金塊5㎏が盗まれる!

 17日午前0時35分ごろ、博物館併設の倉庫出入り口に設置していた警報器が作動し、約30分後に警備員が駆け付けたが、出入り口の扉ガラスは割られ、金塊がなくなっていたという。防犯カメラは設置されていなかった。
 市によるとレプリカは一般的な金属に金メッキを施したもの。展示の説明文に金塊がレプリカだとの記載はなく、犯人は本物の金塊だと思い込み盗んだとみられる。本物の金塊は別の場所に保管されており、無事だった。
 貴金属大手、田中貴金属工業の18日時点の金小売り価格は1グラム当たり税込み4902円。本物の5キロなら2451万円となる。
 市は既に県警佐渡西署に被害届を提出。市の担当者は「レプリカといえどもガラスが割られて盗まれたことは事実」と怒りをあらわにしている。

盗んだ人は「やったぜ!」って思っているんだろうが、そう簡単ではなかったってことだね。
しかし、どうやって現金化するつもりだったんだろ?
1㎏って簡単に現金化できるものなのか?
ってーか、4902円なのか・・・
思ったほど高くないね。
さっきの10万円金貨だったら15万弱ってところじゃん?
ま、そのくらいが妥当でしょうw

いやぁ、金はいいよね。
質量が重いので同じ大きさの他の金属よりもズッシリ感があってさ。
金やプラチナ以外の他の金属ではこういうのはないからね。

ま、なんにせよ今回金塊レプリカを盗んだ人は、お疲れさんってことで。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
この記事をはてなブックマークに追加


« いくらなんで... 20170419 16.0... »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。