆるジャンルの
家具や建築材にまで使用が広がったブラックウォールナット。
世間でも注目度が非常に高まっています。しかし、今回僕が何故この
ダイニングテーブルを選んだのかと言いますと厚みです。
厚み42mmというものは非常に貴重です。比べるならば企画ダイニング
テーブルに使用されるのは基本、積層合板と呼ばれる2重に重ね厚みを
厚く見せる工法を取ります。その点だけでもご紹介のダイニングテーブルの希少価値は非常に高く、僕自身オススメできる商品です。どうぞご覧下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生まれ変わったウレタンテーブル

2007年12月26日 | かわら版
先日、以前に当店でご購入頂いたウレタン塗装のテーブルを、
すり直し、オイル仕上げにされたいというご依頼がありました。

天板の表面に膜をはるように重ね塗りされたウレタン塗装は、
光沢を放ちいかにも高級そうな面持ちでした。

一般的に、オイルで仕上げると染みや小傷が付きやすいと言われます。
しかし、職人により磨きあげられ、オイルで再び塗装され天板を見た時僕は、
この自然なままの無垢材が持っている味わいとは、
そのままだからこそ、凄く良いものなんだと改めて感じさせられました。
まさに生まれ変わった一枚板、本来の輝きが殻を破って突出したかのような印象を受けました。
これからもこのオイル仕上げの良さを、お客様にお伝えできればと思っております。

 山内
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栴檀

2007年12月24日 | かわら版
栴檀という木をご存知でしょうか?
栴檀と書いて「センダン」と呼びます。
味わい深い色味に、スーッと通った木目が特徴です。
なんともはや高貴な雰囲気を持つ美しい材で、あまり家具でも見受けません。
そんな栴檀材を使ったチェストが近藤工芸には一台だけ存在します。
他を圧倒するオーラを持っているのですぐにお分かりになるかと思います。
ぜひ近藤工芸店舗にお越し下さい!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無垢の学習デスク

2007年12月22日 | 作品紹介
今日は、無垢一枚板学習デスクをご紹介いたします。
こちらの学習デスクは、樹齢約110年の北海道産タモ材を使用しています。
癖の少ない穏やかな木目が印象的で、割れ止めの契りがアクセントになっています。
北海道の大地の恵みを受け、のびのびと育ったタモの学習机。近藤工芸が自身をもってオススメ致します。

  佐伯
saiki
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無垢一枚板座卓リビングテーブル

2007年12月21日 | 作品紹介
今回ご紹介するのは、一枚板の天板を使った【LZ-98】楠一枚板座卓リビングテーブルです。

樹齢130年を超えるこちらの楠の天板は、ダイナミックに広がった木目がとても特徴的です。楠特有の色合い、裏天使用で使用面が広く、実用性にも富んでいます。
ミミの状態も美しく、自然の風合いを楽しんでいただけます。

座卓の脚をかえて、ダイニングテーブル、穴をあけ、囲炉裏テーブルなど・・・お客様のアイディアしだいで、行く通りもの使い方が可能で、飽きることなくお付き合いしていただけます。


saiki
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無垢パソコンデスク

2007年12月20日 | 作品紹介
本日紹介する作品は、毎日のお仕事の時間が癒しの時間になりそうな、無垢一枚板天板を使用した、パソコンデスクです。
無垢の暖かい風合いを味わいながら、日々お仕事ができるなんて、とても素敵ではありませんか?
こちらのデスクは純白の木目が美しい樅の木の天板を使用しています。優しい肌触りと、迫力あるミミ。月日を重ねた無垢の天板は、私達を大きく包んでくれているようです。
日々のワークシーンに冷たいスチール製の机よりも、滑らかな木肌、丸みを帯びたフォルムの無垢のデスクをオススメ致します。



saiki
コメント
この記事をはてなブックマークに追加