700mで見失うほど役立たずな警察なのか?

 大阪府東大阪市の交差点で3日、バイクとワンボックス車が出合い頭に衝突して2人が死亡した事故で、府警は6日、事故は河内署のパトカーがこのバイクを追跡した直後に起きていたことを明らかにした。河内署は「捜査で防犯カメラを確認し、追跡していたことがわかった」としている。
 事故は3日午前1時25分ごろ、同市の中央環状線交差点で発生。バイクの会社員女性(21)と、車の会社員男性(42)が死亡した。
 署によると、事故直前、現場から約700メートル離れた別の交差点でバイクが信号無視をしたとして、パトカーが赤色灯をつけてサイレンを鳴らして追跡。すぐに見失い、その後に事故が起きた。パトカーの男性巡査部長(43)ら2人が現場に駆けつけ、同じバイクである可能性が高いと思ったが報告しなかったという。
 荒木亨副署長は、「パトカーが見失った後に、事故が発生し亡くなられた方がいるのは残念ですが、現時点では違反車両発見時の追跡行為は適正だったと考えている」とコメントした。

現場から約700メートル離れた別の交差点から追跡。すぐに見失い、その後に事故が起きた。
絶対ないね!
こんなんばっかじゃん?追跡後に見失って事故ってさ。
きっと、警察内部として何らかの責任問題になるんだろうね。
しかし、これでは警察の信用も無くなるよな。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
この記事をはてなブックマークに追加


« 大豆がまた肩... 今日はイチンチ、カ... »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。