鉄道模型工作記録帳

6年目で何故か模型店をやることになった田舎モデラーのブログ。
工作記は春頃再開の予定。
暫くはお店情報中心。

新規製品情報

2015-12-18 13:12:00 | 模型工作雑ネタ日誌

12月26日大宮・埼玉鉄道フェスタ会場にて発売予定
ワンマイル社共同企画
Nゲージキット 
京成青電フレキシブルキット 2両セット 3500税別
※市販版と特約店・直販版で内容が異なります。
※予告名:大栄車両タイプ 製品化許諾の都合で変更となりました。

市販版・・・500型前面と2008型前面
特約・直販版・・・更に600型・250型・2000型・2100型前面追加
         210型タイプ継ぎ側板、700型タイプ継ぎ側板

京成電鉄株式会社製品化許諾申請済


以下来年発売
各社製品化許諾申請中
金型製作中

N貨車塗装済み完成品
西武鉄道ト31糞尿貨車
予価600円
※設計モデルアイコン 発売ワンマイル



N貨車塗装済み完成品
 日本国有鉄道ワ10000型
予価600円
※設計モデルアイコン 発売ワンマイル



HO マニ44塗装済みキット
設計・販売 モデルアイコン
制作協力 ワンマイル
7500円予価
年明け予約受付予定
3月発売予定で金型チェック中





HO塗装済み精密「玩具」
筑豊電鉄3000型
西鉄600型
都電7000型更新

別途鉄道模型使用へのオプションパーツ準備中
このほか複数の路面電車を設計進行中



HO塗装済みキット
日本国有鉄道185系特急電車
詳細未定
動力、その他照明パーツ類を外部メーカーとともに進行中。
ワンマイル社と共同製品





※追記

ツイッターで
「185系の裾の収束が違うじゃないか!」
とご指摘を受けているようなのですが、みなさんの見慣れた愛情の注がれる系列を設計するに当たり、緊張して設計をしておりますので、大変ありがたいことであります。
考えとしては

・国鉄設計曲図面はこのようなラインで設計され骨格を作られている

・骨格上は模型図面のようになるが、実写のパテ表面仕上げが影響する部分もあり、設計図面だけでごり押しするつもりはない部分です

・実際には設計図面は鋼体のものであり、パテ仕上げはぶれが実寸で5mmにも達する部分があること。シルエット部分に智手は大変重要な部分が発生する可能性があること。鉄板重ね溶接指示部分を均さねばならないなどもあり、アレンジする必要のある部分が数箇所以上あることは確かです。

・一次設計なので直接気が付いたことをメール賜れば、真剣に検討いたします。

・個体差で収束が違うものあるようです。パテ差とおもわれ、設計して解釈しているところでは、可能性のある最大半径と最小半径の差は実寸でR半径15mmの差の範囲であるようです。(それ以上だと造形が破綻いたします)

・「設計現象だけごり押し」のつもりはないので、仕上げ多数派を最終的に選ぶつもりで多数のお声が聞こえればと思います。





HO塗装済みキット
日本国有鉄道117系近郊型電車
詳細未定
動力、その他照明パーツ類を外部メーカーとともに進行中。
ワンマイル社と共同製品



このほかにNマニ44、HO貨車2形式(スニ40・チキ6000・あともう一車種)進行中。既に全て図面完成済み。金型待ちです。

在庫状況につきましては

セキ1000 完全品切 恐らく来年夏に再販を考えるところでございます。

セキ8000 在庫僅か  恐らく来年夏に再販を考えるところでございます。

ワキ10000 メーカー倉庫から在庫切れ(店頭に少数) 恐らく来年夏に再販を考えるところでございます。

スニ40 在庫あり

チキ6000 一般卸し向け在庫なし、直販おまけつき版のみ東京倉庫在庫あり  恐らく来年夏に再販を考えるところでございます。

京成青電は12月26日発売予定

以下発売時期は未決定

です。

インレタとデカールにつきましては東京倉庫在庫が一部あるのみで、当社は新規製作をする予定はございません。

他社の対応インレタやデカールをお使いください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こむめの中国日誌1 | トップ | 年末年始の営業のご案内です。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。