Kondo-Kougei  -  一枚板のテーブル工房 近藤工芸

この世にひとつだけの家具。
あなただけのオリジナル家具のご紹介。

しだれ梅

2007年02月28日 | かわら版
皆さんこんにちは!
春の香りがチラホラ現れてきていますが、愛媛県も大分春模様です。
そして近藤工芸の中庭にはシダレウメが満開に咲いています。
そうです、近藤工芸では家具だけではなく、シダレウメまでも堪能できるのです。
今見ごろのウメはお客様に大好評。
色々な創作家具も見つつ、綺麗に咲き乱れたウメの花も楽しむ事ができるのです。
一枚板も続々入荷中、新作家具も入荷中、シダレウメも満開中。
ぜひ!ぜひ近藤工芸に遊びにきてください。
様々な一枚板の大群と数々の創作家具、スタッフの笑顔に満開中のシダレウメがお待ちしております。

               営業 山野井
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベビーチェアVol.2

2007年02月24日 | 作品紹介
本日はベビーチェアーをご紹介します。
楢材で作られたこちらの椅子は、背の部分の格子がこじゃれた逸品です。
子供だからこそ使ってもらいたい本物の椅子です。
小さい時から本物の素材と触れ合うことで、良いものがわかる人間に成長できると信じています。
お子様・お孫様に一台いかがでしょうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダイニングボード

2007年02月22日 | 作品紹介
重厚な存在感を持つウォールナットのダイニングボードです。
電子レンジも置ける便利な収納家具。
高さも幅もほどよいサイズで、奥様も大満足の一品ではないでしょうか?
上部のガラス付の引き戸がオシャレです。
もちろん下部の引き出しには大量に色々なものを収納可能です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伝統の技

2007年02月21日 | かわら版
一枚板の乾燥をする時、その材質・大きさ・季節等いろいろな条件によって、その乾燥の仕方が違うのをご存知でしょうか?
ただ単に同じ場所に置いて何年も乾かすだけのように思われていますが、木の種類等によってその方法は違いますし、置いている向きを変えたり、場所を移動させたり、一年の間に何回も手を入れないといけないのです。
早いものでも3年、長いものでは20年もの間、乾燥をさせている近藤工芸の一枚板ですが、その間にいろいろな木を知り尽くした近藤工芸であるがゆえに、乾燥という一つの工程も案外大変な労力がかかっているのです。
自然の山の恵みである木材を切り倒すにも、その時期・季節・そして時間までも実は切ってよい時間があったりします。
本当によい一枚板は、そうした大昔からの日本人の木材を使いこなしてきた経験の中に、本当に素晴らしい伝統の技がかくれているのです。
一味違う近藤工芸の一枚板をぜひ感じて下さい。

                      営業部長 萩森
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4段チェスト

2007年02月19日 | 作品紹介
本日は楢で作られた4段チェストをご紹介いたします。
和風全開のこちらのタンスはアンティーク色の塗装が施されており、風格のある作品になっています。
取っ手の部分が金具になっており、レトロでおしゃれです。
なんとこちらのチェストはサイズ変更が可能となっており、お好みのサイズを注文することができます。
毎日家具に囲まれて仕事をしてわかったことは、日本の家具は素晴らしいということです。日本バンザイ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大工さん

2007年02月16日 | かわら版
2月もはや中旬、寒い日が続きますが、みなさんいかがお過ごしですか?
こんな寒い季節でも、人間の住処である「家」を建てるために近藤工芸の大工さんは日々建築現場で頑張っています。
な~んにも無いところから、トントンコンコン、あっという間にニョキニョキ家が出来てくるから驚きです。
木材を肩に軽々と担ぎ、颯爽と家を作る大工さんの姿はハッキリ言ってシビレます。
近藤工芸でも一目置かれる大工さんたちの建てる近藤工芸の家は無垢材をふんだんに使っており、とっても素敵です。
耳に鉛筆を挟み、もくもくと建築現場をゆく男前たち。
毎日寒い中、本当にごくろうさまです。

                営業 山野井
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イロリについて考えるムッシュの巻~人生イロリイロリ~

2007年02月12日 | かわら版
ヤッホ~どうもムッシュです。
いや~しかし今年は暖冬ですな、エルニーニョ、なんだかよくわかりませんが、そういうことらしいですよ。
でもやっぱり冬は冬、冬と言えばなんといってもイロリ、イロリでしょう♪
人生いろりいろり~♪男もいろりいろりィ~♪って唄ありましたよね(^_^)v
古くは室町時代から続いているイロリの歴史。
21世紀をむかえても絶えることのないイロリの文化、日本ってすばらしい~
イロリでスルメを炙って、熱燗をキュッ!
いいですね~ほんでもってもちろん近藤工芸にもイロリがイロリイロリ(色々)あります(^_^)v
ユニット式のイロリとか、贅沢にも一枚板を刳り貫いたイロリとか。
またお客様の気に入った一枚板をイロリテーブルに加工することもできます。
なんだかイロリが気になる人は、ぜひ近藤工芸へ見に来てください。
お待ちしております~
イロリについてムッシュでした。また今度(^_^)v

                   営業 伊藤
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黒柿の花台Vol.2

2007年02月11日 | 作品紹介
本日は黒柿の花台をご紹介します。
世にも稀な木目をもつ黒柿を使った花台です。
商品は小ぶりですが、その分場所を選ばず、玄関や床の間に置くと風流ではないでしょうか?
花瓶を置いて綺麗な花を生けると、ご自宅を訪れたお客様の眼を引くこと間違いなしです。
黒と茶色のコントラストが美しい黒柿の花台でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

職人が創る一枚板の囲炉裏

2007年02月10日 | かわら版
近藤工芸では総数約700枚の一枚板を販売しています。
その天板になんと囲炉裏をつけることができるのです!
楢や桜、栃やウォールナットなど様々な種類の天板から選んでいただき、そこへ職人が囲炉裏をはめ込む穴をくり貫きます。
するとオリジナルの一枚板囲炉裏ができ、さらにさらにこれまた色々な脚の中からお好みの脚を選んで頂いて、取り付け加工を施すとお客様だけの囲炉裏付食卓テーブルや囲炉裏付座卓が完成します。
最近ブームの囲炉裏。そんな囲炉裏が天然の銘木から生まれた一枚板と合体することで、世にも素晴らしい創作家具が誕生するわけです。
近藤工芸ならではの囲炉裏を作りませんか?

                営業 山野井
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

囲炉裏Vol.5

2007年02月08日 | 作品紹介
みなさん、こんにちは。
本日は以前紹介しましたユニット式(セパレートする)の囲炉裏をご紹介いたします。最近ちまたで大人気の囲炉裏。当店でも囲炉裏の需要や問合せがうなぎのぼりです。そんな囲炉裏ですが、今回は栃の囲炉裏です。
栃独自の美しい白っぽい木目をいかした個性的な作品が生まれました。
パーツをバラバラにして囲炉裏を囲むのもよし、つなぎ合わせた状態で囲炉裏テーブルとして使うのもまたよし。
創作家具としてのデザイン・使い勝手の良さがこの囲炉裏の売りです。
もちろん世界に一台だけですよ~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加