KONASUKEの部屋

笠間での日々と風景
出会った生き物
映画やテレビの感想など
時々政治

茨城弁あ~んど山形弁

2016年10月17日 | お題
お題「好きな方言はありますか?」に参加中!
やっぱり郷土の方言・茨城弁には愛着がありますね。

青なじみ・・・青アザ

いしこい・・・ボロい、ショボい、不細工
 例)「いしこい時計」
   「あいつの彼女、いしこい女だな、ありゃぁ。」
    ↑こういう失礼なことを言う男が、身近にいます。
     決して真似してはいけません。

いじやげる・・・腹立たしい、イライラ・ムカムカする。
        「意地」が「焼ける」ほどの怒り(# ゚Д゚)

ごじゃっぺ・・・出鱈目、いい加減、またはその人
 例)「ごじゃっぺばっかり言ってんじゃねえぞ!」「このごじゃっぺ!」

しっぱね(すっぱね)・・・=尻跳ね。雨天時に歩くとできる泥跳ね。

ちょうろく・・・満足に
 例)ちょうろぐ意味もわがんねぇ。

つっぱえる(突っ入る)・・・=突きはいる。
 例)「水たまりにつっぱいった」「便所さ、つっぱえる」

てばたき・・・手叩き→てばたき。手拍子。
       「障子をはたく」「財布の底をはたく」
       掃除で使う「はたき」とか、相撲の決まり手「はたき込み」とか、「まばた
       き」とかの「はたき」も同じですね。

でれすけ・・・だらしない人

ぶつ・・・打つ。「手ぶちうどん」などと使う。

めど・・・穴。鼻めど、穴めどなど。
 例)サブちゃんの鼻の穴めど

容易じゃねえ・・・=容易ではない。大変だ、大義だ、面倒だ

他にも・・・
濁音と静音が入れ替わる
「ほどんと」「じでんしゃ」「おなし」「むつかしい」「がばん」
 ※「じでんしゃ」は、北海道でも使うかも知れません。
   松山千春は「MY自転車」って曲の中で、明らかに「じでんしゃ」って歌ってます。

かんます・・・かき回す→かんまわす→かんます
こわい・・・疲れる、だるい

この辺は東北弁に近いかな?

山形大学にいた(だけ)ので、山形弁にも愛着アリ。
「こわい」は、東日本の、結構、広範囲で使ってるようです。
同じ意味を東海地方で、「えらい」って言ってたのには驚いたけど、お互い様よね(笑)

「かんます」は、山形ではさらに縮まって、「かます」に。
かつて山形市内にあったココア専門店のテーブルに、「良くかましてお飲み下さい」って書いてあったのには、目が点(笑)
他には、学校に「ゴミなげ当番」って書いてあった。
文字にしちゃうと、また違ったテイストになって面白い。

運送屋でアルバイトした時、
「このテーブル、たがって」
と言われて、オロオロ。
「たがぐ」とは、「持ち上げる」の意味。
「高くする」ってことでしょうかね。

「怒られる」は「ごしゃがれる」。
ここまで来ると、語源は全く想像もつきません。

山形と言えば、「どさ」「ゆさ」言葉。
知り合い二人が出会った時の会話。
「どさ?」
「湯さ」
・・・解りますかね?
「どちらへ、お出かけですか?」
「お風呂に行ってきます。」
って意味です。
究極の省略!
これこそ雪国、山形ならでは。
一刻も早く、口を閉じたいのです。
何故って、口開けると、冷た~い空気が入ってくるじゃぁ、ありませんか。
内陸ほど、早口で、一部発音が欠落するような喋り方になります。
地元のお年寄りと話していると、慣れないと、半分も聞き取れません。

いわゆる「ズーズー弁」は、厳しい自然環境の中で生きる知恵として生まれたのではないか、と、私は思っています。
「君」が「ちみ」に、「ピンク」が「チンク」に聞こえるのも、実際に発音してみると、いかに寒さ対策がなされているかが分かります。

「ズーズー弁」っぽく発音する方法
①口をあまり開けない
  冷たい外気に触れる面積を、できるだけ小さくする。
  そのため、母音の違いは曖昧になる。
  特に、「イ」の発音は、歯が外気に触れるため、最も注意が必要。
  「君」「ピンク」などの発音に際しては、あまり唇を横に開かないこと。
  奥歯を嚙み締めたまま、唇の先だけで発音するようにするとgood!
②息を多めに吐く
  口から「ふうっ」と空気を多めに出しながら発音すると、冷たい外気を吹き飛ばして、  口に入るのを防げます。
以上、二つのポイントを踏まえつつ、「君」「ピンク」って発音してみて下さい。
大森巡査やギバちゃんのモノマネも夢じゃない!
レッツ トライ!(笑)

(補足)
山形県の喋り方は、最上川に沿って、主に三つに分かれるようです。
上流域と、下流域、その中間。
上流域には、土着の、早口で、所々、発音の落ちるような喋りが見られます(山形市など)。
下流域は、酒田港などで、京都と盛んに交易が行われ、京都の人も移り住んだことから、京風のゆったり、のんびりとした喋り(酒田市、鶴岡市など)。
「んだのう」(そうだねぇ)って感じかな?
当時の物流は、水運が主流だったので、文化は最上川を北上し、中間の言語圏ができた、ってとこのようです(尾花沢市など。割とゆっくり喋る)。
今回、紹介したのは、主に上流域・山形市なんかが中心です。

人気ブログをblogramで分析
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 笠間てくてく栗図鑑2016⑩「ナ... | トップ | チャバネセセリ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今晩は! (korosuke)
2016-10-17 21:14:17
方言は、面白いですね。
残さないとダメですよね。
でも意味不明(笑)
korosukeさんへ (KONASUKE)
2016-10-18 08:09:10
コメントありがとうございます。
幡多弁も面白いですね。
いつも楽しみに読んでいます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。