しゃかしゃか母、旅に出ました

旅行に出掛けた記録(ほぼ韓国)です
2015年~駐名古屋大韓民国総領事館SNSサポーターズ1期メンバーとして活動中!

【襄陽・洛山寺境内が広かった~】伝統寺院巡礼ファムツアー⑨2017/4/21

2017年05月20日 | 韓国の伝統寺院巡礼ファムツアー
 ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

襄陽の 『洛山寺』 に来ています。

「四天王門」 をくぐり、その奥に進むと



本堂の 「園通宝殿」 が見えてきました。



その本堂の前にある塔は、朝鮮時代の典型的な特徴を持っており宝物に指定されています。

この七層石塔は、義湘大師が建て、当時は三層だったのを1467年に七層に立て替えられたそうです。

屋根のような部分だけを数えて七層と言うそうですよ。



参拝するときに中を拝見すると、本尊仏である観世音菩薩が祀られておりましたが、

この仏像は、土で型をとり、その上に韓紙に漆を塗って作られたそうで、驚くほど軽いんだとか…

いつも仏像を写真に収めていいのかどうか躊躇します。



有り難いものを写していいものかどうか、自分の中で葛藤があるんです。

撮ったり、撮らなかったり、そのときの雰囲気と自分の気持ちによって左右される感じです。

で、このときは撮影しませんでした。

このお堂に扉はないそうです。

ほら、閉じないように造られていましたよ。



本堂横の特徴のある壁 (垣墻) 沿いに、

 ※垣墻は 「園通宝殿」 を取り巻いてる世祖が洛山寺を建て直したときに築かれたものだそうです



「圓通門」 がありました。



願い事をしながら歩く道だそうで、



その先には、急に道が開け絶景が待っていましたよ。



韓国のお寺は、仏教弾圧にあったときに山奥に逃げ逃れたと聞くので、

海沿いのお寺は、とても珍しいそうです。



この見晴らしのいい高台に 「海水観音像」 が…

観音様は、まだ修行中であり人々やその他すべての生き物をを救うために

この世で頑張って下さっている人たちだそうなので、「どうぞお守り下さい」 と自然に手が合わさります。

韓国式のお参りでは、膝や額を地面につけるので、観音様に前にもお参り用のマットが並べてありました。



とてもフレンドリーなお坊様が 「海水観音像」 の前の賽銭箱の下を指さし

「よく見て下さい、カエルがいるでしょ」 と。



願い事を念じながらこのカエルをなでると、願いが叶うそうですよ。

私もしっかりお願いごとをしてきました。

家族の健康と、またここに来られますように!と。



「ここが1番好きな場所です」 とお坊様が仰る通り、



高台から眺める景色は、この場を去りがたくなるものがありました。



【洛山寺 (낙산사)】
江原道 襄陽郡 降峴面 前津里 55 (강원도 양양군 강현면 전진리 55)
※東ソウルバスターミナルから高速バス有り

ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【襄陽・海沿いに建つ洛山寺... | トップ | 【襄陽・洛山寺では大火災が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。