Kondo-Kougei  -  一枚板のテーブル工房 近藤工芸

この世にひとつだけの家具。
あなただけのオリジナル家具のご紹介。

家具の塗装方法の種類②

2007年11月30日 | かわら版
②ウレタン仕上げ

一般に市販されている家具の多くに、ウレタン塗装が施されています。
オリジナルな色を表現したい時などに着色剤の上塗り保護膜として、ウレタン塗装がよく使われます。
傷や汚れに強いという利点がありますが、ひとたび傷や汚れがついてしまうと、メンテナンスや修理をするのに、素人では修理ができない為、家具屋さんに修理をしてもらわないと直せません。
そのため、日数と費用が結構かかってしまいます。
ですからメンテナンスや修理をしないで使い切る、使い捨て感覚の張り物の家具には向いている塗装方法といえます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家具の塗装方法の種類①

2007年11月29日 | かわら版
さて、本日から3日間は、よくお客さまから聞くご質問にお答えしたいと思います。それは家具の塗装方法の種類とそれぞれの良い所・悪い所についてです。

①オイル仕上げ

アマニ油・桐油・蜜蝋などを主成分とした無公害のオイルワックスを塗り、木にしみ込ませ、余分なオイルを拭き取り、乾燥させる。
それを複数回繰り返します。
自然な艶(ツヤ)や木の風合いの良さを表現でき、木が呼吸できることで調湿効果もある塗装方法です。
また、ウレタン塗装等の樹脂塗装に比べて汚れが付きやすいという面はありますが、直しやすいという利点もあり、素人の方でもやり方を間違えなければ簡単にローコストでメンテナンス・修理が可能です。
また仕上がりにあまり光沢がない為、少々の小傷が目立ちにくく、使用年数を重ねていくことで傷が味わいになっていくのが一番の特徴といえるでしょう。
長く使用できる、何代も世代を超えて使っていくような総無垢の家具や、日々の生活の中で無垢の木の質感を味わいたい場合にはベストな塗装方法だと言えます。

                            営業 萩森
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木・木・木

2007年11月28日 | かわら版
 はじめまして!入社6日目、見習い中の矢野です。ごあいさつを兼ねて今日は新人なりにお店について感じたり思ったりした事を書かせてもらおうと思います。
 まずお店に入って驚いたのは木のいい匂いと、並び立つ天板の大きさと存在感!
 他にもデザイン・実用性共に高い家具や、かわいい小物の数々が広~い店内に所せましと並んでいます。多くの木に囲まれて仕事をしていると、マイナスイオンこそ出ていませんが不思議と落ち着き、安らぎます。
 当店ではwebでの注文も多くいただきます。ありがたい事です。しかし実際に来て見てさわって、生きている木をじかに感じていただく事がやはり一番だと考えます。おかげさまで週末になると全国からご来店があり、家族連れのお客様も多く見られます。ぜひ一度、多くの木々に癒されにいらしてください。
 余談ですが、昨日行ったあるお店でうちの椅子を使ってくださっていました。感謝!
 これからたくさん勉強していき、またここでお店や商品の紹介をしていく事ができればと思います。よろしくお願いします。 矢野

近藤工芸HP
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愛される家具

2007年11月28日 | かわら版
先日近所の書店で、趣味の立ち読みをしていたときの事です。

棚に立てかけられていた写真集を開くと、アメリカで暮らしている90歳のおばあちゃんの家が紹介されていました。古いものが大好きで、古く見える新しい家を30年前に建てたのだとか・・・。築30年はかなりのものだと思いますが、息子さんが心をこめて3年間の月日を費やして建ててくれた家は、いままでに住んだどの家よりも住みやすく、大好きだといっていました。

近藤工芸の商品で、心のこもっていないものは一つもありません。小さなチギリ一つにも、職人一人ひとりが愛情と情熱をこめ、使ってくださるお客様のことを考え製作しています。また、販売する私たちも、お客様のことを考え、末永く使っていただくためのアドバイスを欠かしません。
お客様の家で一番使いやすく、一番古い大好きな家具を目指して一枚板の創作工房近藤工芸は歩んでいきます。
                            佐伯
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜の照明

2007年11月25日 | 作品紹介
本日は桜材で創った間接照明です。
無垢の木をそのまま活かした職人の技がキラリと光る近藤工芸オリジナル。
淡い光がムーディな芸術的な逸品です。
インテリアとして最高の品なので、ご自宅や新築祝いなどにぴったりと言えます。
近藤工芸店舗に入ってすぐに「デン!」と待ち構えているので、お寄りの際はぜひご覧下さい!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

楓(かえで)の一枚板ベンチ

2007年11月24日 | 作品紹介
本日は近藤工芸のHP掲載の「楓の一枚板ベンチ」をご紹介します。
一枚板ならではの近藤工芸オリジナルベンチは世界に一台だけしか存在しません。
木の呼吸を感じ、無垢の味わいを楽しむ。
そんな楽しみを楓の一枚板ベンチは与えてくれます。
楓の美しい木肌や木目を味わいつつ、家族団らんのひとときをお過ごし下さい!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わがまま叶えます

2007年11月23日 | かわら版
作品紹介
本日ご紹介するのは、HPにも掲載している「5尺チェスト」です。
和のテイストをふんだんに盛り込み、気品と重厚感とを持ちながらも、御高くとまった印象を取り除き、現代の生活スタイルに違和感なくマッチするデザインを実現しました。

さらに、こだわりはデザインのみに止まりません。造りにも匠の技が光っています。
側面の厚みはおよそ7センチ。框組でつくり、強度を増すと共に迫力ある風格を造りだします。
桐の引き出しの底板も、厚さ10ミリ。あり組という組み方でつくり、壊れることは非常に少なく丈夫です。また鉄釘でなく、木釘を使っているので、木に負担をかけません。
帆立ちの太い部分には隠し箱が仕込まれていたりと・・・まさに至れり尽くせり。
和の世界の魅力に存分に浸っていただけるのではないでしょうか!


さらに、こちらの商品は別注・特注・フルオーダー対応商品で、お客様のさまざまなご要望にお答えすることが可能です。
変更可能なもの
・ サイズの変更
・ 引き出し、引戸の位置、数量、組み合わせ他
・ 取手金具デザイン(3種)
・ 木材(4種)
・ 色
他、ご要望はご相談ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブラックウォールナットの一枚板ダイニングテーブル

2007年11月22日 | かわら版
今日は僕が今一番おススメの一枚板ダイニングテーブルをご紹介します。
HP商品の[DT-53]です。
こちらはブラックウォールナットの一枚板ダイニングテーブルです。
森の至宝と呼ばれ、数多くのデザイナーたちに好まれるブラックウォールナット。
僕自身、心材部分のチョコレートブラウン色の色合いには非常に心を惹かれます。
是非、一度ご覧下さい。

                  営業 高須賀
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一枚板で創る「囲炉裏」

2007年11月21日 | かわら版
まもなく師走がやってきます。
空気も乾燥し、震えるような寒さが到来しつつあります。
そんなニッポンの冬の寒さ対策に、ニッポンが誇る「囲炉裏」はいかがでしょう?
しかも天然の一枚板で創る囲炉裏は格別の趣きがあります。
家族や友人で囲炉裏テーブルを囲み、熱燗なんかをキュッと一杯・・・
「まあ一杯やりねえ、ホレ、おっとっと・・」
「すいやせんねえ、ではご遠慮なく・・・ああこいつは旨い酒でごんすね・・・」
「親分も一杯」
「ああ、すまねえな」
「寒い冬はやっぱり熱燗と囲炉裏に限りやすね・・」
「ちげえねえ・・・」
こんな具合に団欒の場となること間違いありません!
しかも直火でつまみなどをジリジリと焼いたり・・・
あとはご想像にお任せします。

                     営業 山野井

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

先駆けて・・・

2007年11月19日 | かわら版
気がつけば今年も残り二ヶ月…時間がたつのは本当に早いものですね。12月ともなれば、忙しさに翻弄されて大切なイベントさえ忘れてしまいがちです。
真冬の一大イベントといえば、クリスマス。ちょっと気が早いと思われるかもしれませんが、世の中はすでにクリスマス商戦の真っ只中、赤と緑のディスプレイや、眩いばかりのイルミネーションがあちこちで見受けられます。
そんな楽しいクリスマス。でも、どこか無機質で温かさにかけているとは思いませんか?
人の手と、自然が生み出した心温まるオルゴール。雲の部分をくるっと回せば、だれもが一度は耳にしたことのある「ホワイトクリスマス」のメロディー。
やさしくて、あったかい、そんな心のこもったクリスマスプレゼントはいかがでしょうか?                          佐伯
コメント
この記事をはてなブックマークに追加