konaki。

五十路の天邪鬼。

[デロリアン] 資料…になるのかな?

2017-06-09 18:54:58 | デアゴスティーニ デロリアン

このモデルは映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の劇中車なので、
最高の資料はその映画だと思います。
と言いながら3部作のうちまだ1作目しか観ていないのですが…(;^^)..

劇中車と言っても、ウルトラセブンの「ポインター」の様にフルに改造されていて、
元のクルマ(アメ車です)の面影がかすかにしか判らないクルマや、
帰ってきたウルトラマンの「マットビハイクル」の様にマツダ・コスモスポーツに
MATのマークが貼られた(ステッカーチューンと言います)もありますが、
このデロリアンは丁度その中間にあるクルマなのかなと。

そして、今の組み立てはシャシーやエンジンなど“DeLorean DMC-12”の部分なので、
その資料が欲しいなぁと思いました。

と言うことで、今回は入手した2つの資料(になるのかな?)をご紹介します。


デロリアン・バイヤーズガイド  夢の車、購入の手引き

帯には 
名車中の迷車?!デロリアンを大解剖!! 
本当に乗りたい人はもちろん、買うことを夢見る人も必読の徹底購入ガイド本!

内容はDMC-12の各部や仕様違いを紹介していますが、
パーツリストではないのでパーツの形状など詳細はつかみにくいです。

あ、やっぱりフレームはグレーなんですね。φ(´ω`*)


もう一つはDVDです。

名車再生!クラシックカー・ディーラーズ デロリアン

裏面にある説明文には
クラシックカーの買い付けを担当するマイクと修復を手がけるメカニックのエドが
タッグを組んで、クラシックカーをよみがえらせる番組
「名車再生!クラシックカー・ディーラーズ」DVDシリーズとなって登場!
2人は少しでも多くの利益を上げようと毎回奮闘!
マイクとエドの手によって息を吹き返したクラシックカー、
はたして利益をもたらすことは出来るのか!?

このDVDは程度の良い旧車を安く手に入れて、
出来るだけお金をかけないで極乗車に修復する物なので詳細な資料とはちょっと違いますが、
修復している様子が今回の組み立ての大変さにちょっと似ている気がします。(;^^)..

またアメリカにあるDMC-12のパーツを専門に扱うお店や、
そこの人が手がけている劇中車が紹介されていて面白かったです。

と言うことでお勧めとは違いますが、DMC-12にご興味があれば是非に。。。(*^▽^*)


konaki

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [ハコスカのレストア日記] ... | トップ | [ハコスカのレストア日記] ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

デアゴスティーニ デロリアン」カテゴリの最新記事