古森病院@福岡市博多区

ベイサイドプレイスの近所にある博多区対馬小路の長期滞在型病院です。病院の紹介や医療情報の発信を目的としています。

居宅介護事業所と介護療養型医療施設のコラボレーション

2017-07-11 11:00:05 | 日記
古森病院@福岡市博多区です。


昨今は医療も介護も充実させることは難しく、どの施設でも
サービス内容が 介護にやや偏っているか 医療にやや偏っているか 
いずれかというところが多いです。

当院も例外ではなく、入院されてこられる方々の基礎疾患の重症化が近年進んでおり
認知症が軽度の方のお相手は 職員あるいは2年前から月1~2回の
ペースで来てくださっている傾聴ボランティアの方々、あるいは
患者様のご家族様で、入院患者様同士のコミュニケーションは難しい状況です。

当院でもレクレーションは行ってはいますが、年に4~5回ほどで
意識のある方を対象に 近隣に桜見やどんたくにお連れしたり
前述の記事のように 山笠をお見せしたり、外部ボランティアの演芸の方に
来ていただいたり というのが精いっぱいの状況です。

院外への散歩をもっと頻繁に
希望される方は 自費で外部のサービスを利用することは可能ということは 入院患者様のご家族様には申し上げていますが、
出費が増える(一回につき一時間2000~3000円くらい)ことや
入院患者さんで意識があって認識が可能な方が少ないこともあり、
利用希望者は今までおられませんでした。

前振りが長すぎますが(笑)

入院患者さんでお一人だけ 外部の居宅介護事業所さんにお願いして
外出支援をしていただいている方がおられますので、ご紹介します。

この方は ご家族様はおられせん。
ただ意識ははっきりしておられ、意思表示もおおむね問題なくできられます。
金銭管理を当院にて行っている方で、ご本人に
院外外出を希望されるかお伺いしたところ
「行きたい」とのことで、某居宅介護事業所に
自費サービスをお願いし、
月一回(一時間)の外出支援が始まりました。

天候などで直前キャンセルが難しいのが難ですが、
車いす移乗は当院職員も手伝い、外部サービス一人介助で
外出そのものは喜んでおられるように聞いております。
冬が問題ですが・・・。

昨日に引き続き、当院の試みをご紹介いたしました。


「通所介護等における日常生活に要する費用の取扱いについて」
(平成12年3月30日老企第54号厚生省老人保健福祉局企画課長通知)

https://www.pref.miyagi.jp/uploaded/attachment/353279.pdf



http://komori-hp.cloud-line.com/




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 流れ舁き | トップ | heatstroke (熱中症) »
最近の画像もっと見る

あわせて読む