こもれびの日記

趣味の山歩きを中心に日々の暮らしをつづります。コメントは管理人の判断で削除する場合があります。ご了承下さい。

紫野和久傳の彩菜肴(さいさいこう)

2017-03-20 | 食べ物
三越で予約する時に、ご飯はついてませんからと念押しされた彩菜肴。
それでも昨日受け取りに行って渡された包みを見てちょっとびっくり。あまりに小さくて・・これが二人分??
税込2916円なり。

ぎゅっとなって食べにくいし、このまま食べてはつまらないと思い、お皿に盛りつけました。

全部一口サイズ。京都のお弁当は舞妓さんがおちょぼ口で食べやすいように作られているとか。

お盆に乗せるためちょっとお皿を変えたりして・・・

クレソン椎茸鮭ごま和え、あんぺい黄金焼き、厚焼き玉子、蓬麩木の芽味噌田楽、蓬麩ふきのとう味噌田楽、一寸豆、新じゃがコロッケカマンベールチーズ、酢取茗荷、牛肉松風、鶏松風、干し貝柱くるみ。
どれも手が込んでますが一つ、春キャベツと油揚げスナップエンドウ七味、というのが普段のおかずっぽくて残念。

日本酒ですよね、ここは。

瀬祭、おいしかった~全然つんと来ないし、優しい感じだった~
作り置きの大根と細天の煮物をプラスして、最後おはぎで締めました。ちょうどよかったよ~
両親を偲びつつ、いいお彼岸の夜になりました。
『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ぼた餅をお供え~@高松 | トップ | 善通寺の涅槃桜と堅パン@香川 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL