鉄道模型工作記録帳

モデルアイコン・札幌コムモデル情報は下記に移動しました
http://blog.goo.ne.jp/modelicon

T15タンクコンテナ@ホビーモデル

2012-10-30 20:36:03 | HO製作のあれこれ


RIMG0001.JPG
手持ちのホビーモデルのタンクコンテナを作ってみます。

RIMG0002.JPG
一見「高いキットだなぁ・・・」と思う2,100円ですが、5個入っているので割りとお得感はないでしょうか?

RIMG0003.JPG
一個当たりはこのようなキットです。

RIMG0004.JPG
プラモデルに慣れた見た目からは、チョット違和感があるのは「合わせる為にガイドモールドが一切無いこと」でしょう。

RIMG0005.JPG
だから、このように接着剤を塗りつけて

RIMG0006.JPG
えいっ!って接着するだけなんですが、全て一発勝負と言うのがチョット辛いかもしれません。

RIMG0007.JPG
タンク体などの合致度は良好です。

RIMG0008.JPG
ゲートは結構狭いので、ニッパーだけではなくレザーソウなどでカットしたほうが歪みの無い部分があります。

RIMG0009.JPG
あとから整えましょう。

RIMG0010.JPG
全て「一発勝負で」接着することになりますが、組むには合いが悪くないので問題点はあまり無いと言えます。

RIMG0011.JPG
いろいろ削って整える必要はありますけれどもね。

RIMG0012.JPG
ステップを一発接着。

RIMG0013.JPG
排出口はピンバイスで咥えて整えます。

RIMG0014.JPG
はしごも芋ツケです。

RIMG0015.JPG
せめて上辺の継ぎ目を消しましょう。

RIMG0017.JPG
ネット写真から、レタリングを作ります。
このキット、なんとレタリング類が非常に割高で、交通博物館ロゴとは違うものです。
勿体無いですよね。
戸口から戸口へ と 植物油専用 の間にリブがありますね。
これはまぁ、真剣にやるならともかく、今回はやりません。

RIMG0018.JPG

RIMG0019.JPG
戸口の漢字等修正しながら

RIMG0020.JPG
作っちゃいます。

RIMG0021.JPG
印刷。

RIMG0022.JPG
珍しく缶スプレーで簡単にします。

RIMG0023.JPG
HOならごまかしも利きます。
キットの完成図はこの状態です。
つまらないですよね。

RIMG0024.JPG
切り出して・・・

RIMG0025.JPG
ソフター使っていきます。

RIMG0026.JPG
最後に艶ありのクリアでテラテラにしました。
実物はずいぶんくたびれた姿のようですけれどもね。

RIMG0027.JPG
遊びですから、番号も交通博物館仕様で。
あ、積載表記板は適当にプラ板で作って取り付けました。

このモデルは実際は結構簡略化されており、セミフリーとしてみておいたほうが良いと思います。
実際のT15とは架台の足が3本のところ2本とか、フレーム構造にも違いが無いわけでもありません。
T10などの要素や、私有コンテナの要素もたぶんに含まれており、お気楽にいろいろなカラーで楽しむのが良いキットと思います。

タンク貨車の超専門家ではない限り、こうして塗装してみれば、誰が見ても国鉄タンクコンテナに見えるので良しとしましょう。


    ↑
これ一個だけでもちょっとだけ。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全日本模型ホビーショー | トップ | T15タンクコンテナ@ホビーモ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

HO製作のあれこれ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。