コナのシネマ・ホリデー

映画やイベントの感想などなどを・・・。

『ソーシャル・ネットワーク』 アカデミー賞確定か!?

2011年01月19日 | ビックリ!だった映画

原題:THE SOCIAL NETWAORK    (PG-12)
2010年・アメリカ(120分)
               
原作:ベン・メズリック
監督:デヴィッド・フィンチャー
脚本:アーロン・ソーキン
音楽:トレント・レズナー
出演:ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド 、
       ジャスティン・ティンバーレイク、アーミー・ハマー、マックス・ミンゲラ ほか


鑑賞日:2011年1月18日 (新百合ヶ丘)

鑑賞前の期待度:★★★☆


ブログはやっているけど、IT関連の話には疎いです。

プログラミングしたことなど一度もないし、
アルゴリズムよりバイオリズムのほうが耳に馴染んでるし、
SQLだ、ACLだ、SNSだ、NHKだと、なんだかんだ言われても・・・。
クラウド・コンピューティングに至っては、まさに雲を掴むような話。

Facebookの文字はネットで見かけるけれど、
やっぱりピンと来ない。

それなのに、この映画を観たのは、アカデミー賞有力候補だから。

1月16日(アメリカ時間)に発表されたゴールデングローブ賞では、
作品賞、監督賞、脚本賞、作曲賞の4冠を獲得。
俄然、アカデミー賞が匂って来ました。

そんなわけで、作品をチェックしに劇場へ。
はたして、ぼくに分かるのか・・・。

 

文句なし!アカデミー作品賞、確定!!
・・・と、言っておきましょう。

面白かったぁ!

デヴィッド・フィンチャー、今度こそ監督賞獲得か?


冒頭は、
ハーバード大の学生マーク・ザッカーバーグと、
ガールフレンドのエリカの会話シーン。
論点だけを語るザッカーバーグ。
そこには、恋愛の情緒などない。
まるで高性能のアンドロイドが喋っているようだ。
次第に目が冷たくなっていくエリカ。
そして、当然破局。
19歳の大学生にして未熟な青年は、あっけなくふられてしまう。

この9分間に及ぶ冒頭のシーンで、
主人公がどんな人間かを、観客は否応無く知ると同時に、
Facebook誕生の原動力が何だったのかを後で知ることになる。
(ちなみに、完ぺき主義者の監督は、このシーンに99テイクも費やしたのだとか。)

エリカへの腹いせというネガティブな動機で浮かんだアイディアが「フェースマッシュ」となり、
大学からは警告を受け、学生からは非難が集中。
その汚名返上のためのアイディアがやがて「Facebook」となり、
ハーバード大学からアイビー・リーグへ、さらに世界へと広がりを加速していく。
学生寮の一室から始まったサクセス・ストーリーとしての展開には、
知的興奮を掻き立てられる。

親友エドゥアルド以外、登場人物の多くに共感は持てないが、
それでも、最後まで見入ってしまったのは、
やはり脚本の上手さだろうか。

あるいは効果的に挿入され、無意識のうちに乗せられている音楽のせいだろうか。

もちろん、D・フィンチャー監督の手腕抜きには語れないだろう。

訴訟の話し合いシーンを、フラッシュ・フォワードとして挟むことで、
ザッカーバーグのターニング・ポイントを明確にし、
彼が何をし、何を手に入れ、何を失っていったのかが、はっきりと見えてくる。

ハーバード大学の超エリート意識と階級社会。
ネット社会とプライバシー。
知的財産権。
ITビジネスと投資家。
巨万の富。

この作品でも様々な背景が描かれているが、
結局、語られているのは人間ドラマであり、
監督は、印象的なラストシーンを用意して、この映画の幕を閉じる。

 

ヴィクトリア・シークレットの逸話に、「ヘェ~」度:★★★★★★★★★★★★
ビル・ゲイツの登場に拍手度:★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
双子がひとり二役だったことに驚く度:★★★★★★★★★★★★
アカデミー賞獲得するかも度:★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
2004年1月11日に自分は何をしていただろうかと思う度:★★★★★★★★★★★★

鑑賞後の総合評価:

                                     

率直な感想として、完成度の高い作品だと思う。


余談ですが、
FacebookのCEOであり現在26歳のザッカーバーグの資産総額は、
69億ドル(約5720億円)と推定されている。
まだIPO(新規公開株)前なので、本当の総額は分かりませんが、

昨年12月には、ギビング・ブレッジに同意、署名。
資産の過半を慈善団体に寄付することにしたというニュースも。

主役を演じたジェシー・アイゼンバーグは、この作品に出演するまで、
Facebookを知らなかったそうだ。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第68回ゴールデン・グローブ賞... | トップ | 『デュー・デート ~出産まであ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ソーシャル・ネットワーク (だらだら無気力ブログ)
ベン・メズリックのベストセラー・ノンフィクションを基に、誕生から わずか数年で世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)へ と急成長した“facebook”をめぐる創業秘話を『ベンジャミン・バトン  数奇な人生』の鬼才デヴィッド・フィンチャー監督が...
ソーシャル・ネットワーク/ジェシー・アイゼンバーグ (カノンな日々)
劇場予告編で流れるあの音楽にやられてしまいした。好きなんですよねああいう曲調って。もちろん物語も興味深くて、世界最大と言われるソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS ...
ソーシャル・ネットワーク (心のままに映画の風景)
  2003年、秋。 ハーバード大学の学生マーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)は、恋人にフラれた腹いせに、学内のデータベースをハッキングして、女子学生の顔写真を使った人気投票サイ...
「ソーシャル・ネットワーク」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「ソーシャル・ネットワーク」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、アーミー・ハマー、マックス・ミンゲラ、ブレンダ・ソング、ルーニー・マーラ...
「ソーシャル・ネットワーク」 牽引するのは脚本力 (はらやんの映画徒然草)
現在世界最大のSNSへ成長しているフェイスブックのCEOマーク・ザッカーバーグを
「ソーシャル・ネットワーク」巨大SNSを創った、孤独な男の物語。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ソーシャル・ネットワーク] ブログ村キーワード  世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)“フェイスブック”の創設者、マーク・ザッカーバーグの半生を描いた本作「ソーシャル・ネットワーク」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。...
譲れなかった想い。『ソーシャル・ネットワーク』 (水曜日のシネマ日記)
世界最大のSNS「Facebook」誕生の裏側を実話に基づき描いた作品です。
ソーシャル・ネットワーク・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
全世界に5億人の会員を持つ、世界最大のソーシャルネットワークサービス“フェイスブック(FACEBOOK)”の誕生を描くノンフィクション。 鬼才デヴィッド・フィンチャーは、ハーバードの学生だったマーク・ザッカ...
ソーシャル・ネットワーク (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)“フェイスブック"創設の裏側を「セブン」「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」のデヴィッド・フィンチャー監督が描 ...
映画:ソーシャルネットワーク Just Brilliant! 2010年はズッカーバーグ & この映画の年! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
先日発表された、TIME誌の「パーソン・オブ・ザ・イヤー」。 その人物は、マーク・ズッカーバーグ。 この「パーソン・オブ・ザ・イヤー」を、デビット・フィンチャーが料理するとどう仕上がるか。 それは一言で説明できる(そんな映画は珍しい) = Just Brilliant!! ...
ソーシャル・ネットワーク (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ソーシャル・ネットワーク '10:米◆原題:THE SOCIAL NETWORK ◆監督:デヴィッド・フィンチャー「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」「ファイト・クラブ」 ◆主演:ジェシー・アイゼン ...
『ソーシャル・ネットワーク』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ソーシャル・ネットワーク」 □監督 デヴィッド・フィンチャー □脚本 アーロン・ソーキン□原作 ベン・メズリック □キャスト ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク■鑑...
ソーシャル・ネットワーク (Akira's VOICE)
成功と孤独は表裏一体。  
ソーシャル・ネットワーク (映画的・絵画的・音楽的)
 すでにグラミー賞の4冠を獲得していて、さらにアカデミー賞の最有力候補ともされていますから、早目に見ておこうと、『ソーシャル・ネットワーク』を吉祥寺のバウス・シアターで見てきました。 (1)この映画はFacebookの創始者であるマーク・ザッカーバッグ氏のことを中...
映画「ソーシャル・ネットワーク」 (itchy1976の日記)
ソーシャル・ネットワーク 映画 - goo 映画 ソーシャル・ネットワーク:作品情報ー映画.com 「ソーシャル・ネットワーク」オフィシャルサイト ソーシャル・ネットワーク@ぴあ映画生活 ソーシャル・ネットワーク (映画)-Wikipedia ○作品データ(映画.com) 原題:The Soci...
No.236 ソーシャル・ネットワーク (気ままな映画生活)
【ストーリー】 世界最大のソーシャルネットワーキングサイト「Facebook」創設者マーク・ザッカーバーグの半生を、鬼才デビッド・フィンチャーが映画化。2003年、ハーバード大学に通う ...
ソーシャル・ネットワーク (The Social Network) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 デヴィッド・フィンチャー 主演 ジェシー・アイゼンバーグ 2010年 アメリカ映画 120分 ドラマ 採点★★★★ いつまでも根に持って虎視眈々と復讐の機会を伺うタイプではないんですが、“機会があれば仕返ししたいリスト”ってのを常に心の奥にしまっている私...