コーギーらいふ - Life with Corgi

40代独女とコーギーの地味でひっそりした母子家庭っぷり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Very very good-bye

2015年03月22日 | こなちゃん

七福神です。こなちゃんが亡くなる2日前に緊急入院した日に届きました。(もちろん受け取れませんでした)

なんかいいことあるといいな、と思って買ったのですが、1日でいいから早く届いてくれたら、こなちゃんは

助かったかもしれないのに・・・と言いがかりを付けています。福が7人もいて何やってるんだい? どうせ

役に立たないなら船に穴を空けてやろうか? とかひどいこと言ってます。

 

 

熊先生を信用してなかったわけではないけれど、セカンドオピニオンを考えていたのです。「週末にでも」と

思っていたら、間に合わなかった。

これ(→これ)も「週末に設定しないと」と思っていたけど、間に合わなかった。

七福神もセカンドオピニオンもPCの設定も間に合わなかった。

すべて後手後手になっちまったなぁ。

 

 

先日、こなちゃんの四十九日でした。お骨はまだここにあります。もう少し一緒にいるつもりです。

きっと天国の扉をこじ開けて、先に逝ってしまった皆様のワン子達と元気に遊んで、寝て、食べて、

走り回っているでしょう。(四十九日は仏教で行き先は極楽、天国はキリスト教ですが、気にしない気にしない)

 

 

こなちゃんは長さはあるけど、細身のワン子だったのです。もう骨格自体が細いの。だからコーギー特有の

ど~んとか、ぼよ~んとした感じがあまり無い子でした。初めの頃はコーギーの女の子をあまり見る機会がなくて、

男の子を見ると「やっぱり男の子は大きいなぁ」なんて思っていましたが「こなちゃんは細いんだ」と気付いた

のはこの時→N区コーギー連合 楽しかったねー。ぴあちゃんもコモンちゃんもコギっぽくて、羨ましかったです。

 

 

やや細めのこなちゃんだったけど、短い足でトコトコ近寄ってくる姿も、その短い足をパタパタ動かして

お散歩前に玄関に走って行く姿はとっても可愛かったんですよ。楽しそうな顔をしてお尻をフリフリする

姿はやっぱり忘れませんね。ああ、おケツに顔を突っ込みたかったー。

私が新聞を読んでたりテレビを見てたりすると、とんとんって私の腕を叩いてきました。短い手でとんとん、と。

それが可愛くて何度も知らんぷりをして、とんとんとやらせてみたりね。

あとは飛びつきが最後まで直らなくて、誰にでも飛びついてました。私が帰って来ると一応喜んでくれるのか

サークルから出た途端に飛びついて何度押し倒されたか。ははは、大変だったけど私も嬉しかったです。

 

 

 

こなちゃんは何気に通院続きの子だったなぁ。アレルギーがあって、その次が肝臓。今頃になっちゃうけど

アレルギーもあんなに一生懸命にならなくてもよかったのかな、て気がする。痒いのは確かに辛いはずなんだけど

通院もお薬も、ストレスだったかなぁ、と。

手作りフードだのホリスティックだのそりゃもう気合い入れて勉強しましたさ。無駄だったとは全く思わないけど、

気合いを入れ過ぎたな。もうちょっと楽に考えてよかったかもな。

シャンプーなんてショップに頼んだのは多分10回程度しか無かったんじゃないなかと。ぜーんぶ自分でやったし。

ただ、最後の2年くらいは爪切りだけ病院に頼みましたわね。近視と乱視(と老眼)が進んじゃって見えなくてー。

 

 

闘病について付け加えますと、骨、筋肉、被毛はタンパク質から作られますが、優先順位は骨と筋肉で毛は

一番最後。だから肝臓の機能が低下してタンパク質が上手く摂取できなくなり、10月の胆嚢摘出の手術の時に

剃ったお腹の毛が、十分に生え揃わなかったのです。点滴の時も腕の毛を剃りますが、それも長方形に剃られ

た形のままでした。手術から4ヶ月経ってだいぶ戻りはしたものの、それでも剃った跡がわかるくらい、お腹も

腕もきれいには毛が戻りませんでした。それだけは美少女のこなちゃんにはちょっと可哀想でしたね。あのフサ

フサだった毛が恋しいです。

 

 

ぶすっとした顔も、へらへらした顔も、ドアの影からこそっとこちらをのぞき見る顔も、勝ち気な笑顔も、

蹴っ飛ばしたくなるくらいのイタズラっ子の笑顔もすべて忘れない。もっと見たかった・・・。

 色んなことがあったはずなのに、色々あり過ぎて、いるのが当たり前すぎて、何があったか思い出せない

くらい思い出がいっぱい。

 

 

先週までは「捨てたくねぇ」と言ってましたが、こなちゃんグッズを少しずつ処分を始めました。全てを

処分するつもりはないけれど、残しすぎても、なんとなくこなちゃんが可哀想な気がしてきちゃって。

私がいつまでも引き止めているような気がしてね。

洋服は自分で手作りした洋服を数着残しました。何枚かはこなちゃんの匂いがして洗濯すら出来ません。

洋服もリードもフードボウルも何かも、使う主を失ったグッズを見るのはやっぱりまだ悲しいけど、

そばに置いておきたいんだもーん。

 

 

こなちゃんが亡くなった直後から架空の次の子が頭の中にいましたが、その子も消えつつあります。

次の子は、こなちゃんとの別れの時のような、あんな悲しい思いはしたくない、という気持も正直あるけれど、

それでも「もう一度ワン子と暮らしたい」と思った時に考えようと思います。まだまだ時間が必要だわね。

ただ、コーギーはちょっと難しいかな、と思っています。いえ、なんとなくですけどね。

コーギーの可愛さは最強なのは分かっているけど、コギはこなちゃんだけでいい、という気持もあるのです。

 

 

気付けば、もう季節は春ですね。

“望ーず”ことバラ子達は芽吹き始めました。

こなちゃんがお散歩デビューしたのは桜の散る頃でした。はらはらと散る花びらを追いかけて、まだ小さい身体で

一生懸命びょんっとジャンプして、花びらをばくっとやっていた頃が懐かしい。かわいかったー、あの頃。

こなちゃんの闘病は、自分は本当にやれるだけのことはやれたのか? と自問する時があるけれど、いつまでもクヨクヨ

しても仕方無い。バラ子達ももうすぐ咲きます。バラ子の手入れをしながらこなちゃんとの思い出を美しいものに

したいと思います。

 

 

2007年3月から始めたこのブログです。(ずいぶん長く書いたのね)

これも、今日で終了します。

伝えたいことは伝え切りました。(最終回なので盛り込み過ぎました)

「更新を」というお言葉もありがたいのですが、中年太りしたオバハンの日常というのも・・・と思いまして。

ブログは削除せず、このまま残します。これはむしろ自分の記録用です。てへ。

ここまで続けられたのは、ブログを通じて知り合えた皆様や、もちろんご覧くださった皆様のおかげです。

「暴犬」とか「暴れん坊」とか散々書いてきましたが、こなちゃんは本当はすごくすごく可愛かったんですよ。

そして皆様から愛されてとても幸福な子でした。皆様も皆様のワン子ちゃんのこともずーっとずーっと忘れません。

本当に感謝です!

 

「『さようなら』という日本語はとてもきれいな言葉だと思う」と母が言ったことがあります。同感です。

一方で、英語だとgood-bye  ものすごく直訳すると「良い別れ」。これだって悪くない。なんか前向きっぽい。

だから、どうせなら「とてもとても良い別れ」にしてしまえ。

なので、私から皆様へ、さようならの代わりにVery very good-bye

 

 

 

私とこなちゃんのコーギーらいふは終わりましたが、皆様の楽しくて幸福なワン子らいふがどうか一日でも長く

続きますように。

長い間ご覧いただき本当にありがとうございました。Thanks!

 

 

ファイナルのクリック→にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

※ブログ村ももうすぐ退会します。応援していただいてありがとうございました。

※※ 追記 4/2 ブログ村を退会しました。

コメント (61)
この記事をはてなブックマークに追加

My turn

2015年03月15日 | こなちゃん

相変わらずの抵抗

 

こなちゃんグッズの片付けは全然出来てません。掃除の度に「処分しようかな」と思っても、しばらく悶々とした後、元に

戻してしまいます。

ずいぶん前に、何かで読んだと思いますが「亡くなった人の部屋を残しておくとか、そーゆーのはダメなの。本当なら天国

とか極楽にいなきゃいけないのに、部屋があると『まだいいんだぁ』て戻って来ちゃうから。それが良くないのはわかります

よね。だから、全部処分しないとダメなの」というものでした。要するに、居た痕跡を全て消すのが一番いいのだ、と。

 

間違いなく居たのに、それを居なかったかのようにするのは悲しいし、つらい。

でも、亡くなった人の魂を彷徨わせてしまうものがあるとしたら、それは生きている者の執着。

 

こなちゃんはもうお空の上。旅立つことによって、私を闘病中の悲しみから解放してくれたなら、今度は私がこなちゃんを

私のこなちゃんへの執着から解放してやらなければ。今度は私の番。It's my turn.

 

性分みたいだよ

 

とは言ってもねー。まだまだムリよー。そんな思い切りはまだできませーん。

第一処分するのってゴミに出すことなのよね。ゴミ集積所に置くこと自体がなんかイヤ。うちの子グッズがゴミだとう!?

という気になるのよ。どうせなら自分で燃やしたいの。燃やしたいけどムリなわけよ。

納骨も考えてはいますがねぇ。霊園は個別(棚ね)と合祀があって、火葬の時に個別の方の納骨堂に入ることがありましたが、

なんか寂しそうなのよね。整然と骨壺が並んでるんだけど、しーんしてて私語厳禁みたいでさみしー。だったら、合祀の方が

賑やかそうだし、みーちゃんもすでに入ってるので合祀の方がいいな、て思いました。だから、納骨は合祀で考えてます。

でももうちょっと一緒にいるつもりだけどね。

 

みーちゃんとだって怪しいよ

 

でね、無駄な物の無いスッキリした生活をつたいと常々思っているわけですが、まったくほど遠いのです。なぜこんなに

物がある? という暮らしぶりです。それでもちょっとステキなインテリアなんか夢見ているのです。で、思ったの。

こなちゃん用のクレート。これは中にこなちゃんの骨壺とか洋服を入れて、上にちょっと天板代わりになりそうなボード

でも置けば、仏壇を兼ねたサイドテーブルになるかしらー? て。上にはお花を飾って、こなちゃんの写真も飾れば

いいんじゃないかなー、と。どうでしょうね?

 

まだこのままです

 

そして私はジョギングを再開しました。こなちゃんが元気だった頃から、ずっと走ってたんですよ。スロージョギングという

歩くペースで走る、というやつです。こなちゃんが歩く速度に合わせて私は走る、というか足踏みみたいなものですが、

結構な運動量です。こなちゃんの手術後から一度も走っていませんでしたが、こなちゃんの亡くなった翌週(そんな前かよ)

から再開しました。実に5ヶ月ぶり! 久しぶりすぎて初めは3キロのうち500メートルくらいしか走れませんでしたが、ウォ

ーキングとジョギングを組み合わせて少しずつウォーキングの距離をジョギングの距離に切り替えて行って、なんとか6キロ

を通して走れるようになりました。が、うまくいきませんね。全く走っていなかったためにブクブクに太ってしまったので、

部屋がダメでもせめてボデーはすっきりさせたかったのに、調子に乗り過ぎて膝と腰にキました。しばらくお休みです。なはは。

 

やっぱりか

 

再開初日は「なんでいないのかなー?」と「お空の上から着いて来いよー」と涙のジョギングでした。涙がこぼれないように、

空を見上げて星を・・・と思ったら曇りだったみたいで星が出てないし。最初はそんな感じでグシグシしながらジョギングでしたが、

今はこなちゃんのリードにつけていた反射板(←車のライトとかに反射するやつ)をポーチ付けて走ってます。これでこなちゃんと

一緒にお散歩のつもり。あっちとこっちで一緒にお散歩。そう思えば案外楽しいです。部屋は片付きませんが。

こなちゃんの分まで私が走らねば。ふふ、母ちゃんの出番だぜ。これもIt's my turn.

 

 

クリックはyour turn→にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

こなちゃんの健闘っぷり

2015年03月08日 | 肝性脳症

こなちゃんが肝性脳症ですよ、と書いた時、多分みなさま検索されたでしょう。

これは症状であって原因ではありません。原因はあくまでも肝臓です。肝臓が正常に機能しないことによって起こる症状

が肝性脳症です。

そもそもなんで肝臓が悪くなったか、は全くわかりません。胆嚢粘液嚢腫の手術の際(→ここ)に肝臓の一部を採取して検査した結果、

肝臓が繊維化していて、肝硬変の手前であることが判明しました。肝臓が繊維化してしまうと元には戻らないので、繊維化していない

部分を正常に機能させて維持していくために治療(と言っても薬を飲むくらいだったけど)を続けていました。ですから治療していたのは

肝臓で、毎週通院して行っていたのは肝性脳症の症状を緩和するための皮下点滴でした。(皮下点滴は対症療法でしかないのですけどね)

 

何でしょう?

 

それで、肝性脳症って原因と治療方法の記述はあっても、肝心な回復と寿命に関わるかの記述ってほとんどないんですよね。

検索していると「記載がない」というどなたかのブログだったりして「あらぁ、私と同じ人がいるわ」て感じでした。

今回ちょっと書いてみますが「誰かの参考に」などと偉そうなことは考えていません。こなちゃんの記録です。

 

肝性脳症を発症しますと、だいたい以下の症状が出ます。

1.食欲不振 → なので体重減少  2.ふらつき 3.痴呆症状 4.攻撃的な性格へ変化 5.けいれん 6.発作

1.振戦 2.中枢性盲目 3.昏睡

1.多飲 2.腹水 3.嘔吐 4.失明 5.旋回運動 6.斜頸

赤字の症状がこなちゃんには現れました。緑色は「そうだったのかなぁ」という症状。青色の症状はありませんでした。

 

ちょっと違う

 

 

10月に胆嚢摘出の手術をしていますが、これより前から食欲不振は始まっていたのです(当時のブログでも「3日のうち1日しか食

べない」て書いてる)

退院後、2週間ほど経過してから少しずつ「あれ?」と思うことが増えてきました。

・まずは、普通に座っている状態で頭が左右にゆら~りと揺れる。立ってじっとしている状態で下半身が揺れる、が最初でした。

・そして、ふらつきが始まり、まっすぐ歩けなくなり、座れ・伏せ・待てが出来なくなりました。

・さらに痴呆症状。痴呆症状も色々あるようですが、こなちゃんの場合は徘徊です。(→うろうろ)

これらは割と早くから始まった症状です。

 

そうそう、危なかったんですよ。ベッドの下にフットライトを置いていたのですが、こなちゃんが徘徊してフットライトを蹴って

しまったらしく、ベッドカバーが電球をもろに覆う形になってベッドカバーが焦げました。朝になって気付きました。危なかったわー。

もちろんフットライトは速攻で撤去しました。

 

このベッドカバーはまだ使っています

 

それから12月に入って、“攻撃的な性格へ変化”しました。常に攻撃的ではなく、ある状況になると怒りっぽくなるというものです。

どんな状況だったかと言いますと、それまでは平気だったのに、首の辺りを触られるのがイヤになったようで、手を伸ばすと

噛まれるようになりました。こなちゃんはハーフチョークだったのでお散歩の時だけ装着するのですが、どうしても顔や首の辺

りに手が触れる形になります。そうするとガブッと。時にはガブリガブリと。(ああ、痛かった。熊先生にもガブッとやっちった)

もともと勝ち気なこなちゃんがさらに攻撃的になるので、たまったもんじゃありませんでした。

 

徘徊と攻撃的な性格への変化は、結構悲しいものがありまた。今までのこなちゃんと違うんだもん。何かに憑かれたかのように

ひたすら歩き回って、あちこちにぶつかったり、狭い所に顔を突っ込んでみたり。引っ張り出そうと手を伸ばすと、気をつけないと

ガブリとやられました。徘徊も攻撃性も、噛まれる痛みよりも、変わってしまった姿がかなりショックでした。

 

 こなちゃんが徘徊で頭をぶつけてしまうので、衝撃を和らげる目的で帽子を買いました。ちゃんと耳穴が空いてるんですよ。

 

それで、痴呆症状にはマッサージが効果的とかいうのを見つけて、試しにやってみました。歩き回るこなちゃんをぐわしっと捕まえて、

仰向けに私の膝の上で寝かせる体勢でマッサージ。首周辺は触れるとちょっと噛みそうになったけど構わずナデナデしながら、全身

くまなくマッサージしてあげると、少しは気持いいのか落ち着くのか、うとうとして、比較的夜は大人しくなったと思います。

ついでに、夜はとにかく寝てもらおうと、昼間に寝ないようにサークルの近くに電話機を置いて、ボリュームを最大にセットして、

昼間1時間置きに電話する、という嫌がらせ的な作戦も取りました。これは良かったのかどうかわかりません。もしかして、かえって

ストレスになったかしれない。でもマッサージと電話作戦で少しは徘徊は減少したと思います。

 

あとは視界がヤバいかな、と感じるようになりました。電柱にも頭からゴンっとぶつかってました。見えてはいるけど、よく見えて

いない状態だったと思います。これも結構衝撃でした。どうやればぶつかるんだよ? という感じです。

 

確かに小さくて、すぐに脱げちゃった

 

肝性脳症は、通常食べ物の中に含まれるタンパク質が体内であーなってこーなるものを、肝臓が上手く機能しないために発症するのは

初めに書いた通りです。なので、食べない方が調子良いな、と思うことが多かったです。でも食べないと困る。食べると振り出しに戻る、

というなんともやっかない症状でした。

 

こなちゃんは、少しずつ体力が落ちていき、吠えても声が出ないという状態でした。クロガネちゃんとの挨拶も、一生懸命吠えてる

けど、腹の底から声が出ず、掠れた声で吠えてました。

お散歩も行くまではすごく張り切るんだけど、前述の通りハーフチョークを装着するのに一苦労して、やっと外へ出てもシャキシャキ歩

けるのは20~30メートル程度で、後は超ノロノロ。本当はしんどかったのだろうか。

 

だから、亡くなる1週間くらい前から、

「もう別れが近いのかもしれない」

思いたくなくても、なんとなくこんな言葉が頭をよぎっていました。

 

結局、最後まで回復せず、虹の橋を渡ってしまったわけです。苦しかったのに、よくがんばってくれた、と思います。

 

帽子よりかぶり物の方がよかったかもしれない

 

胆嚢粘液嚢腫の手術が終われば、また元気にお散歩できると思っていたのに、なんでかなぁ、と思ってしまいます。

肝性脳症との関連はわかりません。多分、同時進行していたのだと思います。

病は乗り越えられませんでしたが、それでも4ヶ月も健闘してくれました。がんばったぞ! こなちゃん!

 

こんな感じのこなちゃんの肝性脳症との戦いでした。

 

長々書いたのできっと今日も誤字脱字がたくさん。すまぬ、許せ。

 

(3/15追記)

・ふらつきは2度目の入院(→ここ)以降は収まり、その後はありませんでした。

・徘徊も攻撃的になるのも、常にではなく、なる時はなるという状態でした。平常時はいつものこなちゃんでした。

 

クリックで健闘を称える→にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

供養のつもり

2015年03月01日 | こなちゃん

前回の記事ですが、出だしが「みなさま」とすることころを「みまさま」となってたのね。

もう誤字脱字は当たり前ですので、ご容赦くださいませー。

 

**********************************************************************************

 

ずっと買い物したかったんですよねぇ。→この頃から

こなちゃんの治療費のために我慢我慢の日々でした。お金の必要な時に限ってほしいものがたくさん出て来るのよね。

ちっとは買いましたが、バッグとかコートとかほしかったなぁ。

 

先日給料日にお金を降ろして、家で仕分けをしてました。「これが食費、これが光熱費、これはこなちゃん貯金・・・」

で手が止まりました。

もうその必要はないんだな・・・

 

で、そのこなちゃん貯金の分をどうしよう?

 

そこで思い出しました。買い物をしたかった、と。

 

じゃあ、買い物しちゃおっかな。思い切りドカーンと。きっとそれはこなちゃんへの供養になるぞ、と思って。

いそいそと電車に乗って高島屋へ行って参りました。

 

これを買いました♪

 

ティッシュボックスのカバーです。2個です。合わせて3,000円程度でした。

なーんかね、見てたらどうでもよくなっちゃって。別にいいや、て気になっちゃって。バッグも靴も、洋服も

いいのがいっぱいあったけど、全然欲しくなかった。わざわざ高島屋まで行ったのにねー。

買い物したかったはずなのに、なんでかしらねー?

 

こなちゃん0歳の時

 

それで、ワン子のメモリアルグッズとして遺骨ネックレスとか、そういったものがあるようですね。コモン父が

教えてくれたので、次回の楽天スーパーセール(※今日からです)で買おうと思ってチェックしておりました。

どうやらカプセルタイプが多いのですね。←そりゃそうだ

でも、思いついてしまいました。

こなちゃんに付けてた迷子札がカプセルタイプだったのです。だから、わざわざ遺骨ネックレスを買わなくても

これでいーんじゃない? と。

 

こなちゃんにつけてました

 

黄色いリボンは9歳の誕生日の時に病院からプレゼントされたもの。ちょっとゴテッとするかな、と思ったけど、

それまで迷子札を通していたのが、髪用の茶色のゴム紐という、洒落っ気ゼロのものだったので、こちらのリボンに

通して使いました。(1ヶ月ちょっとしか使えなかったけどね) リボンごとネックレス代わりにして、カプセルの中は

こなちゃんの歯(←乳歯)でも入れたら遺骨ネックレスになるじゃん。「私は犬か?」て気もしなくもないけど、

こなちゃん愛用のリボンと迷子札なら、"こなちゃんといつも一緒"感が出ていいなぁ、と。

 

多分1歳のころ。多摩川あたりです。

 

それで、ペット用のメモリアルグッズて凝ったものがあるんでねすねー。仏壇とか香炉と鈴のセットとか。実店舗が

都内にあるようだから、見に行ってみようかなぁ。多分買わないと思うけど。

 

2歳かな? 近くのドッグカフェでの1枚

 

さ、スーパーセールだ。また供養のつもりで買い物するか?

 

クリック供養もあります→にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

Release

2015年02月15日 | こなちゃん&みーちゃん

みまさま、こんにちは。

前回の記事では、たくさんの温かいコメントをありがとうございました。みなさまのコメントに泣かされてしまいました。

まとめてのお礼でお許しください。

こなちゃんがチビっ子の頃からブログでお付き合いしてくださった方々、だからこそのコメントが私の心を軽くしてくれ、

どれほど有り難かったことか。本当にありがとうございました。こなちゃんは旅立ってしまいましたが、私の中にもこなちゃん

の中にも、みなさまとみなさまのワン子達は永遠です。とても楽しかったです。

数回コメントをくださった方々も、見守ってくださってありがとうございました。看病のお申し出まで嬉しいです。そして

kikimamaさん、お体をどうぞお大事になさってください。kikiちゃんのために負けないで!

初めてコメントくださったみなさま、まずは祝・初コメです。ありがとうございます。同じ境遇の方もいらして、私からも

応援のエールを送りたいです。みなさまの毎日に、このブログが少しでも存在し、こなちゃんを見ていてくださったことが

本当に嬉しいです。ありがとうございました。

 

空の上から上から目線

 

 

こなちゃんの旅立ちから2週間経ち、いまだ慣れないし、一人になるとぼけーっと過ごしています。

そろそろ前に進まないとな、とは思っていますが、なかなか・・・ですね。

先週まではひたすら自虐の毎日でしたが、少しずつ自虐ネタが尽きて来て、ようやく楽しかった頃のことを思い出せる

ようになりました。ただ、居るのが当たり前すぎて、何があったか思い出せないくらいで、自分のブログを読み直した

り、過去の写真を見ながら、あは♪ て言ってみたりしてます。

 

さて

先々週の土曜日。何をしていたかと言いますと、再び霊園に行ってきました。この日はこなちゃんではなく、みーちゃんです。

2月7日は、私の大事なノラ猫のみーちゃんの命日です。もう6年も経ったんだなぁ・・・。

 

みーちゃんはここでおねんね中

 

とっても可愛い猫でした。最初は女の子だと思ってたら、ひょいとめくれ上がった尻尾の下に鈴カステラのようなものを見つけ、

男の子だと知った時の衝撃ったら。

 

 いやん かわええ

 

 今感じているのは、みーちゃんもこなちゃんも、私を解放してくれたのかな、と言うことです。

 

みーちゃんは亡くなる1ヶ月前は行方不明で、どこにいるのか、無事なのかもわからず、不安な毎日でした。

最後は全く予想していなかったあまりに悲しい結末でしたが、私が何も知らないまま旅立つよりは、ちゃんとケジメをつける

ために、帰って来てくれたんだな、と思っています。

 

そして、こなちゃん。肝性脳症の症状が進行していくのがわかって、その症状から来る行動が、私の知っているこなちゃんで

はないように感じて「今までのこなちゃんじゃない、ならばBrand New KONAちゃんとして受け止めよう」と思いつつも、

どこか悲しかったです。もちろんずっとではなくて、落ち着いている時はいつものこなちゃんでしたが、悲しい気持の方が少し

ずつ膨らんでいきました。

加えて、毎週の通院は平気でしたが、毎月数万円に上り、時に10万円を超える治療費は正直負担でした。定期を解約したぐら

いです。(貧乏ってやぁね)

こなちゃんは、そういった私の気持や事情を察して逝ってしまったのかなぁ・・・と思ったりします。

 

こなちゃんもみーちゃんも、結局は不安や悲しみから私を解放してくれたんだな、楽にしてくれたんだな、と思います。

別れはとても悲しい。もう2度と会えないということが悲しい。けれど、こなちゃんとみーちゃんは肉体の辛さから、私は心

の辛さから解放され、互いに解放しあっての今やこれからだと感じます。

ワンコとニャンコに教わるとは、私も未熟ですね。

 

 

そんなことを思いながら他に何をしていたかと言いますと、主のいないサークルを見るのはあまりに辛いので、サークル

だけ撤去しました。

 

今はこんな感じ

 

休みを取って、区に死亡の届けを出してきました。鑑札は返却するようなことが書いてあったと思ったけど「持っていても

いいですよ」と言われたので、そのまま持って帰ってきました。


ちゃんとリードに付けてました

 

あとは何一つ処分できていません。薬の容器すら捨てられません。サークルに入れていたマット類や、ブラシもお散歩バッグも

洋服もまだここにあります。いつか「もういいかな」と自然に思える日が来るまで、取っておいてもいいかな・・・。


シリンジと容器の数が合ってない・・・

 

白状しますとペットショッブに行ってはオヤツを買ったりしています。バカスカ買ってます。あれこれカゴに入れ過ぎて少し

は陳列棚に戻しますが、それでも買ってしまいます。昨日はフードとブタ耳を買ってしまいました。だって、食べられなかった

から、食べてさせてあげたいんです、好きな物を好きなだけ、たっくさんたくさん、それこそオヤツでも何でも。

それに次の子も考えています。もう名前も決めてます。病院もサロンも決めています。

でも・・・

ふと我に返って、こなちゃんのいない生活を買い物や架空の次の子で埋めようと現実逃避のようなことをしているのが虚しく

なって、何やってんだ自分? とツッコミを入れてはだら~っと腑抜けた状態になっています。

 

私はいつ気が済むのでしょうか? いつ踏ん切りが着くのでしょうか?

・・・だらしないですね。こればかりは、自分で乗り越えないと。自分で自分を解放しないと(←何から?)

 このままでは天国にいるこなちゃんとみーちゃんに顔向けができません。

 

と、脈絡もなくダラダラと書き綴ってしまいました。まだ喪失感でいっぱいで正気を取り戻せていないみたいです。

次は、もうちっとマシな更新にしたいと思います。(が、がんばるよ)

 

うん、そうしろ

 

いや、↑はふざけてるわけじゃないんです。こなちゃんの写真を1枚くらいはあげとかないと、と思って。

なんか、今日はすみません。

 

 

クリックでウン上昇→にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

HEAVEN

2015年02月01日 | こなちゃん

1月31日 午前5時。こなちゃんが虹の橋を渡って行ってしまいました。

 

2日前の木曜日の朝、珍しく朝から物欲しそうな顔をして、フードも調子良くボリボリ食べてくれました。

出かける直前まで、私の後を着いて来たりして、かわいい顔を見せてくれました。

ですが、その日の夜に恐れていた発作が起き、病院に連絡して緊急入院しました。

 

(※名前を付けましょうね、平日はコメ先生です。何度か診てもらっています)

コメ先生がほぼ一晩付いていてくれて、午前0時とか3時30分に連絡をくれたりしました。(←事前打合せ済み)

翌日、金曜日の夜に病院に様子を見に行きました。金曜日はいつもの熊先生です。

コメ先生から熊先生にバトンタッチして、両先生とも色々手を尽くしてくれましたが、発作は収まっているのに

意識が回復せず「打つ手が無い」状態になりました。

 

私 : 私は、もう覚悟をしなければならないだろうか?

熊 : その段階になっています。回復の可能性は0では無いけれど、かなり低いと思います。

私 : 保ってどれくらい?

熊 : こなつちゃん次第ですが、明日かもしれないし、1週間かもしれないし・・・

私 : 連れて帰ったらどうなりますか?

熊 : 看取る、ということになると思います。

 

その場で決められず、でもわずかな回復の可能性をかけて、一晩考えることにして、金曜日はそのまま病院に預けました。

夜、風呂に浸かりながら「もしも意識が回復したらそのまま入院継続、戻らなければ、連れて帰ろう」と決めましたが、

土曜日の朝5時に熊先生から「呼吸が停止しました」と連絡がありました。

診察時間になってから病院に行き、一緒に帰ってきました。土曜日はこれまた違う先生ですが、熊先生からの伝言という

ことで、意識は戻らなかったけれど、最期は眠りの延長のように、苦しまずにそのまま旅立てた、と教えてもらいました。

私が着く前にスタッフさん達がこなちゃんを清めておいてくれて、ふわふわにしてくれました。本当だったら土曜日にシャ

ンプーしようと思っていたのにな、こんな形できれいになるとは。

 

病院からの帰りは、最後のお散歩。風は強かったけれど、よく晴れて気分が良かった。

 

ここは昼でも夜でも眺めがいいのです。うちからたいした距離ではないのに、こなちゃんはもう歩ける

体力が無くなっていたので、連れて来たかったのよね。

 

クロガネちゃんともお別れ。クロガネちゃんはいつもこなちゃんの足音を聞きつけて出て来るので、どうかな、

と思ったんだけど、颯爽と登場してくれました。(黒いので見えづらいけどいるのです)でも、あれ? て感じで、

あんた今日はどうしたの? て顔をしてました。クロガネちゃんが吠えなかったのは初めてです。じゃあね、

クロガネちゃん。元気でね。

 

いつものベッドでおやすみ。

 

我が物顔で寝ていた私のベッドでもおやすみ。

 

一晩一緒に過ごして、今日日曜日、霊園に連れて行きました。

 

このバッグに入れて、地下鉄に乗ってお出かけしたなぁ(カテゴリーの「東京散歩」を見てね)

これももう最後だね。さあ、出かけよう。お別れだ。

 

霊園近くの公園。今の所に引っ越す前によく来ていたので、懐かしくてこなちゃんとお散歩。

 

お顔が写ってない・・・。ギリギリまで抱っこしていました。これで本当にお別れ。

 

見送ることができなかったので、せめて骨だけは拾おう、と思いましたが、小さくてたくさんあって

ちょっと大変でした。

 

霊園からの帰りに病院に寄って、熊先生とスタッフさん達に挨拶をして来ました。こなちゃんの骨壺を

べこっと傾けて挨拶代わり。みなさん優しく笑ってくれました。

 

今までは肝性脳症のせいで食べたくても食べられなかったけど、もう大丈夫だよ。好きなだけ食べていいんだよ。

 

今頃、先に逝ってしまったワン子達に会えているでしょう。ケンカ野郎なので乱闘を引き起こすかもしれませんが、

どうぞ遠慮なくシメてやってね。

そして、みーちゃん(カテゴリーを見てね)、何より忘れてはならないパピーの頃に診てもらっていた獣医師の

大御所H先生。H先生は当時のブログでは引退、と書きましたが実は2011年2月、震災の1ヶ月前にお亡くなりに

なりました。みーちゃんと同じ霊園に行ったので、きっとみーちゃんと仲良くケンカして、H先生に「先生来たよー、

撫でてー」と言っているかな。

 

こなちゃんと暮らし始めた頃、「最期は必ず私に見送らせること」と「私が50歳になるまで一緒にいること」という

命令を下しました。そのどちらの命令にも背いて逝ってしまったこなちゃんですが、結局はずっと診てくれた熊先生が

見送った形になって、独りぼっちの旅立ちではなくて良かったし、50歳まではほど遠い(ちょっとウソです)ので、

そこは不問です。

 

肝性脳症から来る症状だから仕方無いのに、あんなに怒ってしまってゴメン。血が出るほど噛まれて痛かったんだよ。

わざとじゃないとわかっていたのに・・・。あんなに怒らなければよかった。後悔は山のようにあります。

バナナを買いたかったんだよ。フードは中々食べないけど大好きなバナナは食べるから、夕飯に食べさせたくて

スーパーに寄ってたんだよ。まっすぐ帰っていれば、もう少し早く病院に搬送できたかもしれないのに・・・そう

したら・・・。"たられば"もいくらでも考えつきます。

自分がいかに弱い人間かも思い知りました。弱いお母ちゃんでごめんね。

 

私の可愛い可愛い大事な大事なこなちゃんは、虹の橋を渡り、天国へと旅立ちました。私のこなちゃんと暮らした

9年は、私の中で大きすぎる時間を占めました。アレルギーで苦しかったこともある。他のワン子と仲良くできなくて

大変だった。でも、可愛かった、楽しかった、幸福だった。ずっとずっと一番愛している存在です。最後の最後まで

可愛いこなちゃんでした。

 

当ブログのご覧の皆様、こなちゃんはいろんな方に応援していただいて、愛されて、幸福な子でした。

こなちゃんのとっての幸福は、私だけではなく、皆様からも愛されたことによるものだと思っています。

本当にありがとうございました。

 

まとまりのない文章ですみません。まだ色々と書きたいことがあるかもしれないので、もしかしたら更新するかも

しれませんが(←するよ、きっと)、その時はどうぞおつきあいください。

 

 

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

 

コメント (33)
この記事をはてなブックマークに追加

徘徊

2015年01月18日 | 肝性脳症

先週のこなちゃんはやや不調で体重が7.3キロに逆戻りしてしまいました。8キロが遠いわー。

そもそも食欲の無い犬に食べさせるっちゅーこと事態が大変なんです、食べたくないんだから。

かと言って一時(→この時)の強制給餌をする程の緊急性もないので、食べるさせる工夫をしつつも、

ダメなら放置です。

今日は病院の帰りにいつも寄るホームセンターでこんなのを見つけました。

 

DHCってこんなのまで出してるのね

 

でもこれ、「愛犬用」と書いてあるのですが裏には

 

「~の手の届かない所で保管」っていうあの文言

 

よくわからなかった。あれか、キャップの部分をガジガジ噛まないように手の届かないところに

というやつか。きっとそうだな。

そして、まったくペロッとしませんでしたけどね。

 

不調なので表情が暗い

 

先週のこなちゃんの不調っぷりを。

まず月曜日と火曜日は良かったんです。珍しくご飯もパクパクと良く食べました。

水曜日からガッタガタでした。朝晩ともにご飯もまったく食べない日もありました(もう慣れた)

肝性脳症の症状のひとつに徘徊があります。これがまた・・・

 

なんだろう? 表現ひとつでイメージが全然違う・・・

 

肝性脳症とわかる前、初めてふらつきが出始めた頃から徘徊も同時に始まっていたのです。

本当によく歩き回ります。木曜日は雨でお散歩に行けなかったのも影響したか、一晩中歩き回って

私も朝の5時まで眠れないほどでした。

徘徊は毎日ではなくて、やる時はやる! というメリハリでもつけてるのか、という感じです。

やる時は部屋中をウロウロと「なんか点検でもしてんのか?」と思います。私が床起きの

クッションに座っていると膝の上に乗って来るので「抱っこか? かわええやないか、よーし

よーし」と撫でようとすると、単に通り過ぎて行くだけだったりね。何往復もされましたさ。

加えて、なぜか30cmもないであろうベッドとサッシの隙間(時に冷蔵庫と壁の間だったり)に

潜んでいたり、狭い所(私の股間とか)に顔を突っ込んだり。

行動が謎です。

 

そうかもしれないけどさ

 

徘徊中はこなちゃんも不注意になるようなので、ぶつかって倒されたりして困るものは撤去

したり置き方を工夫する必要があります。(おかけで部屋が少し片付いたかもしれない)

以前はお散歩から帰って来て足を拭くために水を入れた小さめのバケツを予め玄関脇に用意して

おきましたが、それも引っくり返してバシャーとやり、私も「ごるぅあーっ!」となり、でも

やっぱりイタズラで引っくり返すのとは違うからなるべく怒りたくないので、お散歩から帰って

からバケツを用意するようにしました。

徘徊している時は何を言っても無駄です。「少し休んだらー?」とか「もういいんじゃないのー?」

と声をかけても、もちろん通じません。困ったもんだー。

 

道中は気をつけてね

 

歩き回っていたのは木曜日だけで、それ以外の日は大人しくしてました。

まあね、困るけどぶっ通しで歩き続ける体力はまだあるということです。


徘徊ストップのクリックを→にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

簡単すぎるクッキング

2015年01月11日 | こなちゃん

料理は嫌いです。もともとあまり食に興味がないからかもしれません。

美味しくないと思わなければ、お腹が満たされればいいのです。

料理番組なんかで「このひと手間で」とありますが、手間かけても分かりません、バカ舌なんで。

だいたい手間自体がもう面倒でイヤ。

なので自分が料理をする時(一応毎日作ってますよ)は基本「手間ひまかけない」です。

切る、茹でるまたは炒める、味付けで終わりです。

 

おっしゃる通りです

 

そんな私が朝っぱらから何をやっているかというと。

現在こなちんは低タンパクの食事です。で、なぜか動物性タンパク質はNG。

その前提のもとで良質なタンパク質を摂取しなければなりません。

「良質なタンパク質ってなんじゃ?」と調べましたらアミノ酸スコアとやらが目安になるらしいですね。

でも、アミノ酸スコアが高いものは大抵がNGとなっている動物性タンパク質。

「ふーん」と思い他に良質なタンパク質と呼ばれるものには何があるか調べていたら

カッテージチーズとありました。しかも自分で作れる、と。

なので作ってみることにしました。私にしてはポジティプなクッキングタイムの始まりです。

 

牛乳は500ml

 

60度まで温めます。

温まる間にオヤツでも食べることにしよう。

 

どっちがいいかな?

 

と思っているうちに温まってしまいました。早いなー。

 

ぐつぐつ

 

火を止めてお酢を加えると↑な感じになり、水分とナントカが分離します。

 

今度こそどっちにしようかな?

 

しばらく置いてから濾します。

 

濾しました。これがカッテージチーズだそうです

 

濾した後の水分がホエーと呼ばれる乳清です。ヨーグルトを開けた時になんとなく浮いてるアレです。

これもそのまま使えます。よく「捨てないで!」て書いてありますね。栄養があるらしいです。

 

結構量が多い

 

クッキングタイム終了~。

 

・・・なんか、簡単すぎた。これはクッキングと言えるのだろうか?

さすがに料理嫌いの私もでもこれはクッキングとは言えんなー。でもなー、火と鍋を使えば料理かもなー。

 

クロガネちゃんと賀詞交換中

 

夕飯はこれ↓。見えないけど下の方にドライフードが入ってます。カッテージチーズも乗せて

ホエーも入れてきっと栄養は満点(だと思う)

 

人参もちょっと入ってます

 

完食してくれました。良かった。

 

 

簡単にクリックを→にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

隠密同心

2015年01月04日 | こなちゃん

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

 

さて、2日でしたか。何の気無しに大江戸捜査網を観てたら泣けちゃって泣けちゃって(T_T)

一人でぐすんぐすんと涙を拭き拭きしておりましたら、こなちゃんがいないことに気付きました。

おや、どこへ? と思って探してみたらベッドにいました。

 

長庵先生役ね

 

ギョッとしました。

こなちゃんがひっくり返って寝るのは珍しいのです。パピーの頃はよくやってましたが、

成長してからは私がいる時に、いわゆるヘソ天はほとんどやらなくなりました。(私が居ない時はやってるらしい)

しかしなぁ、討ち死にでもしたみたいだな。

 

そう来るか

 

わかったよ。江戸は任せな。江戸を乱すヤツは我ら隠密同心が許さねえぜ。

と、声をかけてあげました。これできっとこなちゃんも安心したでしょう。

 

あばよ

 

おうよ、やっくり休みな。

「死して屍は拾わず」これが隠密同心の心得ですが、ちと可哀想なのでブランケットをかけてあげました。

 

元々は私のブランケットだったんですがね

 

でもなんとなくもう一度見ておきたかったので、ブランケットをめくってみました。

 

ひどいな、こりゃ

 

おぞましい顔なのでやっぱりブランケットをかけました。

 

ご挨拶

 

今年も皆様どうぞよろしくお願いします。

 

今年初のクリックを→にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

スッキリ

2014年12月29日 | 肝性脳症

望ちゃんことバラ子達は冬支度(植え替えと剪定したのよん)でスッキリです。

 

寒そうだわ

 

思い返せば一昨年の年末は帯状疱疹による神経痛にのたうち回り(→ここ)、去年の年末は顔面神経麻痺で

顔が動かなくなり(→ここ)、3年ぶりに何もなく年末を迎えています、私は。

そう、私はいいのです。問題はこなちゃんです。

 

それを言っちゃダメ
o

 

昨日の体重は7.75キロ。伸びが鈍くなってきたけど、減りさえしなければいいのです。

肝性脳症を発症してから、薬も増え、通院も毎週になりましたが、血液中のアンモニアの数値が下がりません。

相当肝機能が低下しているようです。どうしてこうなっちゃったのかなぁ、何がいけなかったのかなぁ、と

考えがちですが、そんなのわかりません。人間だって同じ。色んな病気があって、その病気になる人とならない

人がいて、遺伝や生活習慣もあるのでしょうけど、それ以外の原因なんて明確じゃないし。だから、この先は何に

気をつけるか、どう過ごすかを考えています。これ以上悪化させないことがメインです。

 

本当は別のヨーグルトの方が好きなんたけど、こなちゃんのために選んでます

 

現在のこなちゃんは以前のような元気一杯のこなちゃんではありません。ややおとなしめ。状態は日替わりで一定

してません。元気な日もあれば、くたっとしている日もあります。どういう時にどうなるのかがよくわかりません。

ただ、やはり肝臓で分解できない毒素が体内をめぐっているせいか、少しぼんやりした感じがあります。 意識障害

らしいです。それも日替わり。

 

わからなくていいことをわかっている

 

肝性脳症の最初の症状が食欲不振とふらつき。そして「伏せ」や「待て」など今まで出来ていたことも出来なくなりま

した。(これ、わかっているんですよ。ただその通りに体を動かせないんです。トイレだけは間違えなかったのが謎)

それから意識障害が出て、本当にこなちゃんが私が誰だか分からないんじゃないかと思うほどぼーっとするようになっ

てしままいました。抱き上げて、ちゃんと目が合ってるのにどこを見てるのかわからないような目をしていて、何度

「お母ちゃんがわかる?」と聞いたことか。自分を忘れられてしまうということが、こんなに辛いとは思わなかった。

とにかくそれが悲しくて、意識だけははっきりしてほしかった。伏せや待てなんか出来なくていい、お散歩が出来

なくても強制給餌でもいいから、私のことだけはわかっていてほしい、そう思いました。(ちゃんと分かっているので

心配しないでくださいね)

だから、今現在のアンモニアの数値が下がらないことによるぼんやり感をなんとかスッキリさせてあげたい、と思って

います。ちょっと厳しいんですけどね。

 

あのポーズとれるかい?

 

実を言うと昨日の診察で熊先生から「内科治療の限界かもしれない」と言われました。だからと言って「ああ、

そうですか」とは言えません。オバハンはしつこいのです。ほぼ毎回熊先生に「これやってもいいか?」と聞いて

いるので熊先生もわかっているでしょう。とことんつき合ってもらいます。頼むぞ天然パーマ(←熊先生ね)

 

後ろ姿でスミマセン

 

ちょっと暗めの今年最後の投稿となりましたが、心配してくださり応援してくださった方をはじめ、

みなさま今年1年ご覧いただきありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いします。

 

 

スッキリとクリックを→にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

HONEY

2014年12月21日 | こなちゃん

毎週通院しているので、どうしても病院ネタが多くなりますわね。お許しくださいませ。

 

大丈夫かい?

 

先週は水曜日が会社がお休みだったので、家でこなちゃんと過ごしておりましたわ。

そうしたら、こなちゃんゲーリー。

もうMs.ゲーリーって呼んでやろうか。

私が居る日に限って下痢とは。

 

どうかなぁ

 

「もしかして、あれかしら?」と思うものはあったのです。

それは、ハチミツ。

こなちゃんは、先週の血液検査でアンモニアの数値が高かったんですの。

なので色々と調べていたら、ハチミツはアンモニアの吸収を抑制する効果がある、なんて出て来ちゃった

もんだから、早速買いましたわ。ええ、こういう時の自分の行動の速さは自分でも感心致します。

マヌカハニーにしたかったけど、無かったのでアカシアハニーとやらにしましたわ。違いがよく分かりま

せんけど、そこは気にしない。

ちょっと与える量が多かったかしらねー、なんて思っておりましたの。

(でも、変だわ。ハチミツって下痢止めの効果もあるらしいのに、なんでゲリったのかしら?)

 

喜んで食べてるよね

 

で、本日。

熊先生に伝えましたの。「またこのオバハンは・・・」て心の声が聞こえてきそうな顔をなさって

いましたわね。

そして「んー、今の薬がアンモニア吸収抑制のためのものなので」でお止めになったけど、きっと

続く言葉は「ハチミツは無駄だと思うよ」ですわね。

それから「なんとかでかんとかで」と何語だか分からない言葉でご説明いただきましたが、覚えて

いるのは低血糖ぐらい。聞き取れた言葉も瞬間で忘れております。つーか、

 

苦手なんだよ、その手の話は!

 

高校も中学も、確か家庭科は赤点だったくらいだし。食物栄養学とかそういうのホント苦手。だって

そんなのはお母さんの仕事じゃん! て思ってたもの。

 

数学も赤点だったなぁ

 

まあ熊先生も何か察してくださったのか「ちょっとくらいならいいですよ」とおっしゃいましたが、

いいです、私が食べます、ハチミツ。本当はあまり好きじゃないけど。アンチエイジング目的で

ハチミツパックにして顔に塗りたくってやろうかしら。

 

もう一息だけどね

 

悲しゅうございますわ、ハチミツ。いいの、こなちゃんがMy sweet honeyだから。

 

甘いクリックを→にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

9歳になりました

2014年12月14日 | こなちゃん

 結局デジカメは修理が必要な状態でしたが面倒なのでカードリーダーでPCに取り込むことにしました。

780円で済んだわぁ。そして先週使えなかった画像をところどろこ載せますね。

 

だからこれ1個で我慢したのよ、楽天スーパーセール

 

12日。こなちゃんは9歳になりました。もうおばあちゃんなんだね。

で、今年のお誕生日プレゼントです。

ドライフードだけではなかなか食べないので、野菜のふりかけです。

 

そこが気になるのね

 

確かに熊先生リコメンドですがね、すごいんですよ、100グラムで3,600円もするんですよ。

高級牛肉並みの価格です。(多分リピートしねぇな)今までで一番割高な誕生日プレゼントです。

それよりもですね、届くまでの間に近くのホームセンターで同じような野菜のふりかけを見つけてしまいました。

 

ゴン太はお金のかからない男だわ

 

こちらは120グラムで180円という大変良心的な値段です。さすがのゴン太シリーズです。

早速試してみましたが、ゴン太のふりかけ、パクパクとよく食べてくれます。フードは間違えて口に

入っちゃったという感じですけれど、おかげで用意したフードはだいたい全て食べ切るようになりました

ゴン太に感謝!

 

前回使いたかった写真。縦横を間違えた収まり方です。

 

でも思ったの。

最初から野菜をあげるんじゃダメなの? と。

そーいやー昔はドッグフードは使わず完全手作りごはんにしてたんだよなー、と思い出して、

熊先生許可の下、キャベツ、人参、かぼちゃ等を茹でて、良く言えばリゾット、普通に言えばぶっかけ

ご飯にしてみました。

 

ゆで汁も入ってこんな感じ

 

あらー、食べるわー、食べてくれるわー。

こなちゃん、まんまと引っかかってくれました。おかげで体重は先週の7.1キロから7.4キロへ増量成功です。

ベジタブルサポートはBCAAというナンチャラカンチャラが入ってるそうですが、調べてみると

食品からも摂取できる(基本はサプリらしい)ので、これでいーじゃーん♪という気になってます。

果たしてベジタブルサポートの出番はあるのか? もったいないから使ってはみるけどね。

 

私は風邪を引きました

 

おばあちゃんの域に入ったこなちゃんだけど、いつまでも子供みたいなこなちゃんです。でも、このままで

いいよ、大事な相方だものさ。

こなちゃんも9年間一緒にいてくれてありがとう。愛してるよ。

 

クリックを→にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

寂しいけど我慢

2014年12月07日 | こなちゃん

なんでか分かりませんが、PCでデジカメの画像を読み込めなくなったので、ボツにした写真を使います。

で、先週の楽天のスーパーセール。自分のものは定期入れしか買いませんでしたよ。本当です。

 

お見せしたい

 

こなちゃんは夜は自分のベッドで寝ています。今までは私のベッドで一緒に寝ていたけれど、今は別々。

寝る前と起きた時に、すぐにこなちゃんが近くにいたのにな。

ベッドのセンター争いをしていたのにな。

さみし・・・

 

そんなことないですよ

 

私が寝る頃にはすでにベッドの真ん中を占領。で、一旦寝てから途中でベッドから飛び降りてトイレや

水を飲みに行って、また戻って来てベッドに飛び乗って、朝までグースカというパターン。

でも、肝性脳症によるふらつきの症状が出始めてかから、飛び乗れなくなってしまった。

本当は抱え上げでベッドに乗せて一緒に寝たかったけど、ふらふらの状態で飛び降りて怪我でもされたら、

と思うとベッドに乗せるなんて出来ないし。リードを付けて寝て、トイレに行きたそうだったら私が一緒に

起きてトイレに連れて行く、というのも考えたけど、私は簡単には起きない。(きっぱり)

こなちゃんも乗せて欲しそうな顔をしていたけど、諦めたのか今では自分の最初からベッドで丸まってます。

 

本文と画像は関係ありません

 

ベッドで一緒に寝るのも、いつかは止めさせないといけないな、と思っていたんですよ。年を取って

足腰が弱くなったり、体力なんかが落ちて来た時に、やっぱり飛び降りる時の危険を考えたらねぇ。

(かと言ってペット用のスロープだの階段を買う気は全く無い)

だから、この際だから、と思うようにしよう。

 

出来るかなぁ?

 

でも、また一緒に寝たいなぁ。寂しいけど我慢。

 

クリックは我慢不要→にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

買い物をしたいのです

2014年11月30日 | こなちゃん

今日から楽天のスーパーセールです。

あーっ、買い物してぇぇぇぇぇっ!

だめだ、こなちゃんの治療費が、と血が出そうなほど下唇を噛んでこらえておりますともさ。

いいよ、こなちゃんのフードを買うから。

 

げげん

 

先々週まではよかったけれど、先週はまた食欲が減退し、しかも土曜日はまたゲーリーで、本日のこなちゃんの

体重は7キロ。くそう、増えなかった。

 

こなちゃんは顔も痩せちゃってます

 

もうね、食べないのが一番困る。フードがもったいないとかではなくて、本当に心配。

なんですけどね・・・

食べさせること、体重を増やすことにばかり気が行ってしまっています。

食べさせなきゃ、という焦りもあるし、またか、というでガックリ感もあります。

いかんですね。私がそんなでどうする?

なので、手術もあったし、肝性脳症もあるし、じわじわと回復してくれたらいいや、と思うようにしました。

開き直りとも言いますが。

 

そうなのです

 

たた、食べないだけでこなちゃんは気になる部分はあるものの比較的元気なんですよ。ついに椅子に飛び乗る

芸も復活したし(テーブルのコーヒーを引っくり返したけどね)、短い時間だけどローブの引っ張りっこも

やるようになったし。お散歩も飛ばすときゃあ飛ばします。うん、いですよ、それで。

 

それを言われると・・・

 

ではこれから楽天でこなちゃんの買い物をします。主にフードとサプリメントです。

自分の買い物のクリックをしませんように・・・やべー、自信が無い。

だって手術の保険料が36万円返って来たんだもん・・・。

 

 

これはクリックしてね→にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

Up & down

2014年11月23日 | こなちゃん

飲み薬です。写ってないけどシリンジの取手の部分が引っかかって届かない・・・

 

肝性脳症により先々週に再入院となってしまったこなちゃんですが、退院後は絶好調です。なんか「本当に同じ犬

ですか?」て思うくらいです。あれだけ泣いたのは一体何だったんだろう? とすら思います。いや、嬉しいのですよ、

回復してくれて。

 

わかっとる

 

ふらつきも無くなり、あれだけ食べなかったのに、挽回しようとしているかのようにドカ食いです。

お散歩はかっ飛ばしてます。他のワン子にも元気に吠えます。←嬉しくない

「このまま調子を上げていってくれたらなー」と思った昨日の土曜日。

こなちゃん、ゲーリー。

 

うんち拾えないからね。帰りましょう

 

下痢なんて何年ぶりだろう? 朝にだいぶゆるくなったウンが出てました。朝ご飯は食べなかったけど夕飯は完食。

そして今朝も朝ご飯は食べませんでした。歩くのもノロノロです。今日も病院で、カート無しで歩いて行ける

かと思ってたのに、もう全然。病院に行くまでに普段の3倍の時間はかかると思って、一旦引き返して結局カート

に乗せて行きました。おかげで今日は私が疲れた。お腹の調子が悪いせいか、昨日も今日もすごく大人しいです。

 

だいぶ楽になったよ

 

やっぱり上昇続きとはいきませんわね。ここに来ての下降です。いいの、Up & down を繰り返しながらでも

本調子に戻ってくれれば。そんな一気に回復なんてしないもんね。

 

がんばってね

 

先週のこなちゃんの体重は7kgジャスト。今日は7.2kg。もうちょっと増えてると思ったんだけどなー。下痢が影響

してるか? 熊先生の定めたこなちゃんの目標体重は9.9kg。(でも、なんでその区切り?)

体重はアップを続けるぞーい!

 

クリックもUPを→にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

 

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加