KOMEKOME的日常日記

二人の自閉症児と共に日々奮闘しながらも、松本潤君を応援するMARUの日常を綴ります。最近は山本草太君も応援中v

本日のミッション完了!

2017-07-01 09:41:20 | 嵐(松本潤)のこと
行定かんとくのフライング?wによって、『近々か?!』っとじゅん担を騒然とさせた例のヤツですね
一昨日くらいから画像もちらほら流れて来ておりましたが、やはり自分の手に取ると感慨深い・・
既出のとは、教室でのキスシーンの角度が違いますね
潤くんてばキスシーンの時、いっつもお相手の後頭部に手の平を宛がうんだなぁ~~ww
そして親指が反ってるの
潤くんファンの方で手フェチの方って多いと思うんですけど、自分も漏れなく・・です

そしてついに昨日、ならたーじゅ読了しました。
(ここから激しくネタバレです。未読の方は自己判断でお願いしますm(_ _)m)




いっぱい改行しますね~~
















先日、潤くんのお写真が帯についてる単行本が出て、ワクワクの時大阪で探してもなくて、地元じゃな~、写真ついてないのならあるけどな~、と思ってたら、角フェス棚に1冊だけあるのを手に取ってみると、これがビンゴで
とりあえず手に入れて、読むかどうか迷ってたんですけど。
原作のある漫画や小説の映像化ってだいたい期待外れの事が多くて、最近では読まずに観るっていうパターンだったんですけど、潤くんの作品は例外的に期待以上って事ばかりだから読んでも良いかなっとは思ってたんですよね。
しかもあの予告編ですから・・・・・

気になる・・・・

ってことで、ちょこっと最初だけ・・・と思って読み始めたら、そりゃあ途中では止まれませんわ・・っ
んでもって、主婦業母親業お仕事ピアノ・・・の合間を縫って3日間、くらいで読んだのかな・・?
読んだ後のワタクシの反応・・・

「う~~ん、これは、どうしよう・・・・、そうね~~・・・、う~~ん、そっか、うん。でもなぁ~~~・・・、う~~ん、う~~ん・・・・」

という、なんとも煮え切らない言葉にできない、はっきりしない感想でして。
まあ読まれた方はわかって頂けると思うんですけど、そんなにはっきりとこれっていう感想なんて出てこないというか、その人その人によって感想がそれぞれあるというか、だから誰かと無性に語り合いたいっていうか、そういう感じ・・でしたねぇ・・・

二人が付き合ってずっと一緒に・・・っていう終わり方ではないから、なんでそうならないの~~てなるんですけど、でもそれは泉側の気持ちで。
葉山せんせーの奥さん側に立ってみたら、そりゃあまた意見は違ってきますよね。
別居中に元教え子と付き合って、精神を病んでる奥さんと別れて一緒になった・・、しかも病んだ原因は自分にあると思っているにも関わらず・・・ってどんなひどい男なんですか・・っって話になるし
実際葉山せんせーは奥さんの事を嫌いになったわけじゃないから、最後のあの決断は大人としての立場とか責任とかから逃げずにちゃんと向かい合おうっていう事だと思うんですよね。
自分もこの年になると、気持ち的はちょっと揺るがされるけれど、あの決断は分かるな・・とも思います。
社会って本人たちだけで成り立ってるんじゃないし、周りが歪んだままでいるとそのうち中心も影響されちゃうから・・・
でもやっぱりね、葉山せんせーと泉のお話だから、二人が出会うのがもっと早かったら良かったのに・・とか思うんだけど、でもそうなったら、葉山せんせーは泉に救いを求めるだろうか、とか、やはりあの状態で出会わなければ、こうはならなかっただろうし、たらればは意味がないから、どうしても二人の関係はこうなってしまったんだろうなぁ・・・と。

なんか曖昧な感想ですみません
こうやって考えながら感想を打ってても、いろんな思いが湧いてくるんですよね~
泉との写真をカメラマンの親友に見せた葉山せんせーの気持ちってすごく愛おしいなぁ・・・
だからって妻を裏切っていると責めるのはあまりにもきつくて・・・
誰かに知っていてほしかったんだなと思うと、可愛くて切ない・・ですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 葉山せんせーが・・・ダサい... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む