男性教諭(60)「机を蹴って何が悪い!」と、まったく反省してない様子

 先月23日、長野県白馬村の中学校で、男性教諭が生徒に体罰を行い、説明を聞きに来た母親にもケガをさせていたことがわかった。  体罰をしたのは、白馬村の白馬中学校に勤務する60歳の男性教諭。先月23日、授業中に、生徒に対して机を蹴って倒したうえ、ほおを平手打ちしたり足を蹴ったりして打撲を負わせたもの。放課後になり事情を聞きに来た母親に対しても机を蹴ったり手を振り回したりして、腕に打撲を負わせたという。  男性教諭は「生徒が授業に集中していなかったためカッとなってしまった。悪いことをした」と反省しているという。男性教諭は現在、自宅待機となっていて、村の教育委員会では調査をしたうえで処分することになるとしている。

この人ってさ、生徒たちに対して普段からこんななんだろうね。
だから勢い余って保護者にまで同じような事をしてしまったとw
しかし・・・ 前代未聞だよなw
保護者の机を蹴ったり威嚇したりするのって。
腕に打撲を負わせるって、どうやったんだろうか?
殴ったのだったらそう書くのだろうけど、そうではないだろうし机が当たってということなのか?

まったくばかなやつだw
これで諭旨免職なんてしたらどうするよ?
いやいや、笑っちゃいけないなw

神様はやっぱり見てる物なのかね。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
この記事をはてなブックマークに追加


« ダイソー 午前中から恵... »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。