コナのシネマ・ホリデー

映画やイベントの感想などなどを・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ツーリスト』 楽しく見るための条件を考えてみました

2011年03月09日 | わくわくした映画

原題:THE TOURIST(G)
2010年・アメリカ(103分)
               
製作:グレアム・キング
監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
脚本:ジュリアン・フェロウズ
出演:ジョニー・デップ、アンジェリーナ・ジョリー、ポール・ベタニー ほか

 

鑑賞日:2011年3月8日 (新百合ヶ丘)

鑑賞前の期待度:★★★☆

「さぁ、今週末には『ツーリスト』も公開だし、さて、何を観に行こうかな。
 『英国王のスピーチ』は、アカデミー賞効果で混んでるだろうし、
 スピルバーグとコーエン兄弟のコラボ『トゥルー・グリット』はまだだし、
 ’10カンヌ国際映画祭パルムドール授賞、
 ティム・バートン推薦の『ブンミおじさんの森』かな。
 いやいや、ここは驚異の低予算ゾンビ映画『コリン』でも。
 いや、やっぱり、『アメージング・グレース』とか、
 『ショパン 愛と哀しみの旋律』か?
 う〜ん、迷うなぁ。」などと、
節操もなくあれこれと手元にあるチラシを見比べていたら、
「・・・???なんだ、どういうことだ?」


去年手に入れた『ツーリスト』のチラシでは、
公開日が3月11日になっているのに、
新しいチラシのほうでは、公開日が3月5日となっている。

「なんと!!もう公開してんじゃ〜ん!
というわけで、よく考えもせず、慌てて観に行ってしまいました。

果たして・・・。


アンジェリーナ・ジョリーは、
『ウォンテッド』『ソルト』と、人間離れしたド派手アクションが続き、
ジョニー・デップは、
『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ、『アリス・イン・ワンダーランド』と、ばっちりメイク系の浮世離れした役柄続きでしたが、
今回のふたりは、人間離れでも浮世離れでもなく、
生身の、どちらかといえばお芝居が見せ所の役柄でした。

感想を一言でいえば、面白かったし、楽しめた。
謎の裏側にある本当のラブロマンスも悪くない。

でも、しかし・・・、
せっかくこのふたりが共演し、それなりの予算が組めるなら、
もっともっと意表をつく面白い作品が作れたような気もするのだが、
高望みし過ぎだろうか?

このストーリーなら、
逆にふたりの共演じゃないほうが、
面白さの際立った作品になった気がする。


以下は、参考までに・・・

この作品を楽しく観るための条件

・これはデート映画だと心得る。
・これはロマンチック・ミステリーなんだと肝に銘じる。
・自分もヴェネチアのツーリスト気分になって観る。
・A・ジョリーとJ・デップが同じスクリーンの中にいることに酔いしれる。
・白塗りしていないジョニー・デップの顔に見惚れ続ける。
・A・ジョリー
が着る衣装デザインに注目する。
・クスクスと笑えるところは、遠慮せずクスクスと笑う。
・映画の内容より、隣にいるカレシorカノジョとのラブラブ気分に浸る。
・過度の期待をしない。

 

この作品が楽しく観られなくなる場合と、その際の対処法

“世界が夢見た豪華共演”という触れ込みに期待感を抱いてしまっている場合。
対処法:いますぐ、J・デップとA・ジョリーという大スターがいることを忘れる。

両隣ともカップルに挟まれた座席に、ひとりで座ってしまった場合。
対処法:グループデートで一緒に来ているんだと思い込む。

どうしても謎解きにこだわって観てしまう場合。
対処法:ティモシー・ダルトンの命令に従う。

高速鉄道の食堂車内にも関わらず、グラスの中のワインが揺れていないことに気づいた場合。
対処法:見なかったことにする。

J・デップの芝居を見ているうちに、早い段階でフランクの正体に気づいてしまった場合。
対処法:そんなはずはないと、最後まで自分を騙し通す。

屋根の上を逃げるJ・デップが、どうしてもジャック・スパロウに見えてしまう場合。
対処法:目薬をさす。もしくはファンサービスだと受け止める。

アンジーの露出に期待してしまっている場合。
対処法:観終ってから、『GIA』のDVDでも借りて、若かりしアンジーを堪能する。

ふたりのベッドシーンがあるのかも?と期待している場合。
対処法:勝手に妄想して満足する。


観終っての満足感:★★★★★
デップの演技力:★★★★★★★★★★★★
アンジーの魅力:★★★★★★★★★
ヴェネチアの魅力:★★★★★★★★★★★★★
監督の名前が長過ぎて覚えられない:★★★★★★★★★★★★★★★★★

鑑賞後の総合評価:★★★

                        

を解くを握るのは、
 彼女か?
 それともか?”

ミステリーファンには、
この宣伝コピーは余計だったかも。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『第83回アカデミー賞』が決定... | トップ | 近所の桜が咲きました »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (まさみ)
2011-03-17 20:50:16
ははは!
素晴らしい評価!
ひたすら笑っています。
さすがMr.コナ。

基本映画は一人で観るので
カップルに挟まれたら
グループデートに来ていると思い込みます。


笑っていただけて良かったです。 (コナ)
2011-03-22 16:39:36
ちょっとばかり勢い込んで、この作品を観てしまったので、
肩透かしをくらったような印象を持ってしまいました。
豪華共演が謳い文句の作品に、やはり期待しすぎは禁物ですね。

軽〜い気持ちで観たほうが楽しめる気がしました。

こんにちは。 (みぃみ)
2011-03-24 11:57:19
拝見しながら、クスッと笑わせていただきました(^^)。

映画への冷たい感想に「?」と少しばかり思っていた私ですが、謎が解けました!。

私には「この作品を楽しく観るための条件」は、鑑賞前にしっかり備わっていて、ジョニデがジャック・スパロウに見えてもフランクなのだと自分を騙し通していたようです。

で、ベネチアの美しい景色と船の街ならではのゆた〜な展開と甘々ラブストーリー楽しんできました。

おそらく超色っぽいセレブ感満載のアンジーと普通の男姿が珍しいジョニデだから!だったのだとは思いますが。。。

実は、、、けっこうこの作品ののんびり感、好きだったりします。。。
コメント&TBありがとうございます。 (コナ)
2011-03-25 15:49:37
>みぃみさん。
コメント&TBありがとうございます。

アンジーとジョニデの共演!
もう、それだけで十分OK!!
誰もが見たがる共演なんだから。
ストーリーだって良かったし、
舞台は水の都ヴェネチアだし。

でも、ぼくのような欲張りな観客は、
「このふたりなら、きっと1+1=2以上のものを見せてくれるのでは・・・」と、ついつい期待しちゃうんですよね。
「1+1=3、いや1+1=5になる奇跡を見せてくれるかもしれない!?」と。
そんなことはありえないのだけど。

結果的には、1+1=2以上だったと思うし、素直に観れば充分満足できる作品なんですけどネ。

しかも、欲張りなぼくは、
「できるなら、もう一度ふたりの共演が見たい。それも、リメイク作品ではなく、ふたりのために書かれたオリジナル脚本での共演を見てみたい。」とも、思ったりしちゃうのです。


TB有難うございました (シムウナ)
2011-04-17 18:12:05
豪華スターの競演、そしてベニス。
町並み、高級ホテル、衣装、食事など
観光旅行気分に二人のスターが
ガイドをしている気分でした。
どんでん返しは、驚きは
しなかったのですが…まぁ、二人の
競演が実現しただけも、喜ぶ
べきでしょうか。
こちらこそ (コナ)
2011-04-25 10:55:00
>シムウナさん
こちらこそ、コメント&TB有難うございました。
この作品は、ふたりの共演が実現しただけで、いいんだと思います。
舞台もヴェネチアだし、ロマンチックに浸ればグッドでしょう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画「ツーリスト」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ツーリスト」観に行ってきました。 ハリウッドのトップスターである、ジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーが初共演するということで話題を集めた、2005年公開のフランス映画「アントニー・ジマー」のリメイク作品です。 この作品序盤の舞台はフランス...
ツーリスト (映画的・絵画的・音楽的)
 『ツーリスト』をヒューマントラストシネマ渋谷で見てきました。 (1)今を時めく『ソルト』のアンジェリーナ・ジョリーが、これまた人気では引けをとらない『パブリック・エネミーズ』のジョニー・デップと共演する映画で、あまつさえ舞台がヴェニスとくれば、もうそれ....
ツーリスト (だらだら無気力ブログ)
アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップの豪華競演が実現した ロマンティック・ミステリー。 05年のフランス映画「アントニー・ジマー」をリメイク。 イタリアで妖艶な美女と出逢ったアメリカ人旅行者が、謎めいた彼女に翻弄 されるがまま恐ろしい陰謀へと巻き込...
映画:「ツーリスト」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成23年3月18日(金)。 映画:「ツーリスト」。 「善き人のためのソナタ」で、2006年度:アカデミー賞外国語映画賞を受賞したドイツ人、フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク氏の監督作品。 【監  督】 フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナー...
『ツーリスト』 (京の昼寝〜♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ツーリスト」□監督 フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク □脚本 ジュリアン・フェロウズ □キャスト ジョニー・デップ、アンジェリーナ・ジョリー、ポール・ベタニー■鑑賞日 3月21日(月)■劇場 チネチッ...
No.247 ツーリスト (気ままな映画生活)
【ストーリー】 アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップが初共演を果たしたミステリードラマ。「善き人のためのソナタ」のドイツ人監督フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナー ...
「ツーリスト」 サスペンスなのにのんびりまったり (はらやんの映画徒然草)
ジョニー・デップ、アンジェリーナ・ジョリーという当世きってのハリウッドスター二枚
映画『ツーリスト』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-22.ツーリスト■原題:The Tourist■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:103分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:3月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,000円 スタッフ・キャスト(役名)□監督・脚色:フロリアン・ヘンケル・フォ...