今日も終了しました

結局ピーは目が見えないようにならないでよかった。
白内障とは言っても、程度はあるが明暗くらいは最低でも分かるだろうし、それだけでもまったく見えないよりは充分に安心できるはず。
そんなこんなでピーは寝てないやら安心したやらで今日は寝てばかりいた。

次は絶対に失敗しない!

って、大きな事故を起こしたり怪我をしたりなど、重大な過ちをしてしまった時に思ったりするのですが、実際問題として、そのようになった時には「次」なんてことは無いのです。
手や足が無くなったりして「次」なんてないでしょ?
だからいつも「次なんて無いんだよ!」って思ってる俺にとって、今回の事は非常に苦しい状況でした。
だからピーが目を開けたときに奇跡が起きたのかと思ったよ。
今回の「失敗の帳消し」に伴う何かのペナルティがこれから起きるかもしれないけど、それは喜んで受け入れるべきだと思うんだよね。

「これは嫌だけど、それも遠慮します」

では世の中あますぎると思ってる俺としてはさ。
生き物の価値というのは、それほどまでに重要な事なんだと思いますよ。
ペットを飼ってる人は、今一度現在のペットと自分の関係を考えてみてください。
ペットは、あなたしか頼れないし、遊び相手もいないんですから。
そしてなにより貴方よりも早く死んでしまうのですよ。
しょせん動物や金魚などかもしれません。でも間違いなくあなたを頼って生きています。
それだけは忘れないでください。

ピーは生まれてから居間に来るまで、ずーっとベランダで1羽で生きてきました。
寒い時も暑いときも寂しいときもあっただろうにね。
もういいんじゃないですか?誰かがずっと傍にいてあげても。
歳も取って目もよく見えない。歩くこともままならない。
不安しかないのですから誰かに近くにいて安心したいはずです。
お腹いっぱい食べて静かに眠るくらいの贅沢をしてもいいんじゃないですか?

きっとあと1年、半年も生きられないかもしれない俺以外誰も知らない小さな命。
それは、頼れる人も俺しかいないってことです。

これから順にくるたくさんのハトたちの死に際にいつもそういうことを感じるんだろうなぁ・・・
それでもさ、俺に飼ってもらってよかったと思えてくれたら、それは俺にとっても幸せな事なんじゃないのかねぇ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
この記事をはてなブックマークに追加


« 夕飯食べたか... みかん、みか... »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。