konaki。

五十路の天邪鬼。

ハコスカ廣場 みんなの写真帳 ~ 只今制作中 その82 ~

2017-06-18 12:19:06 | ハコスカ広場 みんなの写真

nabe さんからの投稿です。

『全塗装』
konaki様 こんばんは、チンスポの投稿から1ヶ月以上間が空いてしまいました。
生存確認も含め全塗装しましたので投稿します。(しょぼい内容ですが)


この1ヶ月間の作業は、全塗装に向けた準備⇒全塗装⇒失敗⇒リカバリ-に費やし、
先週やっと全塗装が完了させることができました。


100%の出来ではありませんが、前に進まないので全塗装はこれで完了とし研ぎ出しに入りました。

これはこれで、また研ぎ過ぎて下地が出てしまい部分塗装で誤魔化しが必要になったりし、
ブログ仲間の皆さんは続々と完成されているのに
私のハコスカの完成は何時になるか分かりません。

①全景

ボディ-は、個々の部品の状態で仕上げてから接着しパテ埋め⇒研き⇒部分塗装で仕上げようかと
思っていました。
しかし、部分塗装部の色合わせとクリヤ-のボカシ方が難しそうでしたのでボディ-本体は接着⇒
パテ埋め⇒研き後マスキングして全塗装することにしました。

②左Aピラ-部

左側は、問題のAピラ-の継ぎ目もちゃんと埋まり
且つ、ウィンドウとAピラ-の隙間も段が無く上手くいきました。

③左Cピラ-部

こちら側の分割線は、何度もサフ⇒研きをしましたが時間が経つと「じわっと」浮き出てきて消えま
せん。右側は、問題が無かったのでで原因が分かりません。
一週間ほどほっておき良さそうなのでこれでダメならしょうがないと言い聞かせ塗りました。
今のところは問題なさそうです。

④右Aピラ-

こちらも曲者で、左Cピラ-と同じで何度やっても分割線が消えませんでした。
写真では分かり難いですけど光の角度を変えると見えますがあきらめて塗りました。
加えて、こちら側は天井から生えているAピラ-とプラのピラ-に段差が出来、ウインドウの隙間が
大きくなってしまいました。

⑤右Cピラ-部

こちらは、分割線は出ず問題なく進みました。なぜかなあ~。

⑥右リフェンダ-、⑦左フェンダ-分割部



ここは、ブログ仲間の皆さんも苦労されていました「ライン」出しが難しく上手く出せたのかどうか
分かりませんが、分割線が出てこなかったのでOKとします。

⑧リヤフェンダ-とサイドピラ-の隙間埋め具合です。


⑨左フロントフェンダ-磨き



左フロントフェンダ-だけ色の確認の為、コンパウンド(粗目⇒細目⇒仕上げ)で磨きました。
ブリスはまだ塗っていません。写真では「ツルピカ」に見えるんですけど、光をかざすと魚の鱗みたい
な細かなうねりがあります。
Mic Ashさんが使ってみえる「トレカット」で研けば無くなるんでしょうか?

ちなみに、今回はタミヤの#1000、#1500、#2000のスポンジペーパ-+バフレックス#3000
で研いています。

ちなみに、前下側の3個の穴はチンスポ取りつけ用で中々位置が決まらず何度も失敗したためです。
でも、チンスポで隠れるので問題はありません。

⑩オーバ-フェンダ-リベット



ここもディテ-ルアップポイントとしてどうしようか考えていました。
ネットを見ると実車の純正は「穴付きリベット+ワッシャ-」で止めてあるようです。

そこで、ストックしているパ-ツにあった写真のエッティングの小径ワッシャ-とφ1mmの穴付き
リベットを使おうと思っています。

参考になれば幸いです。

※ここは皆さんから送って頂いた写真をご紹介する頁ですが、掲載にあたりその責任はkonaki。が有します。
※無断転載はご遠慮下さい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [ハコスカのレストア日記] ... | トップ | [グロッサー] 速報! 先行販... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
> nabe さん (konaki。)
2017-06-18 12:29:38
投稿頂きありがとうございます。

マスキングを施してのボディ塗装は実車さながらですね。

また磨き上げられたフェンダーの光沢も良い感じだなぁと。。。

nabe さんよりさらに遅れているkonaki。ですが、
投稿頂いた写真を励みに頑張ります!o(^-^)o
綺麗に仕上がりましたね (MA6800)
2017-06-18 17:38:49
綺麗に仕上がりましたね。

本当に手間の掛かる模型でしたね。
こちらの記事では塗装の終了ですが、日にち的にはもう研きも終わって完成間近でしょうか。
最終組み上げでは、散らかってたパーツも片付いていきますので、二度楽しめる感じです。
完成してしまうとやる事無くなっちゃいますので、思いっきり楽しんで組み上げて下さいね。
おみごと! (Mic Ash)
2017-06-18 23:31:41
処理が上手いなぁ。。。(^^;
私なんかAピラーは削りすぎて平面に。。。(笑)
ここは細いしガラス面に接してるので中々曲面にするのがしんどいはず。

フェンダーの色は全然気にならないレベルなのでは??と思うのですが、作成者ならではの悩みでしょうね。(笑) よーく分ります。(笑)
nabeさんのことですからスポンジやすりでも全体が斑にならず真っ白になるまで研いでると思われますので違うんじゃないのかなぁ。。
スポンジやすりで上手く研げなくてても、バフレックスを掛けた段階で全体的に白くなってれば平滑化されてると思うんですがねぇ。。。(^^;
でも、これだけ綺麗に研げてれば十分だと思いますよ。。。 
Unknown (nori)
2017-06-18 23:51:46
結果良ければすべてよしで、素晴らしいです!
パテの痩せは整形のタイミングが早いのではないでしょうか。
変な表現ですが完全に硬化、痩せを待ってから整形すると良いように思います。
塗料との相性かも知れませんが綺麗に仕上がってますのでOK~ですね。

コメントありがとうございます (nabe)
2017-06-19 21:41:08
konakiさん、
掲載ありがとうございます。
そうでしたね。Konakiさんの方が私より遅れていたんですね。
でも、あのリヤフェンダーの処理方法は思いつきませんでした。
皆と違うアプロ-チでの製作、最初は苦労するんでしょうが、最終的には楽に且つ綺麗に仕上がりそうで興味深く拝見させていただいています。
磨きが完了したらまた投稿しますので宜しくお願いします。

MA6800さん、Mic Ashさん、noriさん
これからの製作にとても励みになるコメントありがとうございます。
一番気にしていた分割線消し⇒マスキング⇒全塗装の山場を越えましたので、これからは楽しくやれそうです。
皆さんよりだいぶ遅れていますが、完成しちゃうと『抜け殻』のようになりそうなのでこれからもゆっくり楽しみながら進め投稿させていただきます。

私の研ぎは、Mic Ashさんのコメ通り『真っ白』になるまで研ぎだします。だから、良く下地まで研いでしまうことがあるので、中研ぎ(斑の状態で止め)してからクリヤ-⇒仕上げ研ぎの工程を踏んでいます。

 昨日、恐る恐るボディ-のマスキングを剥がしました。塗料の室内への回り込みも無く、ウインドウの曇りなども無かったのでそこは一安心しました。
ただ、左のCピラ-の『S』バッジのマスキング部を剥がす時、塗装が厚く切り込みを入れ気をつけて剥がしたんですけど少しピラ-部まで剥がれました。
また、先に磨きまで完了させてあったボンネットの裏側もマスキングを剥がしたときに一部持ってかれてしまいました。詰めが甘いです。
これからその2箇所の修正に入ります。中々思い通り行かないです。

コメントを投稿

ハコスカ広場 みんなの写真」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL