Kondo-Kougei  -  一枚板のテーブル工房 近藤工芸

この世にひとつだけの家具。
あなただけのオリジナル家具のご紹介。

ソファVol.5

2007年03月31日 | 作品紹介
本日は楢の座リビングチェアです。
頑丈な楢を使ったこちらの商品は存在感ある、重厚な造りとなっています。
普段使いのソファとして心地良い時間を提供してくれること間違いありません。
アンティーク仕様の塗装がレトロながらもモダンな印象をかもし出しています。
ご家族での時間をゆったりとした無垢のソファで過ごしませんか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブラックチェリーの食卓テーブル

2007年03月30日 | かわら版
ハ~イ、ムッシュです。ポカポカしてきましたね。
「春眠暁を覚えず」でも私ぐらいの年齢になるとそうでもありません。
午前6時には、パッチリ目が覚める今日このごろ。
ウォーキングシューズに履き替え、サクラの木の下を(近くにサクラの名所があります)キリン(犬なのですが、本人はキリンだと思ってるワン)を連れて散歩しています。
やっぱりサクラはいいですね。日本人にもっとも愛されている樹木の一つ、サクラ。近藤工芸では桜の一枚板を多数扱っていると同時に、ブラックチェリーという木も扱っています。
サクラ=チェリーつながりということで・・・
ジャ~ン、巾90cmほど、長さも3m50cm、その色合いがたまらない。
・・・そのカタチも自然がつくり出したなめらかな曲線(みょうに色っぽい)。まさにほれぼれする一枚板。
ブラックチェリーは日本のさくらんぼより大きな果実をつけるらしいですよ。
いくらウンチクをつけても伝わりにくいと思うので、ぜひお店に見に来てください。お待ちしております。

                      営業 伊藤
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

杢について

2007年03月26日 | かわら版
一枚板を選んで頂く際に、果たして重要視される点はどこか?ということですが、
例えばお部屋に納まる寸法であったり、こだわりのある方は材種であったりと様々
だと思います。
その選ばれるカテゴリーの中に、杢(もく)というのも一つのポイントではないかと思われます。気にしない方はあまり関係のないことかもしれませんが、あるとないとでは一枚板の見る楽しみ方も変わってくるのではないかと思ったりもします。杢とは木目の紋様で、特に装飾性の高い美しいものを呼びます。
欅の玉杢や楢の虎斑(とらふ)などはわりと耳にすることがあるのではないでしょうか。
ほかにも木目が波状に縮んでキラキラと光ったように見える縮杢や楓などに表れる小鳥の目のような斑点が散らばって見える鳥目杢(ちょうがんもく)、水中から浮かんでくる泡粒に似ていることから泡杢と呼ばれるものもあります。まだまだ他にも何十種類と存在するようです。
このようなものを知っているとその木の長い歴史から作り出された芸術なるものをより感慨深く見て触って楽しんで頂けるのではないでしょうか。

      営業 山内
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栗のTVボード

2007年03月25日 | 作品紹介
本日は栗の木で作られたTVボードをご紹介します。
特徴としては、まず栗材ということ。もう一つはこのボリューム感でしょうか。
小型から大型のテレビに対応できるフレキシブルなサイズです。
両サイドに載せられた収納棚は自由に置いたり置かなかったりできます。
しかもこちらの収納棚は単体でTEL台やFAX台としてもOK!
リビングなどにセットで使うと存在感抜群の家具です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

欅のダイニングテーブル

2007年03月24日 | かわら版
本日のかわら版は欅(ケヤキ)について少し。
ケヤキは日本人にとってとても馴染みの深い木と言えます。
街路樹としてよく見かけるあの木です。
ケヤキは大きいもので30mにもなる日本の代表的な広葉樹です。
名前の由来は「異(け)やけき木」→「けやけし=際立って目立つ」から音が変化していって「けやき」と呼ばれるようになったみたいです。
木目が非常に美しいところが特徴な訳です。
近藤工芸でも、大人気のケヤキの一枚板を多数販売しており、ケヤキの木目は「玉杢」「リボン杢」「泡杢」「ボタン杢」など個性ある杢を楽しめることができます。昔から日本人に好まれてきたケヤキの一枚板でテーブルや座卓を作ることの贅沢さ。
近藤工芸ならではです!

              営業 山野井
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

囲炉裏Vol.6

2007年03月23日 | 作品紹介
本日の作品紹介は囲炉裏です。
こちらの梻(タモ)材で作られた囲炉裏テーブルは、6名はゆったりと座れるサイズ。
タモの木目が美しく際立っており、無垢の素材感も十二分に楽しめる一品です。
ご自宅で炭をご利用できない方のために、電気やガスのコード穴も付いています。
もちろん灰を入れて炭を使っても大丈夫。
本体は2段タイプになっており、上台と下台を外せば座卓タイプの囲炉裏としても使えます。家族の集まりに、はたまた友人達との宴会に最高の家具です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

S・A・D・A・N・A・R・I

2007年03月21日 | かわら版
うららかな春が訪れようとしている。
僕が近藤工芸でこの春を迎えるのは今年で8度目か9度目か?
その間、僕は一体何枚の天板を磨いてきたのか?
数年前に1000枚(大・小含む)は達成した。今なら1200か1300枚はいっているだろう。-そんなに磨いていい加減飽きないかって?

「あのねえ旦那、板磨きを甘くみてもらっちゃあ困りやす。
あっしらが扱う自然木ってのは、プラスチックみたいに大量生産できる代物と話が違うんでさあ。原木はその一本一本が何十年・何百年という長い間、風雪に耐え抜いて生きてきた歴史があるんでさあ。あっしらはそいつらと向き合い、見極め、対話しながら加工に移るんでさあ。まあ流行の言葉で言えば、大いなる自然の歴史とのコラボレーションとでもいいやしょうかね。わかりますか?ねえ旦那、これがあっしら木工職人みんなが持つささやかなロマンなんですぜ~!!」

-と昨晩読んだコミック『銀塊』の沖田なら答えるかもしれない。
「答えねーよ、絶対!第一、職業違うじゃ~ん!」と土方ならつっこむな。
などと一人ノリ・ツッコミで戯言言ってる間にオオッ、楠の木一枚磨き上がっちまったよ~。さあ、お次は塗装!いってみようか~!!

                職人 サダヤン
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コンソール

2007年03月19日 | 作品紹介
本日は楢材のコンソールをご紹介します。
「コンソール」という言葉は聞きなれない方も多いかもしれません。
床に置くキャビネットのことをコンソールと呼ぶらしいです。
こちらのコンソールは引きだしが付いており、足が細いタイプになります。
上部の台にはFAXや電話などを置くと便利です。
もちろん花瓶やオブジェなどもOK。
無駄の無いデザインで使い勝手も良い一品といえます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神戸市 T様

2007年03月18日 | HP納品事例
近藤工芸 高須賀様

早いもので、お店にお伺いしてからひと月半が経ちました。
本日、机が届きました。
とてもきれいで、ずーっと見ていました。
娘をはじめ、家族全員がとても気に入っております。
近藤工芸さんにお願いしてよかったなあと思っております。
お電話して、たまたま出てくださった高須賀様にご担当いただいたことも大変幸運であったと感じております。
本当にありがとうございました。
それでは、これからますます寒くなりますが、どうかご自愛を。
今後ともよろしくお願いいたします。

こちらこそありがとうございました!
末永くT様のお宅で愛用していただけることを願います。
これからもよろしくお願いします!

              近藤工芸 高須賀
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スツールVol.6

2007年03月17日 | 作品紹介
本日はタモ材のスツールをご紹介します。
木目が安定していて美しいタモ(梻)はよく家具の材料にされます。
こちらのスツールは綺麗に着色されており、少しアンティーク風でもあり現代的でもある風合いとなっています。
とてもシンプルな商品なので、普段使いにいかがですか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加