こもれび徒然日記

ごはんと、ごはんと、家づくりの記録

胞状奇胎の診断

2017-05-15 | 今日のできごと
しばらくブログもお休みしていた一週間、いろいろなことがありました。

木曜日に心拍の確認をしに病院に行ったところ、胞状奇胎の診断を受けました。
もともと疑いはありとは言われていましたが、妊婦400〜500人に1人の確率と聞き、まさか自分がなんて思わないし、絶対思いたくなくて。

一刻も早く手術をした方がよいと、その場で予約をしていくことになりました。

内診台で伝えられたときに、あまりに驚き、信じたくなくて、
「もう、絶対に可能性はないのでしょうか?」
と聞きました。
先生も悲しそうに、でもきっぱりと、
「残念ですが、正常な妊娠ではありません。」
と伝えてくださいました。

今まで通院の際には不安になることばかりだったので、この日も母に付き添いをお願いしていました。
仕事がある中申し訳なかったのですが、本当に母がいてくれてよかった。
心も体も震えが止まらない私の背中や膝をずっと撫で、一緒に先生からの診断と今後の治療を聞いてくれました。

胞状奇胎…、受精卵の染色体異常が原因で、妊娠をきっかけに子宮内膜の絨毛が急激に増えるそう。
hcgの上がり方も激しいため、極度のつわり、動悸、お腹の膨らみなどの症状があります。
確かに私にも当てはまっていました。

あまりに体調が悪くて、歩くだけでクラクラして、妊婦さんってこんなに大変なんだ…と思っていましたが、やはりおかしかったんですね。

綺麗に細胞を取り除くために掻爬手術は、二回。
その後もhcgが下がるか定期検査を続け、もし上がるようなことがあれば、絨毛癌を疑い、抗がん剤治療になると。
次々にショックなことを言われて、頭も飽和状態でした。


夫に伝えることもとても怖かった。
今までたくさん傷ついて、やっとゆめが叶ったのに、また更に傷つけてしまうなんて。
単身赴任で、直接顔を見て伝えられないのとも苦しかったです。

病院の帰りにどうしても食べたくて寄った31。
持ち帰って泣きながら食べました。
大好きなクッキーアンドクリームが甘くて美味しくて、なんだかすごく救われました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モスのポテト | トップ | 静岡市清水区 L'APE »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (takayo)
2017-05-15 18:22:02
今は何よりこもれびさんのお身体を一番に、くれぐれもご無理なさらぬよう、ご自愛下さい。
Unknown (こもれび)
2017-05-16 09:56:10
takayoさんへ
メッセージをありがとうございます。
今はまだ辛い気持ちの方が大きいですが、きっとだんだんにいろんな幸せに目を向けられるようになります。
また同じ夢にむかって一緒にがんばりましょうね^_^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。