こもれび徒然日記

カフェめぐりとインテリア

正直な今の気持ち

2017-11-02 | 今日のできごと
今日は通院の日。
仕事を抜けさせてもらってばかりで、申し訳ないと思いつつ、慌ただしく病院へ向かいました。

先週、ようやくかかりつけの総合病院の主治医から妊活可能の判断をしていただきました。
本当のところ、念には念を入れたいならば、一年ほどは妊娠しない方がよいそう。
絨毛ガンの判定は、妊娠ホルモンと全く同じものなので、区別がつかなくなりガンを見逃すことが起きるから。

でも今までの経過がとても良いので、その可能性は限りなく少ないと。
スタートラインに立てただけのことなのに、すごく前に進めたようで嬉しかった!

とは言いつつ、不妊治療は精神的負担の大きいこと。
通院を始めると、自分から負のオーラがにじみ出てくることが分かります😣


先週妹の赤ちゃんが産まれて、四日連続で病院に会いに行ってしまいました💕
可愛くて可愛くて、ちっちゃな手をなでなでしているだけで胸がいっぱいになります。
赤ちゃんってこんなにも可愛いんだ、愛しいんだ✨と改めて実感。

ここから芽生えるのは、
「私もこれから頑張るぞ〜〜」というプラスの感情。

そして、「世の中の女性の多くは、治療なんてしなくても我が子を抱けているんだ」
「何人も赤ちゃんを授かれる人もいるのに」
という人を妬むマイナスの感情も。

可愛い赤ちゃん、幸せそうに見つめる妹夫婦、心から喜ぶ両親を見ていると、どうしても「いいなあ。私も赤ちゃんほしいな。」そんな思いがあふれて止まらなくなってしまいます。
今日はふと、もしあのまま赤ちゃんがお腹にいてくれたら、今月出産だったんだなと思い出して涙が出ました。
乗り越えたと思っていたのに。

赤ちゃんの存在を身近に感じた今の私は、この先、絶対に自分の子どもを授かる夢を手放せなくなるだるだろうとも感じました。
どんなにお金がかかっても、仕事を犠牲にしようとも、これまで以上に人生の第1の目標に掲げてしまっている……

そのことがとても恐ろしく感じます。

頑張った分だけ結果がついてこないことが分かってる。
期待した分だけ、落胆は大きくなる。
今までの経験から学んだことなのに。

正しく死にものぐるいになってしまいそう、いや、もう感情はそうなっているということが怖い。

めでたいことなのに、私だってすごく嬉しい出来事なのに、こんな風に考える自分が情けないです。
でも、このブログは私の軌跡。
これもありのままの自分だからこそ、記録しておきたい。
こうして、文章に起こすことでこんな感情をもっていたんだって、整理することができました。


(読んでくださっている方に不快な思いをさせたら、ごめんなさい。)





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加