津軽三味線 小森高正 民進党 熱海 市議会議員 ブログ

津軽三味線プロ奏者が市議会議員に当選 !今日も明日も全力投球!

平成28年9月定例会が始まります。

2016-08-24 17:02:11 | 政治
熱海市議会の平成28年9月定例会に向けた第1回目の議会運営委員会が、午前10時より熱海市役所第3庁舎内会議室にて行われました。

8月31日から本会議初日となりますが、なぜか9月定例会とよびます。

この日は日程や議事内容について確認がなされました。

また決算に関する特別委員会の設置も予定されており、委員からは特に異義も無く、当局側からの27案件について会派ごとの政調会にて詳しい説明を聴くことになります。

尚、会期は24日間となっています。

9月定例会に向けて質問を考えて行きます!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成28年8月第3回目の西湘地区火曜教室へ。

2016-08-24 03:26:55 | 日記 津軽三味線
昨日の台風9号は通過した各地域に様々な被害をもたらしました。

熱海市でも倒木や大水などがあり、停電した地区もありましたが、幸いにも大災害には至らず、一人の犠牲者も出さずに本当にホッとしています。

我が家でも吊るしていた簾やバイクのカバーなどが吹き飛ばされ、横殴りの暴風雨がサッシの隙間から入り込み雨漏りをした程度で済みました。

過去には雨戸が戸袋ごと吹き飛ばされたこともあり、築45年の木造ともなると、それなりに傷みが生じてきますが、古い昔気質の木造建ては施工が良いのか、頑固に佇んでおります。

さて、神奈川県にある火曜教室までには車道脇には倒木や枝などゴミもが散乱しており、台風の通過した跡が判ります。


門下生達の自宅もさほどの被害も無く安心致しました。

今年は台風が少なく、その分秋にまとまって発生するのでは? と不安もあるのですが、何事も無いことを祈ります。

さて、この日の指導曲は、津軽あいや節陰律字余り、津軽じょんから中節、津軽よされ節、六段、鯵ヶ沢甚句、津軽じょんから新節です。

津軽三味線小森会・西湘地区火曜教室では生徒を募集しています。

お問い合わせ先は、090ー8139ー1413 小森までお願い致します!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中野町内会・津波対策協議会1組、2組への会合

2016-08-23 03:24:45 | 政治
中野町内会の津波対策協議会にて津波の被害が予想される1組、2組にお住まいの世帯を対象にこれまでの経過報告ならびに防潮堤建設の高さについて6メートルか6・5メートルのどちらが良いのか1組、2組の出席者による投票が行われました。

もちろん出席者の中にも、都合により出席出来なかった方の中にも、防潮堤建設そのものに反対する方々もおられるとは思いますが、既に中野町内会としての総意として防潮堤建設には賛成者が多く、津波に対する防災対策には防潮堤が何よりだと考えている方が多くおられるのも事実であることから、この日は建設する高さについて統一した意見をまとめ、投票の結果を中野町内会全体の総意とすることが確認されました。

反対者からは7メートル級の津波が発生する確率は非常に低いこと、住居の一階部分からは海の眺めが見えなくなってしまうこと、そのことにより、資産価値が下がり海沿いの土地には観光的事業店舗などが衰退したり、増加することはなく活性化を妨げてしまうことなど、多数の反対意見が出され、確かに国道を走る車からは美しい海原を見ることは出来なさそうであります。

私も2組に住んでいることから投票用紙が配布され投票をしました。

投票用紙には6メートルと6・5メートルのどちらかに○をつけるようになっており、無記名投票の結果6・5メートルが一番多い投票結果となり、この結果を中野町内会の総意として行政に報告し、付帯として様々な要望を二人の議員と一緒に実施することに決まりました。

今月再度、中野町内会・津波対策協議会の役員会を開催し詳しい要望事項の選定をするそうです。

私からはハード面の建設は津波被害が予想される住民の方々には防潮堤は安心のひとつになるとは思いますが、同時にソフト面、例えば急な坂道を高齢者、身障者の方々のためになだらかな坂にしたり、階段に手すりを設置したり、階段をスロープに変えることなども必要とするならばしなければならないことなど私見を言わせて頂きました。

まだまだ私なりの意見はありますが、またの機会にと思います。

これから賛成者、反対者双方のより具体的な意見を尋ねたいと思います!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成28年8月第3回目の西湘地区土曜教室へ。

2016-08-22 16:08:51 | 日記 津軽三味線
ポツポツと時おり小雨が降る中、津軽三味線小森会・西湘地区土曜教室へ向かいました。

大井町での納涼祭出演も無事に終わり、次は毎年恒例の西伊豆戸田(沼津市)の「ゴゼ芸能まつり」に向けた稽古を重点的に指導しました。

このところ9月に開催されており、今年は9月10日に開催されます。(詳しくは戸田観光協会検索)

今年は、津軽民舞を取り入れ華やかな舞台にしたいと思っています。

津軽民謡と言うと、津軽三味線が一番に思われますが、実は唄や舞踊もしっかりと伝承されており、三味線は唄や舞踊の脇に構える地方であり、本来は舞台の真ん中ではなく、唄や舞踊の引き立て役なのであります。

高橋竹山師など津軽三味線がメディアに取り上げられ逆転現象となっております。

今回は、素晴らしい津軽民舞を観て頂きたいと名門の尾原家流の尾原家万次郎女宗家と一門の皆さんに出演して頂きます!

息子も踊らせて頂きますので、ぜひ応援をお願い致します。

この日の指導曲は、淡海節、おてもやん、津軽じょんから旧節、津軽じょんから新節、津軽三下り、六段です。

津軽三味線小森会・西湘地区土曜教室(南足柄市民文化会館)では生徒を募集しています。

お問い合わせ先は、090ー8139ー1413 小森までお願い致します。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成28年第3回目の稲取稽古へ。

2016-08-22 11:00:16 | 日記 津軽三味線
朝から無風の暑い日ですが、所々の渋滞に巻き込まれながら、何とか到着しました。

今月第3回目の稲取での稽古となりました。

予め生徒さんがエアコンを入れておいてくれているので、外から汗を流して部屋に入ると涼しさにホッとします。

しかし、10分ほど楽器を演奏しただけで額から汗が流れて来ます。

この時期はタオルが必需品となります。

場合によっては着替えの一式も用意しています。

六段、津軽じょんから新節の2曲を指導しました。   

小森高正の三味線、唄、太鼓の指導は、随時受付中です。

お問い合わせ先は、090ー8139ー1413 小森まで。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加