しゃかしゃか母、旅に出ました

旅行に出掛けた記録(ほぼ韓国)です
2015年~駐名古屋大韓民国総領事館SNSサポーターズ1期メンバーとして活動中!

【百潭寺・食べる瞑想(夕)】伝統寺院巡礼ファムツアー⑪2017/4/20

2017年05月11日 | 韓国の伝統寺院巡礼ファムツアー
 ←  海外旅行ブログランキングに参加しています 

『百潭寺 (ぺクタムサ)』 に到着しました。

このお寺は太白山脈の内側、内雪岳にあり、百潭渓谷の上方部に位置しています。

人里離れ、渓谷沿いのくねくね曲がった山道を随分奥地に入った自然に囲まれたところで、

たやすく来られる場所でもなく、修行するには最も適した感じがする場所です。

と、いうか私自身気合いが入りました!



百潭寺を訪れた人々が願い事を込めてヨンシル川の河原に石を積んでいったそうです。



こちらのお寺は、新羅時代の647年第28代真徳女王の時代に創建されたそうです。

韓国の観音信仰の聖地であり、「韓の国33観音聖地」 の1つでもあります。



こちらで1泊2日のテンプルステイをさせていただきます。

簡単な注意事項と、これからの流れの説明がありました。

もちろん韓国語で…  Mさんが適切に通訳をして下さるので、助かります。



まずは、“食べる瞑想(夕)” を行うために食堂に集まるように指示を受けました。



「五觀偈」 は、食事の前に唱えられる経文だそうです。

分かりやすく解説してあるサイトがありました。 → こちら



テンプルステイの食事は、とても質素だと思い込んでいましたが、豪華で驚きました。

但し、精進料理なので、肉・魚は使われていません。



野菜でもニオイの強い ニラやネギ、にんにくなどはダメだそうです。

魚がダメならカツオも使えないので、何で出汁をとるんだろうと思っていたら、

昆布、干し椎茸、大豆などからとるんですって。



制限はなく 「お好きなものを お好きなだけどうぞ!」 と言われました。

カウンターの最後には、コチュジャンとゴマ油が置かれてあって、ビビンバにすることもできましたよ。



じゃがいものお汁も簡易コンロにお鍋がのせてあり、熱々をいただけます。

真ん中にのっているものは、梅のチャンアチで、食感がよく日本では食べられない味付けです。

その横の長いもの和え物が、おいしかった~



大好きなチャプチェをお代わりしてしまいました。



ここで私は、料理の勉強がしたいなぁ~



食事が終わったら、自分の食器は自分で洗い片付けます。



食事の後は、割り当てられた部屋に行き、テンプルステイ用の衣装に着替えます。

【百潭寺 (백담사)】
江原道 麟蹄郡 北面 百潭路 746 (강원도 인제군 북면 백담로 746)
 ※ソウル地下鉄7号線「上鳳(サンボン)駅」で下車し、2番出口から出てまっすぐ5分ほど歩くと 「ソウル上鳳ターミナル」
  「ソウル上鳳ターミナル」から百潭寺行き直行バスに乗ります。約4時間30分。
百潭寺 www.baekdamsa.org/(韓国語)
百潭寺テンプルステイ baekdamsa.templestay.com(韓国語)

ポチっと押して頂くと皆さんには何もありませんが、しゃかしゃか母がHappyになります  人気ブログランキングへ 
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【江原道 平昌→麟蹄へ移動】... | トップ | 【百潭寺・茶瞑想】伝統寺院... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。