こもれび徒然日記

ごはんと、ごはんと、家づくりの記録

癒しのケーキ

2017-06-16 | 今日のできごと
金曜日の夜、お一人様カフェ☕️

入店時はお客さんは私一人。
大好きなお店を独り占め〜😍

本当は定時に退社してから、家に帰って車を置いてから来るつもりでした。
サンドイッチとビール🍺の組み合わせがやってみたくて!

でも外はあまりにも暑くて、自転車に乗ってお店まで行くことを頭の中でシュミレーションしてみたけど……

暑いし疲れてるから、ムリ!!

との判断 笑

サンドイッチとカフェラテといういつものランチと同じメニューになりました。

バジルとモッツァレラのハンバーグサンド。
ベーグルは大好きな黒ごま。

うんまい💕


今週もしんどい一週間でした。
同じ部の後輩が研修を引き受け、一緒に学んでいます。
夕方もほぼ毎日会議。
それでも時間が足りなくて、朝7時ころから彼の相談を聞き…という日も多く。

これはこうだよ、こうしたらどう?というやり取りを繰り返す中で、自分が引き受けた方が好きにやれるし、むしろラクなのでは…という思いも。
いやいや私が若手だったころも、こうして多くの時間と手間を先輩方にかけてもらっていたのだということを実感しました。

心身共に健康であれば問題なく乗り越えられるような毎日。
でも、いろいろあった5月の出来事からまだ立ち直れない私には、本当に厳しい一日一日。
数週間前から夜になるとじんましんも出るようになって、身体も悲鳴をあげてるなと感じます。

先日、10年以上仲良くしている友達とのやりとりがきっかけでたまらなく苦しくなってわーっと涙が出ました。
定期的にみんなで集まって飲んだりごはん食べたりしている仲間。
去年結婚してすぐ妊娠した子の出産直前お祝いをしよう〜と私にも日程確認のメールをくれたんです。

みんなに会いたい!
でも妊娠している友達のこと、今は祝いたくない…
でもでもこんな風に人のことをねたんで陰に隠れるのを自分が妊娠するまで続けるつもりなの??

あれこれ考えすぎて、わけが分からなくなり、泣きながら母に電話して、今の思いを聞いてもらいました。

「時間が経てば悲しみは癒えていくだろうと思っていたのに、一カ月経っても変わらず喪失感が強いこと」

「自分は症状が悪化していないかの診察を受けに行っている病院で、幸せそうな妊婦さんを見るとずるい!不公平だ!とたまらなく切なくなること」

「仕事で頼ってもらえるけれど、それすら今は負担でしかないこと」

私が一つ一つ吐露する事柄に、母は落ち着いてゆっくり、そして丁寧に気持ちを共有してくれました。
また、こういう考え方もあるんだよ
という新しい視点も教えてくれました。

ああ、確かにそうだなあ…
と素直に受け入れられることも、
正当な考え方だけれど、今はそうは思えないの…
ということも。

でも確実に思いを口にだして聞いてもらうことで、気持ちがすーっと軽くなりました。

電話後にゆっくりお風呂に浸かって髪を乾かしていると、玄関がガチャっと。
ドロボー⁈とびっくりしたけれど、母でした^_^
心配して会いにきてくれたのでした。
甘いものでも食べてね
とケーキを持って。

ありがとう💕
本当にありがとう💕
両親は、無償の愛をくれます。
私を大切に想ってくれる人のためにも、私自身が自分のことも大切にしていかないと。

ヴェールクレールのケーキ、右のキャラメルのものが抜群に美味しかった✨
実家で来月おでんパーティーをしてくれるとのこと。
今から楽しみです。





ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二種の食パンでモーニングプ... | トップ | プラスマイナスゼロのクリーナー »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おつかれさまです (mipo)
2017-06-16 21:24:51
はじめまして。
同じ市内に住む40歳の主婦です。
私も好きなお店に行かれていて、楽しく拝見させていただいています。
私も2年前から不妊治療をしており(もしかしたら、同じ病院かもしれませんね)いまだに授かれていません。
2度の流産手術、それでも次こそはと先日4回目の採卵をしたものの、あまり良い結果を得られませんでした。
その日は、不妊治療の専門病院ですが、妊婦検診の方が多く、辛い時間を過ごしました。
みんなが手に入れられる幸せをなぜ私は、得られないのか?卑屈になる日々でもあります。
自分に課せられたこの意味は、何なのか?考える日々です。
こもれびさんは、私よりも、もっとお辛い経験をされ、お仕事もお忙しくされており、毎日、とてもがんばって過ごされていると思います。
素敵なご家族に囲まれてらっしゃるといつも拝見しています。たくさん甘えていいと、甘えてほしいとご家族は思ってらっしゃると思います。
ご無理されず、ご自愛ください。
まとまりのない文章、長くなってすみません。
同じ市内、こんな主婦もいるとほんの少し思い出していただけたら嬉しく思います。
ブログ楽しみにしていますね。
mipoさんへ (こもれび)
2017-06-17 11:29:48
メッセージをありがとうございます。
mipoさんの文章を拝見していると、温かくて聡明な方なのだろうなということが伝わってきました。
私の一人泣き言、マイナスつぶやきに励ましの言葉をくださり、そうした優しさをとてもありがたく思います。

今の私は、自分のことばかり。
でも同じように辛い思いをしている方や、それでも前向きに頑張っている方がいるんだということに改めて気付かされます。

二度の流産の手術とのこと。
言葉や文章ではさらっと流れてしまいそうですが、どれほど苦しい思いをされたか、それを乗り越えようと努力されているか、今なら痛いほどよく分かります。
不妊治療はゴールが見えず、ましてやゴールがあるのかすら疑ってしまうような毎日ですよね。

人と比べない…なんて綺麗事、私にはできそうもありません。
この治療を始めてから、卑屈な自分を真っ向から受け止めなければならない日々です。

もちろん楽しいことだって日常にはたくさんあるのですけれど^_^

顔を合わせてお話することはなくてもmipoさんのことをとても近くに感じます。
同じ街に住み、同じ目標に向かっていること。
こうしたブログをきっかけにやり取りができたこと忘れません✨
ありがとうございました😊

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。