KONASUKEの部屋

笠間での日々と風景
出会った生き物
映画やテレビの感想など
時々政治

ヒメスギカミキリ

2017年05月13日 | 昆虫など
ヒメスギカミキリ。
杉の倒木などに集まる小型のカミキリムシ。

メスは、前翅が完全に赤褐色らしいので、これはオスかな?
この個体は、前翅がほぼ赤褐色で一部黒だが、個体差が大きい。
前翅がほぼ黒で、一部赤褐色の個体まである。
同じ場所で見られたものは、ほぼこんな色だった。
脚は3対とも腿が太い。

杉の木などが伐採され、休工となった場所で撮影。
非常に素早く、せわしなく動いているので、なかなかピントが合わないし、ブレまくり。

5/3には、多数の成虫が集まる姿が見られた。
(カメラのバッテリー切れで撮影できず_| ̄|○)
夕方、再び訪れた時には、見つけられなかった。
気温の上がる日中、活発に活動するようだ。
改めて5/11に撮影に行ったが、4頭ほどしか見られなかった。
思うに、5/3の時点では、伐採間もなかったのだろう。
成虫の見られる時期は、3~7月までの範囲で、資料によってバラバラ。
しかし、いずれにしても春から初夏、特に4~5月に活動が活発とみて、間違いないでしょう。

南大沢昆虫便り」さんで見て、見てみたいと思っていたので、見つけられてラッキー💛

分類:コウチュウ目カブトムシ亜目カミキリムシ科カミキリ亜科
体長:7~12mm
成虫の見られる時期:3~7月
(特に春から初夏、4・5月頃)
分布:北海道、本州、四国、九州、沖縄
エサ:成虫・・・針葉樹の倒木や衰弱木
   幼虫・・・針葉樹の樹皮の下を食べて育つ。
        春~初夏にスギなどの木を伐採すると、この幼虫の被害に遭いやすい。
参考:昆虫エクスプローラ
   ポケット図鑑 日本の昆虫1400②(文一総合出版・刊)など

ブログランキングならblogram
『虫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジャコウアゲハの羽化⑱~⑳ | トップ | 雨天につき在庫整理「フクジ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL