しゃかしゃか母、旅に出ました

旅行に出掛けた記録(ほぼ韓国)です
2015年~駐名古屋大韓民国総領事館SNSサポーターズ1期メンバーとして活動中!

【百潭寺の案内をしていただきました】伝統寺院巡礼ファムツアー②2017/4/21

2017年05月16日 | 韓国の伝統寺院巡礼ファムツアー
 ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

『江原道 麟蹄 百潭寺』 に来ています。

朝ご飯で、しっかりエネルギーをチャージした後は、



お坊様がこのお寺の一般人は入れない奥の方まで案内して下さるそうで付いて行きます。



所々に山桜が咲いていたり、カラムラサキツツジが咲いていたり、

そんなきれいな花を見つけるだけでも、にっこりと笑みが出て心が洗われる気分です。



川沿いに山の奥へ奥へと進んだところに



無門関 (ムムンガン) と呼ばれる



修行用の建物が建ち並んでいました。



ここでは毎日10時に1度のみの食事を小さな窓からいただけます。

外から鍵をかけられ、中から出てくることはできません。

社会と遮断された狭い空間で修行を積むのだそうです。

こんな修行なら私は1日として保たないでしょうが、ここで何ヶ月も何年も閉じこもって

修行されるそうな…  このような施設はどこのお寺にでもあるわけではないそうです。



所々に 案内として

「ここは僧侶の修行精進するところ 一般人の出入りを制限します   出入禁止」



今、この時代にもこんな修行を積まれておられるお坊さんがいらっしゃるとは…

身の引き締まる思いです。



この頃、ようやく日が昇りました。



無今禅院に朝日が当たり、ようやく辺りも明るくなりました。

こちらも修行する場所なんだそうです。

お坊さんが最初の研修にくる場所なんだとか。

先ほどの 「無門関」 とは違い、100人近くの団体で研修されるそうです。



さらに見学が続きます。

【百潭寺 (백담사)】
江原道 麟蹄郡 北面 百潭路 746 (강원도 인제군 북면 백담로 746)
ソウル地下鉄7号線「上鳳(サンボン)駅」で下車し、2番出口から出てまっすぐ5分ほど歩くと 「ソウル上鳳ターミナル」
「ソウル上鳳ターミナル」から百潭寺行き直行バスに乗ります。約4時間30分。
百潭寺 www.baekdamsa.org/(韓国語)
百潭寺テンプルステイ baekdamsa.templestay.com(韓国語)

ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【3日目のスタート 百潭寺・... | トップ | 【百潭寺の案内をしていただ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

韓国の伝統寺院巡礼ファムツアー 」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。