KONASUKEの部屋

笠間での日々と風景
出会った生き物
映画やテレビの感想など
時々政治

ついに笠間で繁殖を確認・アカボシゴマダラ

2017年05月03日 | 昆虫など
アカボシゴマダラの幼虫。
アカボシゴマダラは、「生態系被害防止外来種」(旧・要注意外来生物)に指定されています。
→我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト
心ない人(たち?)によって、外来種が日本に持ち込まれ、在来種であるゴマダラチョウが減るなど、生態系への影響が出ています。

これまで、笠間市内(旧・岩間地区)で成虫を確認していたのですが、今回、旧・笠間市内で幼虫を発見。
繁殖していることが裏付けられました。
過去の記事など、ぜひ。
→要注意外来生物アカボシゴマダラ

→ゴマダラチョウとアカボシゴマダラについて
→やっと証拠が撮れた~笠間に侵入・アカボシゴマダラ
→アカボシゴマダラ9/11

分類:チョウ目タテハチョウ科タテハチョウ亜科
前翅の長さ:40~53mm
分布:本州(関東地方)、奄美大島、徳之島、中国大陸、朝鮮半島、台湾
成虫の見られる時期:3~10月
エサ:成虫・・・花の蜜、腐った果実、樹液
   幼虫・・・エノキ、クワノハエノキ
参考:虫ナビ

ブログランキングならblogram
『虫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジャコウアゲハの羽化13・... | トップ | 笠間の陶炎祭(ひまつり)201... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

昆虫など」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL