ホントの気持ち

誰にも教えていない秘密のブログで、ホントの気持ちを記します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

長所しか見ない サンクスカード制度

2010-01-12 15:42:49 | 心に残ったことば
【サンクスカードと長所伸展】

 長所伸展のレベルには4つの段階あるといわれています。

1)最低のレベル・・・短所しか見えず短所を指摘する

2)第2のレベル・・・短所と長所と両方見えて、短所を指摘する

3)第3のレベル・・・長所と短所の両方見えて、長所を指摘・伸展できる

4)最高のレベル・・・長所しか見えない。長所を指摘・伸展する


 重要なことは、このレベルは後天的に高めることができるということです。

組織的に長所伸展レベルを高めて、3)4)のレベルに構成員皆がなれば、
社員満足度が高く、かつ生産性が非常に高い集団が出来上がると思います。

 その具体的手法としてサンクスカード制度は適切なものだと思います。

サンクスカードとは、手持ちのカードを使って、
感謝の気持ちを書面に表して、社内で交換・流通させるという制度です。

 口頭で言いにくいことも、書面だと書きやすいものです。

そして書面で慣れると、口でも言いやすくなるのです。

そして本人同士だけでなく、書面を公表することによって、
他者にも良い影響を与えられます。

 感謝の意を表明するには、相手の長所を見つけなければなりません。

ありがとうということは相手の長所を見ることと表裏一体なのです。

しかもサンクスカードは、短所を対象にしていないのです。

ここが重要な点です。

サンクスカードは、短所は見ない訓練を自然に積むことにも繋がるのです。

それは相互作用によってより加速するはずです。

 「長所しか見えない」というレベルに、
人間が到達するのは想像しにくいかも知れません。

しかし、それに近づけることは、サンクスカード制度を実践すると、
すぐに実感できると思います。

「日刊ライスレポート」より

***** ***** ***** 

手帳に毎日、ありがとうカードのつもりで、記していこう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 充実の一日 | トップ | 信じること 忍耐・努力・英... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

心に残ったことば」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事