生きるってなにさ?

まぁ、中学生くらいの時に考えることだけども、生きるってなんだろうね?
勉強勉強って子供のころの時間を勉強に費やして、楽しいと思えるのは社会に出て25-30歳くらいまで。
そこからは家庭を持ったりして奥さんや子供のためにずっと働く毎日。
休みも返上で奥さん子供を楽しませたりしなくちゃね。
当然、それが楽しいこともあるし、嫌な時もあるでしょう。
そんなこんなで歳をとって死んでいくだけ。
生物として至極当然ですが、思うのは家庭が無い人なんかはどうなのかってことです。
最近問題になってる独居老人や孤独死の問題。
家庭を一時期は持ってても、結果としてそのようになってしまったら?
俺が思うところ、人生など55とか60歳くらいまでで充分な気がしますよ。
健康で食べ物もおいしく食べられて、それなりに楽しく過ごせそうな年齢って感じ?
だいたいから、俺の年齢で既に太らないように少しは気を付けたり、俺は気にしてないけど塩分、糖分の摂り過ぎなどを注意し、物忘れがひどくなったり思うように体が動かなかったり・・・
老後の身の振り方や蓄え、人によっては親の介護など・・・
なんにも楽しくない。

長生きなんてするもんじゃない。

子供のころから聞いてきたセリフですが、そうかもしれませんね。
金持ちは、お金があるからいいじゃん?
いやいや、お金があっても解決できないものなどたくさんあるんですよ。
逆に、お金があってもどうにもならない現実に嫌になってしまうのでは?

若いうちに、自分のことを自分でできるうちに死ねるというのは、なかなか幸せなことかもしれません。
俺も、ここ数年くらいに亡くなって旅立ってしまった動物たちと早く遊びたいと願う日々です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
この記事をはてなブックマークに追加


« 20170515 20.... 昨年の今日は... »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。