古森病院@福岡市博多区

ベイサイドプレイスの近所にある博多区対馬小路の長期滞在型病院です。病院の紹介や医療情報の発信を目的としています。

熱傷治療(湿潤療法)

2017-04-21 12:50:12 | 日記
古森病院@福岡市博多区です。

さて、管理人は以前から
夏井睦先生ご推奨の湿潤療法に興味を持ち
管理人や管理人の家族が熱傷を負った際に
ハイドロコロイドを貼って 悉く治しておりました。

過去2名ほど、外来で熱傷患者さんが来られ、
1名は旅行者(乳児 当院近隣で食事中 手の甲にお湯をくぐったお玉が当たったとのこと 受傷直後)であったので
ハイドロコロイド材を貼って(熱傷跡が痛くて号泣していましたが、貼って5分後にはニコニコでした)、帰宅後に皮膚科を受診するよう話し
その後は不明ですが、もう1名は引き続き経過を追えた方でしたので、
今更ながら了承をとって 経過を報告します。

調理中に起こり、Ⅱ度の熱傷(浅達性と深達性が混在)
でした。体表面積の1%ほどの熱傷で、
この方も受傷直後の受診でした。

火傷の痛みに苦しんでいましたが、
ハイドロコロイド製材を貼ってすぐ、
鎮痛に成功しました。感染予防に
内服抗生剤(賛否ありますが)開始しました。

受傷2日目は、浸出液で製剤がパンパンでした。
ハイドロコロイドを受傷後すぐに貼ったためか 水泡形成なし。
吸収機能の高い製材に張り替えました。 
浸出液が多く 製材が1日しか持たないので
2日目と3日目に 付け替えしました。

浸出液は受傷4日目から減少傾向。綺麗に肉芽が発達。

受傷6日目に 当院に月二回来られている皮膚科医師の
チェックを受け、
お金にモノを言わせて(笑)
プロスタンディン軟膏塗布と、
フィブラストスプレー(薬代が高価(目薬ほどの量の
スプレー1本 1万円ほど)になります。
使わなくても治りますが、時間短縮のため)を開始。
湿潤療法を継続。

受傷13日目。速やかに上皮化に成功しました。

色素沈着の改善は年単位でかかりますが、
年々薄くなっていきます。

当院は皮膚科ではありませんが、湿潤療法を行っている
病院です。(とりあえず黒目のみ)

宣伝まで(笑)。

http://komori-hp.cloud-line.com/


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハリソン内科学 | トップ | 臨床研究法 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む