KONASUKEの部屋

笠間での日々と風景
出会った生き物
映画やテレビの感想など
時々政治

人呼んでツヅミミノムシ(鼓蓑虫)~マダラマルハヒロズコガの幼虫~

2017年06月09日 | 昆虫など
樹の皮が歩いてる?
そんなバカな?
・・・って良く見たら、虫の頭が生えてる?

この不思議な虫は、マダラマルハヒロズコガの幼虫です。

樹の皮のような瓢箪型のものは、幼虫が作った巣。
頭は、どっちからでも出せるようです。

こうやって、頭を出しては巣を引っ張って歩きます。

離れて見ると、樹の皮が歩いてるようにしか見えません。

人呼んで、ツヅミミノムシ(鼓蓑虫)!

良く観ると、二枚貝のように、綴り合せてあるんだね。

蓑虫って言うと、草食って相場が決まってるんだけど・・・

この虫、肉食です!

アリの幼虫を食べるそうです。

アリを飼ってる人にとっては、天敵ですな(笑)



分類:チョウ目ヒロズコガ科フサクチヒロズコガ亜科
翅を広げた長さ:♂13~20mm
        ♀16~26mm
分布:本州、四国、九州、沖縄島、石垣島、西表島
成虫の見られる時期:6~9月
エサ:成虫・・・不明
   幼虫・・・アリの幼虫、昆虫類の死骸
参考:虫ナビ

ブログランキングならblogram
『虫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ムカシヤンマ | トップ | カラー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

昆虫など」カテゴリの最新記事