konaki。

五十路の天邪鬼。

[デロリアン] 第24号「エンジンにベルトを設置する」 

2017-07-23 17:19:17 | デアゴスティーニ デロリアン


組み立てたいトルは「ベルトを設置する」ですが、主な組み立ては「プーリー」の取り付けです。

4箇所に取り付けるプーリーは9パーツ構成。まずはA、B、C・・・の順番に並べます。


間違いのないように裏側も確認します。


まずはCを所定の位置に置いてみます。


そこに合わせるBは、きれいな面を表側にします。


が、その前にCの接着面に瞬着を少量塗布します。


Bを併せて1分間圧着します。


続いてAを合わせます。


今度はAの接着面に瞬着を少量塗布します。


1分間圧着します。


こうして出来たプーリー、実車でもこうした一体パーツです。


同様にしてDを合わせて、


Eの向きに注意して合わせます。


瞬着はDの接着面に少量と伏します。


1分間圧着します。


2個目のプーリー完成。


3個目は特徴的な形をしているFを合わせます。


ここにはGを合わせます。


Gの接着面に瞬着を少量塗布します。


1分間圧着します。


3個目の完成。


最後はHとIを合わせます。


Iの接着面に瞬着を少量塗布します。


1分間圧着します。

これで4個のプーリーが完成しました。

1箇所だけネジAMを使用するので、慎重にねじ山をつくっていきます。

と、ここで止まってしまいましたが、プーリーの取り付けには支障ないので良しとします。

プーリーを取り付けますが、ネジの締め加減はプーリーが軽く回る程度にしておきます。


念のため、ネジAPの箇所も予めねじ山をつくっておきます。


プーリーは軽く回る程度に取り付けます。


オルタネーターのところはファンの一部がステーに干渉しています。


なのでステーをやすりが消して、ついでに形を整えます。


シルバーの塗装をして取り付け、プーリーが軽く回る事を確認します。


3箇所のプーリーを取り付けたところで、輪ゴム・・・
いやいや、ベルトをねじれが出来ないように取り付けます。


一本目のベルト装着。


4個目のプーリーを取り付けます。


ベルトを装着して今号の完成です。


1箇所のプーリーを回転させると、連動して他のプーリーも回転します。


グロッサーのエンジンみたいに小型モーターを仕込んで動かしても良いのですが、
ラジエターのファンが回ってくれないと地味なので今回は我慢(?)することにします。(;^^)..


さぁ、第25号は7月25日() 発売、
組み立てタイトルは「エキゾーストパイプを組み立てる」です!


konaki

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [ハコスカ] 第112号「クランク... | トップ | ハコスカ廣場 みんなの写真... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
konaki。さん (マリアパパ)
2017-07-24 14:13:11
プーリー取り付けも 何も気にせずにって訳には行かないみたいですね?
パーツ確認の意味も有りまからもう一度息子に言って それでもやらないならエンジンを作ろうかなと
次号ではシャシーにエンジンを取り付けるみたいですから やはりエンジンは形にしておいた方が良いと思います
konaki。さん (マリアパパ)
2017-07-28 03:02:34
私達が楽しみにしてたのに休刊となってしまったグロッサーのHPが閉鎖になってしまいましたね
悲しいですね
でも コスモスポーツの様に復活を願い 神に祈りましょう
きっと バージョンアップして再登場しますよね?
きっと!
> マリアパパ さん (konaki。)
2017-07-28 12:44:36
( ゚Д゚; )

あまりのショックに言葉が・・・。

折れちゃダメだ・・・ 折れちゃダメだ・・・ 折れちゃダメだ・・・

コメントを投稿

デアゴスティーニ デロリアン」カテゴリの最新記事