KONASUKEの部屋

笠間での日々と風景
出会った生き物
映画やテレビの感想など
時々政治

1964年聖火リレー・県内コースについて

2017年04月20日 | ドラマ
NHKの朝の連続テレビ小説「ひよっこ」では、みね子たちが、奥茨城村で、独自の聖火リレーを行ってましたね。
エンディングの画像で、実際の里美村独自の聖火リレーの写真が出ていました。
ってことは、奥茨城村のモデルの一つは、旧里美村なんでしょうね。

前に、「大子山の狸」って言葉が出てきましたから、大子町辺りも、モデルかも知れません。
(正式に「大子山」なる山があるワケではないと思いますが。)

旧里美村は、2004年に現在の常陸太田市に吸収合併されました。
里美カントリー牧場とかがあって、クジャクチョウとかもいるかもなので、行ってみたいですねぇ。

それはともかく・・・
1964年の聖火リレーの4つのコースの一つに、茨城県が含まれていたのは事実のようです。
概ね
(栃木県より)→結城市→筑西市→笠間市→水戸市→石岡市→土浦市→阿見町→美浦村→稲敷市→(千葉県へ)
というコースだったようです。
(市町村名は現在の市町村名に基づく)
「概ね」とお断りしたのは、例えば筑西市から笠間市に至るには、途中、桜川市を通過しなければならないなど、抜けている市町村がある、という意味です。
現在の国道でいうと、
50号線→6号線→125号線→51号線
に近いでしょうか?
いずれにしても、確かに県北地区は蚊帳の外ですね、これでは。
(鹿行地区もですが。)

さて、父は生粋の旧笠間市民、母は元・旧岩瀬町民(現・桜川市)ですので、当時の様子を聞いてみました。
旧笠間市では、やはり旧国道50号を通ったようです。
現在のルートとは若干、異なります。

概ね・・・

飯合の、現在、大鳥居がある所から、

旧笠間支所方面へ。

体育館入口の交差点を通過、

笠間稲荷神社前を通り、

常陽銀行角、旧ホテル井筒屋前で突き当り。
左折して旧大町へ。

八坂神社の鳥居の南側辺りに、当時は役場があったとのこと。
(現在、魚屋さんになっている辺り?)
1965年に旧支所の位置に役所が移ったのだそうです。

旧大町から旧愛宕町、旧相生町を通過して、

現在の50号に接続するルート、に近いですかね。

blogramで人気ブログを分析
『茨城県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地理が何より苦手 | トップ | 明日・水戸場所 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL