Kondo-Kougei  -  一枚板のテーブル工房 近藤工芸

この世にひとつだけの家具。
あなただけのオリジナル家具のご紹介。

杉の一枚板囲炉裏テーブル

2008年02月28日 | 作品紹介
本日は杉の一枚板囲炉裏テーブルをご紹介します。
杉は日本でも最もポピュラーな針葉樹で日本人にも馴染みのある樹の一つです。
木目がすっきり通り、建材などにも使われ、水分にも強い杉はナカナカ玄人好みの木ではないかと思います。
店舗でも、貫禄のあるオジイサマが「ウ~ム、これは立派な杉の一枚板じゃのう」などとつぶやく姿を拝見すると、「ウ~ム、杉もやるな」と感じてしまいます。
そんな杉を贅沢に囲炉裏用テーブルに加工したこちらの商品は、近藤工芸で独自の存在感を放っています。
ぜひ店舗でご覧下さい!
『インテリア』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 納品事例 | トップ | オリジナル一枚板テーブル »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (おかん)
2008-07-02 00:12:10
素晴らしい囲炉裏テーブルに一目惚れしてしまいました!!
初めてコメントさせていただきます。
近藤工芸さんのHPも見させてもらいましたが、質問がございます。
この囲炉裏部分は段差をなく閉じて使うことは可能なのですか?
切りおとりた部分をそのままはめこんでというように。
Unknown (近藤工芸)
2008-07-03 14:39:46
コメント有難うございます。
炉とテーブルの段差をなくす ということは技術的に可能です。

詳しい話を職人の方と話してみますので、もしよろしければおかん様のイメージ等教えて頂けると有りがたく思います。
Unknown (おかん)
2008-07-14 20:55:20
お返事をいただいていたのにチェックが遅くなり失礼しました。
囲炉裏風テーブルは実家にあり、それの印象が強いもので。。。
イメージとしては、
1.囲炉裏部分をくりぬいた部分の木の2辺に指が入る溝があり、囲炉裏部分を使わないときはカッポリはまってる
2.囲炉裏の受け部分は常設
3.受け部分の側面に小さな穴があり、ガスのホースが通せ、卓上ガスコンロを置ける。 鍋の時に、鍋の位置が普通より一段低いので、中の具も見やすく、取りやすい!!

でも、これは近藤工芸さんにある、分解可能な囲炉裏テーブル(分かりますか?)の形でしたが。。。
一枚板のテーブルをくりぬいて、はめ込んでると、やはり一枚板の風合いみたいなものが消えてしまうでしょうか??
一枚板の座卓は夢です!! 今回の引越しを機にぜひにもと、考えています。
Unknown (近藤工芸 山)
2008-07-16 18:55:38
おかんさんのご要望は、囲炉裏を一枚板にはめた時に、天板がフラットになる2段彫りの事でしょうか?
それでしたら、職人さんに相談して、おそらく可能です。
2辺に指が入る溝、という事ですが、近藤工芸ではなるべく商品の外観が損なわないように、溝は入れていません。
もちろん技術的には可能ですが。
通常、囲炉裏を出す時は、下から持ち上げて2人で縁を持って取り出します。
それとも使ってない時の囲炉裏の蓋の事でしょうか?
勘違いしていたらすいません。
あと、囲炉裏部分はガスなどの穴は付けていません。
すいません・・・
またご意見として今後に生かしたいと思います。
一枚板を囲炉裏テーブルにくりぬいても、風合いはそんなに変わらないと思いますよ。
ただ、やっぱり選ばれる一枚板にもよりますけどね。
またお気軽にご相談下さい、メールでもOKですよ~

コメントを投稿

作品紹介」カテゴリの最新記事