新名神高速の工事現場で形も無くなってしまうような事故が・・・

 19日午後0時40分ごろ、大阪府箕面市下止々呂美(しもとどろみ)の新名神高速の工事現場で「作業員が鉄板の下敷きになった」と119番通報があった。箕面市消防本部によると、鉄板の下敷きになった40代の男性作業員が病院に搬送されたが、死亡が確認されたという。
 同本部によると、トラックのクレーンで重さ約800キロの鉄板(縦約3メートル、横約1・5メートル、厚さ約2センチ)をつり下げて地面に敷き詰める作業をしていたところ、フックから鉄板が外れて下の作業員が挟まれたという。現場では、新名神の上り線の建設工事中だったという。

この場合の病院への搬送って言っても形が無いから、肉片を集めて持って行って死亡届を出してもらうだけだったんだろうね。
この亡くなった人も自分が亡くなったこともわからなかったのかもしれない。
それに遺族はどのような感情なのだろう?
形が無かったら「お別れ」もままならない状態だろうに・・・
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
この記事をはてなブックマークに追加


« 金魚に昼のエサ... タカタが売り... »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。