こもれび徒然日記

ごはんと、ごはんと、家づくりの記録

ひとりごと

2017-12-14 | 今日のできごと
223で寛ぐひととき。
最近、平日でもよく仕事帰りにカフェごはんします。
夫が単身赴任だからこそできる贅沢。

……多分、単身赴任してなくても全然問題ないだろうけれど。

クリスマスソングのBGMが流れています🎄
マライアキャリー、ワム…など、私はクリスマスソングが大好き。

もうすぐ年末。
夫の実家への帰省も楽しみ(o^^o)
休み中のわくわくする計画もたくさんあります。
うふふ〜と思う反面、最近すごくすごく疲れ果てている自分もいます。

治療のこと、仕事のこと、人との関わりのこと…。
何でこんなこと起こるんだろうということが次から次へと湧いてきて、たまに貝になりたくなる🐚

沢山の人と関わっていると、自分の常識とかけ離れたものの考え方と多く出会います。
違う考えでも、共感的に受け止めたい…そう思うけれど。。
特に「文面」って難しいなと。

顔を合わせて話すと、言い方とか表情とか、ちょっとしたニュアンスが伝わりやすい。
でも、書かれた言葉って、その言葉そのままです。
雑な字さえも、相手の意思表示の一つに。

相手がどのような気持ちで書いたのかを読み取るには、あまりにも情報に限りがあります。
好意を持っての言葉、悪気なんてない言葉なのかもしれなくても、その方との距離感次第で人を傷つけたり嫌な思いにさせたり…そういうことだってたくさんある。

仕事だから、忍耐も必要。
忍耐も含めて、仕事。

私は子どものころから望んで望んでやっと手に入れた職に就いていますが、時にこのままでいいのだろうか?と悩むことも。
でも、確かなことは、この職業によって未熟な私という人間が研がれていること。

研がれて、磨かれて、少しでもきらっと輝く瞬間があればいいなあ。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ローストビーフをロゼと🍷

2017-12-10 | うちごはん
週末のうちごはん。

お出かけから帰宅したのが15時すぎ。
夕飯までの時間がないので、簡単なメニューにしました。(よく考えるといつも簡単なものだけ…)

メインはローストビーフ。
ケイミートで買った豪州産のローストビーフ用のお肉を使いました。

大好きな「ストウブ生活」さんで紹介されていた、”表面を焼いたら、アルミに包んで100℃のオーブンで50分焼く”という作り方で。
短時間でも、中が絶妙に赤い断面になりました。

ソースは、
肉汁、玉ねぎのみじん切り、しょうが、にんにく、ローズマリー、醤油、みりん、米酢、バター、オイスターソース
をコトコト煮詰めて。
ちょっと和風で、美味しくできました✨

ローストビーフを食べた夫が
「これ、いい和牛で作ったら人に出してもいいんじゃない?」
と。


私だって、ケイミートでホントは和牛買いたかったけど、豪州産の3倍のお値段。
お味もそんなに変わるものかなあと思って。
上手に作れるようになったら、ワンランク上の食材でチャレンジしてみたいです。

この日は、スパークリングのロゼもいただきました。
ピンクいろが綺麗です。

夫はワイン少しにご飯メインにしたいって言うから、おかずも数品。
母の手作りきんぴら、父が漬けた白菜、鮪のしぐれ煮、里芋とほうれん草の味噌汁も準備。
出し巻き卵も上手に出来て、和定食っぽいメニューとなりました。

最近、夕飯後のお楽しみになっていることがあります(o^^o)
それは「いびきラボ」というアプリ。

夫の携帯に入っていて一週間分のいびきを録音してあるんです。
ラボという名前がウケるんですが、本当に研究所のようで、いびきの強弱や種類(夫の場合は”ぐがー”と”すぴー”と”かは〜”)が分析されてグラフで表されます。

「ここが、かは〜の部分だよ」
とか言って再生してくれるんですが、ひたすら、かは〜、かは〜とかしてて、笑いが止まらなくなります。

「笑いごとじゃないよ!オレの脳の悲鳴なんだよ!」
と。

いびきがあると睡眠が浅いっていうし、無呼吸の瞬間もあって、すごく心配しているのは確かです。
お願いだから専門の病院に行って…と、心から心配しているのも確かなことです。

でも、録音されたいびきを聞くと、どうしても笑ってしまう 笑

アプリでは、いびきの種類に合わせた対策法も紹介されているらしく、口が開かないように頭とアゴを固定するベルトを購入した夫。
(アゴベルトをはめた姿もめちゃくちゃ面白かった)

「アゴベルトをはめた時のいびきレポートはどうだった?」
と聞いたら、
「一週間の中で、アゴベルトをはめたときが一番うるさいいびきになった。。」
と言って、
爆音のぐがーを流されたとき、死ぬほど笑いました 笑笑

同じベッドで寝ていますが、夜中に夫のいびきをうるさいと思ったことがない私。
多分、相当眠りが深いみたい。
良いことです(o^^o)

いびきラボは笑いによるストレス発散にはいいけれど、夫には身体のためにちゃんと診てもらいたいなと思っています。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

函南町 irodori

2017-12-10 | 静岡のおいしいお店
いつか行ってみたいと思い続けた、あこがれの店に訪問できました。
函南町にあるirodoriさん。


古民家を改装した素敵な空間は、他の方々がたくさんsnsにアップしています。
私のスマホでは、上手に撮れなくて。。


ランチセットのミートパイを注文。
ドリンクはirodoriブレンド。

チーズがとろりと。パイ生地は焼き直されていて、サクッ。
トマトの酸味も良かった。


陽当たりの気持ち良い窓辺の席だったので、すだれを下げてもらい、画像が全てチェック柄のようになっています…。

夫は、クロックムッシュとアイスティ。



食後は待ちに待ったケーキを💕
ずっと前からそのビジュアルに釘付けになっていたこちらを。

ショートケーキにチョコをかけた商品は、冬季限定なのだそう。
少し柔らかいチョコレートが、苺やクリームとよく合う✨

ケーキも大きいし、生クリームもたっぷり添えられていて、食べたあ!という満足感でいっぱい。

夫はチーズパイ。

中にブラックチェリーも入っていました。
「今までの人生で食べたチーズケーキの中で、三本の指に入る」
とか、えらそうなことを夫が申しておりました。


噂に違わず、空間から食事に至るまでとても高いセンスのお店でした。
ちょっと遠出してもまた味わいにいきたいな。

帰りは、道の駅で野菜を大量に買い込み、ついでに柿田川公園へも寄り道。

遠くにサギを発見。

整備された歩道を小走りし(ケーキのカロリーを少しでも消費しようという悪あがき 笑)美しい湧水群を眺めました。

いい一日(o^^o)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京土産と言いたいこと

2017-12-08 | インテリア・雑貨
先日東京に出かけたときのこと。

行きは高速バスを使いました。
我が家の近くにバス停があるので、とっても便利。
3時間半くらいの道のりですが、コーヒーを持って乗り込み、音楽を聴いたり読書したりしているとあっと言う間です(o^^o)

今回もうきうきしながら乗ったのですが、休日ということで座席は満席。
私の後ろは、6名ほどのおばさまの団体でした。
乗ったときから、その方々の声の大きさにびっくり。

まるで居酒屋かのように、声を張り上げておしゃべりします。
狭い車内、声が響いて響いて…💦
通路をまたいでの会話、
「このお菓子あげるわ〜」
と、バリバリ袋を開けて、(またこの菓子の袋の素材がうるさくて。ドリフか!って、私は心の中でつっこみ入れてました)

1時間半我慢を重ねましたが、残り半分の道中もイライラするのが嫌で、行動に移す決意を。


休憩ポイントのサービスエリアにて。
まず私のお隣の女性に、
「私のイヤホン、音が漏れてうるさくないでしょうか?」
と聞きました。

私自身、おばさまたちの声を耳に入れないように音量を上げて音楽を聴いていました。
人のこと注意する前に、自分は迷惑をかけていないか確認したくて。
その女性は、全く聞こえませんよと感じよく答えてくださいました。

そのやり取りを耳にしたおばさまたち、
「まあ!若い方はえらいわねえ〜〜
私たちみたいな年になると、そんなことまで考えなくなっちゃって!
がははははは!」
と。

私は立ち上がり、
「申し訳ありませんが、声のボリュームを下げていただけますか?」
と1人ひとりの顔を見て言いました。

おばさまたちは、ぽかーんと口を開けて、うなずいてくれました。
かなり驚いていたようで、謝罪の言葉はなかったけれど、その後お話をするときにも静かに声のトーンを落としていました。

私が座ったとき、斜め前のマダムが私を振り返り、目を合わせて深くうなずきました。「よく言った!」と(o^^o)

大人に注意をするのには勇気がいったけれど、やっぱり声に出して伝えてよかった。
誰かが言わないとこれからもずっと、人の迷惑になると知らずに、同じ行動をしていたと思う。
分かれば行動を改めてくださるので、いい方たちなのでしょう。
大勢で集まって気分が高まって、マナーを忘れてしまっただけかな。

最近、大好きな223カフェでも、会話声ののボリュームについて考えることが多いです。
カフェだから、しゃべるのはもちろんオッケー。
でも、近くにお一人の方がいたら、ちょっと配慮の気持ちは必要かなと。

展示の業者さんが来ていることが増えましたが、その出店者さんの大きな声のおしゃべりも気になります。
カフェという場所だから、ご自身のお店の感じとは違うことを理解してほしいな。

人のふり見て我がふり直せ
……私も、お酒が入るとちゃんと周りの方のこと考えられているかなって思います。
お互いに気持ちの良い時間、空間を共有していきたいものです。

………

話題は変わって、自由が丘の雑貨屋さんで買ったお土産。
インテリア雑貨で気に入ったものが見つかると嬉しい。

カフェインレスコーヒーを入れる容れ物。
ステンレスの蓋、薄いガラス容器が気に入りました。

中のスプーンは、珪藻土でできたsoilのもの。
スプーン自体が、吸湿素材で、湿気の多い時期もインスタントコーヒーの粉が固まらなさそう。

あとは、オリーブの木でできた調理スプーン。
炒め物や、味噌汁作りのときに、この大きさは便利です。

どれもすでに大活躍。
静岡でも売ってるものかもしれないけれど、旅先で買ったというところがいいの💕

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

美味しいパンでモーニング

2017-12-05 | うちごはん
日曜の朝食。
大好きな番組「住人十色」を見たら、支度に取り掛かります。

最近、あまりにもだらしのない格好でキッチンに立っていたので、この日はメイクをして髪の毛もとかして、ある程度ちゃんとした身なりになってから作り始めました。
続けられるかな…💦

超簡単なメニューですが、

夫は、胡麻ベーグル。

私は、五穀のパンと、イチジクとクルミのパン。

人参ラペには、アーモンドとセロリの葉をきざんで入れました。
クミンパウダーを先日買ったので、それもパパッとふりかけて。

一気にアジアテイストの味になります。
かけすぎるとくどいけど、風味付け程度ならとても好み。


……

年賀状の印刷も始めました。
毎年、宛名欄も手書きしていましたが、枚数が多くて大変になってきたので、筆ぐるめで入力してプリントすることに。

住所は一度入れておけばいいから楽ちん。
あとは、お一人ずつメッセージを書いていくだけ(o^^o)
手紙を書くのは好きな作業なので、のんびり楽しみながら進めようと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

223の絶品ケーキ💕

2017-12-04 | ぱん・おかし
私にとって223cafeは、癒しそのもの。

仕事で嫌なことがあって(最近多かったなあ…)、気持ちがふつふつと煮えたっているときにも、ここでカフェラテを飲んで、サンドイッチに大口開けてかぶりついてると、ふーーっと鎮静化します(o^^o)

落ち着いてくると、悪い出来事ばかりを思い出すより、いい出来事にも目が向いてきます。

今週、仕事で
「◯◯さんに出会えてよかった」
ということを言ってもらえました。
そのとき、他のことで悶々としていたので、
「え⁈…ありがとう!」
とさらっと返してしまいましたが、よく考えたら、ものすごくありがたいことです。

日々の生活は、常に感情が変動し、思い通りにいかないことの連続。

だからこそ、心のゆとりをもって、いいことも悪く見えることも、一つひとつの出来事を客観的に捉えることって大切だなと。

223のソファにどかっと座っていろいろ思いをめぐらせるのは、忙しい仕事から離れて自分自身と向き合う時間そのものだと思います。

クロックムッシュ、大のお気に入り✨


……

夫と行くときには、ケーキも注文します。

こちらは、コーヒーロールのバニラアイス添え。
生地もビターなコーヒー味。
コーヒークリームも美味しい!



この日は、キーマカレーとチキンのベーグルサンドに、ニューヨークチーズケーキ。


レアチーズのようなしっとり感。
先日の4種のチーズケーキより、私はこちらがさらに好みです。


二人で行きつけのお店って、呉服町の無印カフェがなくなって以来見つからなかったので、こうしたカフェが身近にあるのは幸せなことです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Jarsのpoeme

2017-12-03 | インテリア・雑貨
誕生日に妹にリクエストし、プレゼントしてもらったJarsのディナープレート。
とても気に入って、毎日使っています。

少し重さはあるものの、大きさや質感ともに使いやすい。
最近は朝夕ともにワンプレートで済ますことが多いので、リムがあってちょっと水気の多いものでも盛りつけられるのが便利。

そして、何より色がとても素敵で、どんな食材も美味しく見せてくれるところが魅力です。


ずっとまたJarsのプレートが欲しいなあと思っていたのですが、ネットだと取り扱い店が少ない…💧
そして、フランスで職人さんが一つひとつ手作業で釉薬をかけているため、器ごとに色味がかなり違うこともあって、ネット購入をためらっていました。

先週、東京に行った際にお目当てのプレートが見つかって感激✨
購入してのは、ポエムという種類のもの。

色はパープルユニ。

こちらの器は、吉祥寺の宵の実さんでもランチプレートとして使われています。
アジアンな味付けのデリの盛り合わせ。
雰囲気のあるJarsの器が、彩りの良さをより際立てているように思います。

宵の実さん、本当に美味しかった…💕


223で半分お持ち帰りにしたクロックムッシュをぽんとのせてるだけなのにおしゃれ(o^^o)


私がまずjarsを探しにいったは新宿伊勢丹です。取り扱い店といっても、コーナーが小さく、狙っていたポエムはありませんでした。
でもtourronというシリーズがあり、そちらも素晴らしい色で迷いました。
結局、パンフレットだけもらって

新宿にもう1店舗ある取り扱い店の新宿高島屋へ。

高島屋では先週からJarsコーナーを奥にしまったとのことでしたが、(クリスマスイブ用の器に変えるためかな)親切な店員さんがいくつか持ってきてくださった中に、ポエムが‼︎
同じパープルユニという色でも、一つは薄くてパステルっぽく欲しいイメージと違いました。
うーん、なんか違うなあ…
と思っていると、同じのがもう一つありますよと。
そちらは紫色がより濃く、深みがあって素敵。即決で購入しました。
ずっと欲しい気持ちを募らせていただけに、喜びもひとしおです。

……

昨日の夕飯はjars二種を使って用意しました。

poeme には、ミートローフを。

グレーのvueltaには、チーズスクランブル。

器がいいと、美味しそうに見えます。

あとは夫が作ってくれた椎茸とほうれん草の炒め物。
椎茸がごろっとして、味付けもすごく美味しくてびっくり。

一人暮らし先でも、作り置き料理をいろいろ作って、お弁当も手作りで持っていっているというだけあり、料理の腕前が上がっているような。(上から目線 笑)


あとは浜松の柊テラスさんでテイクアウトしたキッシュ。
ちょっと焦げちゃったけど💦


スパークリングで乾杯して、いい夜が過ごせました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浜田山 Fatty's

2017-12-01 | 他県のおいしいお店
東京でのディナーは、浜田山駅から徒歩5分ほどのFatty'sでいただきました。
夫の家からも近く、とても評判がよいお店だったので。

こちら、出会えたことに感謝したいほど素晴らしいお店でした✨
夫の転勤がなかったら知ることも伺うこともなかっただろうなあ。

イタリアンというカテゴリーのようですが、カジュアルなビストロっぽいメニュー。

まず、生ビールで乾杯。
泡の細かさに期待感がぐんと高まります。

パテドカンパーニュ。
脂身が少なく、ほのかにピンク色でしっとりと。
上に乗っている人参とレーズンのラペを一緒に頬張ると、パテカンのレバーの香りに甘酸っぱさが加わって最高です。

マスタードもすごく美味しい!


マグロのカルパッチョ。
彩りも綺麗です。


人気メニューの四種のチーズのパングラタン。
これは、もう……ため息がでる旨さ。
奥深く、濃厚なチーズに、
厚くふかふかしたフランスパンがどーんとひたっています。
これを食べに通いつめてしまいそうなクセになるお味。

画像を見ていると、思い出して顔がにやけるほど…(笑)
これはワインと合うなと思って、スパークリングに🍾
お手頃なグラスでしたが、キリッと辛口でセレクトがとてもよかったです。



メインは、カイノミという部位の牛肉のステーキ。
素晴らしいお肉と、抜群の焼き加減。
ボリューム満点で食べ応えあり!

赤身と脂のバランスがよく、やわらか。
うーん幸せ💕


私たちはカウンターに座ったのですが、シェフの手際の良さに見とれて、ちょっとしたショーのような感覚になりました。

絶対また行く!
東京に泊まるときは、この店以外は考えられない!
そのくらいお気に入りのお店になりました。


ファッティーズっていう店名。。。
デブたちってこと⁇
でもハマってしまったら、そうならざるを得ない美味しさですものね。
納得。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加