日本の物づくり。全国の老舗っていろいろあるんです!

全国を仕事や旅行で旅をするのが好きなんですが、どの県にもその地域では皆が知っているような老舗の有名な商品ってあるんです。

旧態依然とした製法で誕生した…。

2017-05-14 15:50:05 | 日記

原材料に拘りに拘った、なじんでいるこだわりの職人が手をかけて誕生している石鹸は、ほのかなアロマ、十分な泡が全身にまとい、泡がなくなるのも早くほっといい気分にしてくれる。
   [PR]老舗の味噌・醤油をご紹介百年謹製
石鹸というものは、身体と手のひらに限らず、食器のための粉石けん、食器用に液体石けん、洗濯向き粉石けん、とか多種あり、色んなところで使える事ができます。
古く実績のある会社のひとつ一つの業者が、実績と伝統と再編成を続け、この生活に供給した製品は、ほんま物、こだわりをもっている事をイメージしてもれると信じている。
原材料の生産のスタートから選択し入念に選び、面倒をかけ従来からある製法で、しっかりと時間を要して発酵、熟成の味噌を送付しています。
味噌という食品の主材料である大豆は、ふんだんな人間に欠かせない食物繊維とサポニンが含まれていて、コレステロール値の低下、成人病の予防に妥当性が存在しているとされてます。

設立の熱意が昔から引き継がれながら立役者の技と感性、原料の拘り、味の検証とそういったときに合わせた斬新さが古くからの歴史を生み出す。
古く昔からあるお店の価値として、全国いたるところの古くから伝統の日本国の食文化をお伝えし、過去を培ったセンスと匠な手法で、海をこえての食品として天下一品の出汁を供給したい。
実用的になった現代ならばこそ、素材、製法に興味を持ち、昔からの店舗として承継された日本国の食べ物である味噌、醤油自体には、こだわいを持ちたいものです。
人や条件にきめ細かい石鹸は、簡潔な素材で天然の源で、マテリアルを注ぎ込んで、合成界面活性剤など、合成着色料、酸化防止剤、そして、保存料というものは、使っていないのです。
戦国の世の武将達からしたらみそ自体は、栄養分の補充に必要とされる食材で、味噌というものの発祥という地域には、タフな殿様が居ます。

旧態依然とした製法で誕生した、拘りの味噌は、エキスパートの巧みによって、苦労とスパンをかけ大事に大きく育成している。
実績のあるお店として表札を維持し、自負と誇りを持ち、原材料と製法過程、出来あがり、夢中さ、わが子と同等に作り完成させた味噌を大勢の人に供給したい。
日本中のトラディショナルな食事である主元となる大豆は、ハナから、見事な栄養補助食品が理由で畑の肉という風にも示されています。
ふるくからの、熱心な粘りを妥協しない精神を宿しつつ、一日一日製品に慈しみを持ち、赤子を育むように丁寧に構築した味噌、醤油、出汁の存在を、お客様に届けたい。
合成界面活性剤を入れていない、安心できる石鹸なので、学校の手洗所や施設やこだわりに拘ったクリーニング店などの職人さんにもご愛顧いただけます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古くからの原材料と製法にこ... | トップ | 100年以上で…。 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL