こもれび徒然日記

ごはんと、ごはんと、家づくりの記録

秋の清泉寮

2017-11-05 | 旅行
ククーカフェをあとにしたら、萌木の森へ。

ものすごく混んでいるなあと思ったら、すべてROCKのお客さまでした。

昨年火事で全焼してしまい、最近再オープンしたそう。
私たちもロック大好きなので、また復活してくれたことが嬉しい!
お持ち帰りのレトルトカレーを買おうと思って入店しましたが、今はやっていないよう。
店内は前とレイアウトはほぼ同じです。
でも、前はアメリカンな感じが強かったのに、ダークブラウンを基調とした落ち着いた内装になっていました。

またロックでカレー食べたいな🍛

……

本日のお宿は、いつもの清泉寮。
まだ、ハロウィンの飾り付け。


本館の改装工事が終わったばかりで、レトロさはそのまま、よりシックな空間となりました。


夕食は17時30分から🍴


泡ばっかのビール(笑)で乾杯したら、ヴュッフェの前菜を。
ゴボウのポタージュが特に美味しかった。


夫は見た目関係なしの、てんこ盛りの前菜💦


選べるメイン
私は豚のフィレロースト。
ワインのソース、安納芋のペーストに柔らかく焼かれたお肉を付けていただきました。
とっても美味しい!

ビールから赤ワインにかえたら、なおよく合います。

夫は、魚のポシェ。
下にカニのリゾットがしいてあるそう。

デザートコーナーに行くと魅惑たっぷり。



私は、ティラミス、栗のロールケーキ、ゴマのブラマンジェにしました。

特にブラマンジェがゴマの風味が強くて、お気に入り。
定番メニューになってほしい!


この日、1日のスローガン、
最高に美味しいものしか口に入れない!
は完璧な形で達成できました✨
ああ、幸せな日だった…

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

cou cou cafeでランチ

2017-11-05 | 旅行
山梨県北杜市にあるククーカフェでランチを。
こちらは中村農場という養鶏場が経営されています。
新鮮な玉子を使ったお料理ばかり。

インテリアもすてき✨

魅力的なセットメニューもたくさんあります。


食べ過ぎちゃうと、夕食にひびいてしまうため、軽めにいただくことにしました。

クロックムッシュは薄切りの食パンに、ホワイトソースとハム、チーズがたっぷり🧀
野菜が新鮮!
そして、バルサミコのドレッシングもこだわりのあるお味でした。

あと、ククーに来たら外せないのは、パティシエ特製のキッシュ。
よくあるパイ生地ではなく、クッキー生地なのがお気に入りポイントです。

この日は、ほくほくじゃがいもとトマトのキッシュでした。
美味しいので翌日に寄ってテイクアウトも。
今度の休日に食べようと楽しみ💕


大きなマグになみなみと注がれたカプチーノもとっても美味しいです。
イタリアのエスプレッソマシン、そして同じく北杜市にある豆源さんのコーヒー豆、清里の牛乳…という最高の組み合わせで作られています。

北杜市は他にも魅力的なカフェがいろいろあって、いつも迷ってしまう…
でもやっぱりククーが好きで、こちらで食べたくなる(o^^o)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宮古島 ⑤

2017-09-01 | 旅行
4日目の旅行記

宮古島の最終日。
朝食はラサコスミカのダイニングでいただきました。
サラダとトーストとドリンクというシンプルなメニューですがとても美味しかった!

庭のハイビスカスをながめながら、のんびりとアイスコーヒーを🌺
宮古島では、鮮やかな色合いの花々の美しさにも目をひかれました。

この日は午後には飛行機に乗るので、早々にチェックアウトして、伊良部島に向かいます。

佐和田浜。

地元の家族がわーっと来て、海に飛び込む🏖わんちゃんも一緒にジャブジャブと^_^
ああ、こんな過ごし方いいなあって憧れる風景でした。


ランチは伊良部島のsoraniwCAFEさんで。

二階の海がよく見える席でいただきました。

宮古牛のハンバーグ。

景色のよいところで食べるごはんは最高です。
宮古島での最後の食事では、行きたいお店がいっぱいありすぎて迷ったけど、やっぱり海と空が見えるこちらにしてよかった✨



食後は、「通り池」へ。

海と繋がっている池は、ダイビング体験ツアーで洞窟を抜けると真っ青な世界が広がっているそう。
上から見るだけでも、その深い藍色の水にすいこまれそうな気分になります。


こちらは中の浜ビーチ。
伊良部橋が渡ってからは人気のシュノーケリングスポット。
さすが、とてもとても美しい!

私もここでシュノーケルしたかったんだけど、シャワーがないというのがネックで諦めました。

レンタカーを返したら、宮古島空港から羽田に戻りました🛬

……

旅行記を書いていて、いい思い出って後からどんどん色濃くなっていくなと思います。
絶景や美味しい食事ももちろんですが、
旅先での夫との何気ない会話
出会った人の表情
などのふとした瞬間のことが、ぐっと心に刻まれていることに気付かされます。

帰ってきたら旅は終わり……
ではなく、思い出す度にふっとほほえむ時間をくれるように感じます。

ここ数年、治療にお金もかかるし…、贅沢なことは控えた方がいいねなんて二人で話していたけど、今回の旅行はやっぱり来てよかったなあ^_^

またいつか、宮古に行きたいね、
でもせっかく行くのなら旅したことないところにも行きたいな、
とまた次の旅行の計画を立てるのが楽しいひとときです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宮古島 ④

2017-08-30 | 旅行
3日目の旅行 〜後半〜

3日目の分を書きながら、自分の気持ちを整理していたら疲れてしまって…
続きの後半編。


時々、私のブログを読んでくださる方ってどんな方なんだろう〜と、いろいろ想像をふくらませてます。
たまたまたどり着いた方が多いのでしょうけれど、不定期に覗いてくれる方もいるんですよね。
ホントに自分の記録のために書いているようなブログで、しかも今年に入ってマイナスワード連発で、何だか読んでいる方に申し訳ない気持ちになることも。

出来事より、「気持ち」を文章という形にすることの難しさを最近特に感じます。
もやもや〜と漠然と頭をよぎってきたことを文字に起こすと、こういう感情なんだって自分自身で気づかされることばかり。
「考えすぎ」傾向がある私にとっては、書くことが一区切りつける役割も果たしていて、そのメリットがあるからこそ続けられるんだと思います。

………


旅行記にもどって…

3日目のお宿では夕食は付いていないので、いくつかの惣菜や飲み物を買い込んでからチェックインすることに。

宮古島の地元情報誌で見かけて、行ってみたかったお店でテイクアウトしました。

スリランカ料理のsamanさん。
いくつかのカレーやデリから、好みのものを選んでいきます。


どんな味か想像が付かないものばかりですが、丁寧に説明してくれるので安心。

スーパーにも立ち寄り、池間島のラサコスミカにチェックイン。

アジアンな雰囲気のお宿。
調度品も統一感があります。


館内はランプのほのかな灯りに照らされていて、お香の香りがただよっています。
部屋ごとに、海が眺められるテラス付き。

ここから見る日の入りは素晴らしかった✨

買ってきた夕飯を並べて、いただきます。

素敵な空間に、雑多感はんぱない惣菜の数々 笑
アクタスのうすはりグラスで乾杯🍻

スーパーのお刺身もカルフォルニアロールも美味しかった!
samanのスリランカカレーも、スパイスたっぷりで、この宿の雰囲気とすごくマッチしていました。
空がとても綺麗な夜でした。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

宮古島 ③

2017-08-28 | 旅行
3日目の旅行記

朝食は7時30分。
ヨナパハレでの最後の食事だと思うと寂しい。

フーチャンプルー、昆布と小海老の和え物、鰆の焼き物、黒糖のジーマミー豆腐、ゆし豆腐の味噌汁など。
宮古島では、ご飯は圧力鍋で炊く人が多いと聞きました。
水に浸けておく時間が長いと米が傷んでしまうとか。
だから炊飯器で予約とかせず、炊く直前にお米をとぐとのこと。
朝から炊きたてのご飯を、たくさんのおかずでいただきました🍽

食後はご一緒した2組のご夫婦に御礼とお別れを伝えてチェックアウト。

今回チェックインのときに、ヨナパハレのオーナーさんに、ちょっとした静岡土産を渡していました。(うなぎパイとか)
そうしたら、奥さんが、お土産のお礼に〜〜と、黒砂糖をくださいました。

配合50パーセント以上を超えると沖縄産と記して良いそう。
普通は、タイや中国原産も混じっているけど、いただたのは100パーセント純粋沖縄のサトウキビでできたお砂糖。
お料理に使うのが楽しみです^_^
……

この日はレンタカーでドライブ。
まずは、イムギャーマリンガーデンへ。

入江になって穏やかな海なので、子ども連れの方のシュノーケリングにぴったり。

丘の上に登るととてもいい景色。

宮古島では、1日目の到着直後にスコールに降られたけど、基本的にずっと天気に恵まれました。

夫が「空や雲もキレイだね。こんなに雲を眺めることって普段ないよね。」
と。
そう、そう、海はもちろん、雲も美しい!


次に向かったのは、新城海岸。
パラソルをレンタルしたら、2人でシュノーケリングへ。
沖へ向かうと、珊瑚礁が現れて、魚もたくさん見られます。
やびじのように多くの種類はいないけれど、すぐ近くを泳ぐ魚を自由気ままに見られるのがツアーとは違う良さだと思う。


夫が、水面を手でパシャパシャすると、いろんな魚が100匹以上集まってきて取り囲まれました🐠
色とりどりの魚の鱗が反射して、まるで光の中にいるよう。
忘れられない光景です。

泳ぎ疲れたら、シャワーをさっと浴びて、ランチへ。
海岸沿いにある「とぅんからや」さん。
こちらは、宮古島のガイドブックには必ず大きく紹介されているお店。

人気店でとっても混んでいました。


ランチメニューが私たちの入店直前に終わってしまったと💦
軽食メニューから、ホットドッグ🌭を選択。

天然酵母のドックパンに、こだわりのソーセージがはさまっていて、本格的な美味しさ!
ドリンクは、コーヒーフロートに、バナナスムージー🍌

海が見渡せるテラス席でいただくと、何倍も美味しく感じます。



………

次は、宮古島へ来たら絶対に寄りたいスポット、東平安岬へ。
灯台に上ると、絶景が広がります。


この景色を眺めていたら、宮古島に来て心に抱いていた気持ちが堰を切ったようにあふれ出して、涙が止まらなくなりました。

今の私たちだからこそ、出来ることをしようと選んだ宮古島。
身軽じゃなきゃ出来ないシュノーケリング。
今しか出来ないことをめいっぱい楽しんだらきっと、「辛いことがあったけど、こういう経験ができたから良かったよね」
そう思えるだろう…と。

でも、そう思おうとしても思えない自分に宮古島に来てからずっと気づいていて。

この旅行をずっと楽しみにして、頑張る励みにしていたことは確かなこと。
ただ、素直に心にふっと浮かんでしまうのは、
「宮古に来られなくたって、どこにもお出かけなんて出来なくたって、あのまま赤ちゃんがいてくれたら…」
そういう気持ち。

贅沢で、ワガママで、後ろ向きな自分の考え方に対して嫌気もさすけど、今の私はこういう自分でしかないんだと。
無理に、
こう思おう!
こう思えたらすてき!
とか、そんなことをいくら自分に要求しても仕方ないんでしょうね。

涙を流しても、必ず泣き止む。
泣き止んでから、また2人で景色を眺めたら、
やっぱりこうして宮古島に来られて良かった!
幸せなことだなあって思えて、これも紛れもなく本心だと感じました。

6年前にこの灯台に上ったときには、今の自分を全く想像していなかったなあ。
思い描いた未来とは確かに違っていた。

夫から誕生日にもらった手紙に、
「人生は思いもしないことが起きるね。でもだからこそ、これから先の未来だって分からない。一年後にもう赤ちゃんが誕生している事だってあるかもしれないよ。
変わっていくものはたくさんあるだろうけど、お互いを想う気持ちは変わらないからね。」
そう書いてありました。
(引用していて何だか恥ずかしくなってきた…😳)

救いになってくれている言葉です。
宮古島の空と雲と海の中、たくさんの自分と向き合う時間をもてました。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宮古島 ②

2017-08-27 | 旅行
2日目の旅行記

朝、部屋の窓から綺麗な虹が見えました。

宿の周りは、一面のサトウキビ畑。
宮古島では、ドライブしていても常にサトウキビ畑が広がっています。
島には山も川もないので、水の確保は大変なはず。
暑さにも、台風のような大雨にも強い作物なのでしょう。
2年に一度収穫ということも、宿のオーナーさんとの会話で知りました。

朝食は7時30分。

出汁巻き玉子に、ゴーヤちゃんぷる、カジキマグロの焼き物など。
どれも熱々でボリューム満点です。
小さな小鉢に盛られたジーマミー豆腐は、ほんのりピーナッツの風味。
黒砂糖をかけてもいいし、黒糖蜜を垂らすとみたらし団子っぽくもなるよと教わりました。


私は少し甘辛く炒めた人参しりしりがとても気に入りました。
ドラゴンフルーツなどの、宮古島ならではのフルーツ盛り合わせも嬉しかったなあ。

もりもりいただいたあとは、予約していたシュノーケリングツアーへ。
池間島からクルーザーに乗り、約30分ほどの「やびじ」に向かいます。


真っ青な海を進むと、エメラレルドグリーンの海に変化。

その日の波の様子に寄って、何十箇所もあるシュノーケリングスポットの中からベストな場所を選んでくれるそう。
この日は、4箇所を巡り、約30分ずつ泳ぎました🛥

珊瑚礁とドロップオフの合間あたりを泳ぎます。
サンゴを傷つけないよう浅すぎないあたりをみんなでプカプカ。

シュノーケリングって、外からはただ浮いているだけに見えるけど、目も耳も海に入れていると、まるで魚の仲間になった感覚を味わえるから不思議。

気分は海の一員なんですよね 笑
新婚旅行でモルディブに行き、初めてシュノーケリングを経験してから、私も夫もハマってしまった!

スタッフさんが水中用カメラを持って泳ぎ、その日のサンゴや魚の様子、お客の記念写真を撮影してLINEに送ってくれます。
この日は、運良くウミガメにも遭遇。
かなり近くを一緒に泳げました。


お昼ご飯は船の上で、島の手作り弁当を。


このスポットは浅くて、サンゴもないため、特に海が輝いて見えた✨
お隣の夫婦の旦那さんがぽつりと、
「ここ、天国?」
ってつぶやいていた…^_^
全く同感!

私はお腹ぺこぺこで、ばくばくお弁当をほおばる中、夫は撃沈。。
シュノーケリング中の波の揺れで完全に酔ってしまったと💦
海の中でも浮き輪につかまり、船に上がってもぐったり。
話しかけても無言…。
ちゃんと酔い止め薬飲んでいったんだけどなあ。

とにかくツアー中は辛かったそう。
そんなこともあるよね。
そういうハプニングも含めて時間と共にいい思い出になるよ、きっと✨

15時に寄港してから、夫はお昼に食べられなかったお弁当も完食してました^_^
元気になったら「おやつが食べたい」と言うので、リッコジェラートさんへ。

こちらのお店、とってもこだわりの材料を使って新鮮なジェラートを手作りしています。

トリプルを頼んで2人で半分こ。
マンゴー、ピスタチオ、コーヒーちんすこうの三種。
サービスで1スプーンずつフランボワーズもくれました。

どれも美味しいけど、特にピスタチオが衝撃の美味しさ!!
今まで食べたアイスクリーム史上、ダントツNo. 1です🍦
近所にあったら…と祈るくらいの素晴らしいお味で、店員さんに思わず伝えに行きました。
他のお客様からもよく言われるらしいです^_^


……

ヨナパハレに戻ったら夕飯までひと眠り。
かなりたくさん泳いで疲れてました。

この日の夕飯は前日と全く同じメンバーなので、
「みんなでテラスでバーベキューをしましょう」とオーナーさんから提案が。


私と歳の近いHさんご夫婦は、今回の旅が新婚旅行だそう。
一回り年上のDさんご夫婦は、波照間島の一人旅同士で出会って結婚。今回、2回目の結婚記念日旅行と話してくれていました。

お二組へのお祝いの気持ちを込めて、スパークリングワインをスーパーで買ってきたので、みんなで乾杯🥂
オーナーご夫婦も一緒にゆんたくしました。

用意してあったのは、シーフードパエリアに、ザワークラフトやサラダ。

オーナーご主人が、牛肉、骨つき豚バラ肉、チキン、野菜などを次々に焼いて運んできてくれます。

飲み物は注文してもいいし、持ち込みもオッケーなので、みんな飲みたいものを冷蔵庫からどんどん出してきて、ワイワイいただきました。

お腹いっぱいになったら、クーラーの効いた室内に移動して、まだまだおしゃべりを。
Hさんの奥様は、私と同職業で、合コンで優しい今の旦那さんと出逢えたと💕
Dさんの奥様は東京でバリバリのキャリアウーマンを30年ほどこなし、去年大阪に嫁いで専業主婦に。
オーナーさんご夫婦の宮古島移住話も聞けて、
本当にいろんな形の幸せがあるんだなと実感。
今回こうして2日間を共にできたことも一期一会です。
またいつの日か会えたらいいな。
絶対会いたい!
三組の夫婦とのゆんたくタイムは、宮古島で過ごした中で、一番輝いていた時間だったと思います。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 宮古島 ①

2017-08-25 | 旅行
宮古島 へ旅行に行ってきました🌺
6年ほど前にも訪れて、また来てみたいと思っていた宮古島。
せっかく離島を選ぶなら石垣島という選択もあったけど、ビーチからのシュノーケリングをしたかったことと、再訪したい場所も多かったので、こちらにしました。


1日目
通勤ラッシュを避けて早めに羽田空港に。空港内のレストランでモーニングを。

私はエッグベネディクト。
サラダ、ヨーグルト、ドリンクも付いていてお得なセットでした。

夫はカレーとカフェモカ。

飛行機の発着が見られる席で、わくわく感もアップ☺️


12時前に出発して、15時ころ宮古島に到着。
レンタカーを借りてから、まずは来間島のカフェヤッカヤッカへ。
南国感あふれる素敵な空間でひとやすみ。


黒糖のチーズケーキとカフェラテ。

黒糖の甘みがほんのり、タルトがさくっと香ばしいケーキでした。

ヤッカヤッカは前回の旅行のときも来ていて、ココナッツとチキンのカレーがすごく美味しかった思い出が。
今回は時間の関係で諦めたけど、また食べに来たい一品です。


次に向かったのは、与那前浜ビーチ。
浜の砂がキメが細かくて、まるできな粉のよう。

今、宮古島には中国からのフェリーがよく来るらしく、ビーチは中国人であふれかえっていました。
見たことのない色彩の水着ばかり…。
人が少ない時間帯なら、またとてもいい場所なのでしょうね🏝


日も暮れ始めたので、今夜の宿にチェックイン。
ヨナパハレさん。

前回、夫が予約してくれてとっても気に入ったので、今回は二泊することにしました。
こぢんまりとした民宿ですが、部屋ごとにバス、トイレも付き、珈琲やお茶などもフリードリンクでホスピタリティが素晴らしいです。

一番の魅力はお食事。
オーナーご夫婦が宮古島の食材を使って作ってくれる郷土料理がどれも美味しい!
夕食の時間は日没の19時20分。
まずは野菜たっぷりの小鉢がたくさん並びます。

青パパイヤのサラダや、冬瓜とそぼろのスープなど。

宮古島でとれたお刺身と、ローストビーフ。
特にカツオが新鮮で美味しかった。


食事の進み具合を見ながら、温かいものは温かく配膳してくださいます。
黒糖と泡盛で煮込んだラフテーは、こっくりとした甘み。

ゆし豆腐で作った揚げたてのがんもどき。
下にはもずく入りの出汁。
あっつあつで、ビールによく合う!


沖縄ではみんなで食事を囲んでおしゃべりすることを「ゆんたく」というそうです。
この日、私たちの他にDさんとHさんの2組のご夫婦と一緒にご飯を食べました。
お互いに自然に自己紹介をしておしゃべりして…^_^
結構遅くまでゆんたくしていました🍻
翌日もこの宿に泊まるというので、
じゃ、また明日に〜
と、就寝しました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飛騨高山のグルメ

2017-08-14 | 旅行
帰省2日目

恒例の飛騨高山へ。
高山市の街並みはもちろんのこと、向かう道中の景色も本当に好き。

高山では、初めはしとしと雨が降っていたものの、まち歩きをしているうちに止んでいました。


まずは、飛騨牛コロッケを立ち食い。


オープン時刻に合わせて、行きつけのカフェへ☕️

お店の横を流れる川も穏やかです。
キラキラと光を反射させてとても綺麗。


桃とオレンジのパルフェも魅力的で迷いました。

でも、2人とも同じチーズスフレを注文。

ドリンクは、夫が南高梅のソーダ。
甘酸っぱくて、疲れがとれます。

私はカフェラテ。
こだわりのコーヒー豆とエスプレッソマシンを使っているので、最高に美味しい!

スフレも、甘さ控えめ、シュワシュワしていて絶品でした💕

まち歩きでは、和菓子屋さんにも立ち寄りました。
ねこちゃん饅頭が可愛くてお気に入りのお店。

ねこの色に合わせて、黒胡麻や黒砂糖、チーズなど、皮やあんこのお味が違います。
施設にいる彼のおばあちゃんへの手土産を買いました🐱


……

お昼ごはんのパンを買いに、パン屋を二軒はしごしました。
一軒めは、パヌーブさん。

フランスパンにいろいろおかずをのせたタルティーヌが豊富でした。

ベーグルのサンドイッチと、玉子とカレーのタルティーヌ、あんぱんを購入。



二軒目は、いつもの「のぼりや」さん。
こちらのお店は、昔ながらのパンとおしゃれな天然酵母系のパンを両方置いていて、すごくバランスがいいんです^_^
お子さんが好きそうなキャラパンもいっぱい!

こちらでは、チーズベーコンのカンパーニュ、イチジクくるみのカンパーニュ、チーズフランス、玉子サラダとハムの三角サンドイッチを。



サンドイッチの食パンが、もーう本当にしっとりとしていて毎回感動します。
静岡市の土切製パンの食パンで、具を挟んでいる感じ。
こんなにパンが美味しいサンドイッチ、まだ他のお店で見つけたことありません。

だから、高山のいろんなパン屋に行っても、結局のぼりやさんにも寄ってしまう。

買ったパンは、道の駅のテラス席でいただきました。
横を流れる川の水が美しくて✨



バーベキューや、水遊びをしている人も多くいました。

大量に買ったパンは、実家で朝ごはんに🥐
お義母さんもパン屋さんでいろいろ買ってきてくれてあったので、朝食の食卓はまさにパン祭り!
小さくカットして、ヴュッフェのようにして、あれこれ食べました。

高山でも食べ歩きしたり、みんなで焼肉屋さんにディナーに出かけたり、美味しいものだらけの三連休でした🍽
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夫の故郷で

2017-08-13 | 旅行
帰省1日目

夫の実家に着いたのは15時過ぎ。
高速道路の事故渋滞が何ヶ所かあり、いつもの連休より時間がかかったかな。

夕方には、ぶらぶらとまち歩きを。
年々観光客が増えています。
若い方や外国の方の訪問も多く、いいまち作りをしているなあと実感。

CMでもよく舞台になる、水の綺麗なまち。




昔からある和喫茶の他にも、訪れるたびに新しいカフェやレストランもオープンしています。

食品サンプルでも有名です。


雨上がりのモワッとした空気…
でも、ニコニコ笑顔あふれる人々の中のんびりてくてく歩き回る時間も幸せな時間でした^_^

……

夫の両親が用意してくれたご馳走を食べてから幼なじみの家に。
ケーキをいただき、今度は花火大会へ。

山の上のお城から花火が上がります。


花火を見るのは今年初。
とても綺麗でした🎆

花火のお次は、盆踊り。


やっちく、げんげんばらばら、かわさき……いろいろあるけれど、
私は特に春駒が好き!

ほぼ毎年参加しているので、だいたい踊れるようになりました。
簡単だからみんな見よう見まねで輪に入れるところが、この踊りの良さだと思います。

踊りながらふと、山車に乗っているお囃子の方を見ると、あれ?と。
見覚えが!
夫に聞いたら、小学校からの同級生でした。
友達の結婚式二次会で少し喋ったことがあります。
マイク片手に何曲か踊りの曲を歌っていて、ああ唄うまいなあ〜〜とびっくりしました。

やっぱり見ているより、踊る方が断然楽しい!
あまりに楽しくて、翌日も踊りに行きました。
9月ももしかしたら参加できるかも。
今は、唄に合いの手を入れられるようになることが目標です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お盆の帰省

2017-08-12 | 旅行
帰省途中の立ち寄りランチ、いつもどこにしようか迷います。
今年は瀬戸市に立ち寄ることにしました。

瀬戸物が名産品の瀬戸市、陶器のお店が至る所にたくさん。
街の案内所の瀬戸蔵という施設を見て、早速予約していたお店へ。

夫が調べてくれた「椎の木のイノシシ」というレストランでランチすることにしました。


お店に入ると、一面がガラスで奥のゴルフ場が目に入ります。
グリーンが鮮やかで、とっても開放的✨



ランチセットの前菜はサラダと鴨のロースト。

メインはそれぞれ選べて、夫はカルボナーラの大盛りを。

生パスタでモチモチとして、ソースとよく絡んでいました。

私は牛肉のなんとか。

お肉の表面に細かいパン粉が付いていて、かりっと揚げ焼きにしてあります。
ポルト酒とマッシュルームのソースが、たっぷりかけてあって、贅沢感のある一品。

一緒に提供された大きめのフォカッチャがふわんとして、とても美味しかった!

デザートは3種類。
小さいながらも、どれも手が込んでいます。
特にチョコのデザートが、静岡市のムッシュモイズミのチョコテリーヌみたいで本格的でした^_^

………

食後は、器メーカー studio'mの直営店にも寄りました。
(外観のみの画像です)


ふと気が付いたのですが、前は雑貨屋さんに寄りたいというと渋っていた夫が、積極的に「こんなお店あるよ」と提案してくれるようになっていました。

今回も「若手作家の器が見られる商店街に行こう!」と。
暑くて歩き回るのが面倒になり、わたしは遠慮してしまったけれど(笑)、そうやって一緒に楽しもうとしてくれる姿勢が何より嬉しいな。😊


コメント
この記事をはてなブックマークに追加