しゃかしゃか母、旅に出ました

旅行に出掛けた記録(ほぼ韓国)です
2015年~駐名古屋大韓民国総領事館SNSサポーターズ1期メンバーとして活動中!

【百潭寺の案内をしていただきました(2)】伝統寺院巡礼ファムツアー③2017/4/21

2017年05月16日 | 韓国の伝統寺院巡礼ファムツアー
 ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

『江原道 麟蹄 百潭寺』 に来ています。

境内を案内していただき、「梵鐘楼」 までやって来ました。

朝見ていたテンプルステイのガイドブックにも載っていましたが、

ここにあるのは “四物” と呼ばれる 鐘・木魚・雲板・太鼓。

すべて叩くと音の出るものですが、鐘は人間、木魚が水の生き物、雲板は空の生き物、

そして太鼓は4本足の生き物のために叩くそうですよ。



昨夜、望みの塔回りを行った辺りまで歩いてきました。

夜の光景と朝では、また印象が違いますね。



日本では考えられないカラフルなお堂前です。



百潭寺の本堂 「極楽賓殿」



こちらの本堂の中に入れていただき、韓国式のお参りをしました。

見よう見まねで行いましたが、お辞儀をしたり、額を床に付けたり、手のひらを返したりしていると

不思議とその動作に違和感がなくなってきました。



あまりの朝日の素晴らしさに、一斉にカメラを出してシャッターを切る私たち…

修行が足りませんね~、神聖な場所からカメラだなんて…



そのとき撮った写真がこちら。



詩人でもあったお坊さんが読まれた詩の碑や



昔ながらの屋根の葺き替えが残っている 「百潭茶園」 を見学し、



“石塔積み” へ向かいます。

【百潭寺 (백담사)】
江原道 麟蹄郡 北面 百潭路 746 (강원도 인제군 북면 백담로 746)
ソウル地下鉄7号線「上鳳(サンボン)駅」で下車し、2番出口から出てまっすぐ5分ほど歩くと 「ソウル上鳳ターミナル」
「ソウル上鳳ターミナル」から百潭寺行き直行バスに乗ります。約4時間30分。
百潭寺 www.baekdamsa.org/(韓国語)
百潭寺テンプルステイ baekdamsa.templestay.com(韓国語)

ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【百潭寺の案内をしていただ... | トップ | 【百潭寺・石塔積みへ】伝統... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。