はんどれっどはんど

トラクターや田植え機を使用せず米作りに挑みます。

夏至

2017-06-21 21:07:49 | 日記

このところ終業時間が陽が沈むころになることが多い。現在も2名が火曜から金曜までの4日、日に6時間手伝ってくれる。彼らは午後4時までなのでその後は一人作業となる。早朝から夕方まで太陽連動するかのようにこの時期動けるが、これからはぼちぼちと動きを抑え気味にと思う。今日も一日、彼らの働きに助けられた。田植え作業は丸2年経過したこともあって、かなりスピードアップした。こちらも少しずつではあるが、年々速くなっている。今日はB2田残りに地元奥手の品種を植えた。

*写真は苗床、残すはA田神丹穂(奥)、C田(関取)と地元の奥手は明日で終了予定。関取はシートをめくるタイミングが遅れヒョロ苗に成りその後が厳しく育てた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 直播失敗の巻 | トップ | 不耕起の醍醐味 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。