インドラネット

ふと感じたことを書きます。パソコンが壊れる度に全てが消えるデジタルデータ。このブログをクラウド風に活用させてもらいます。

囲碁

2017-07-17 02:21:56 | 日記
ブログって日記を書くようにはいかないのね。なかなか更新できない。


ところで、今日は一ヶ月ぶりにパンダネットで囲碁を打ってみた。

なんでめったに碁を打てないかというと、対局に1時間半ほどかかる上、対局前に戦う前の気力と集中力、どういう心構えで戦うかという気持ちの整理を行う必要があるのだ。

対局後も、漫然と終わるのではなく、勝ったときには勝因、負けたときには敗因を確認するようにしている。

こんなことだがら、よほどまとまった時間が取れないと碁は打てない。

しかもそこまでして2回に1回は負ける。これがまた大変なショックで、1000回負けても慣れることがない。マゾじゃないからとてもつらい。

でも「勝負事」ってやつは、男の本能なんだろうね。対局前のドキドキ感、対局中の駆け引き、読み合い。生きてるって感じがする。

命のやり取りこそしないものの、ものすごい真剣勝負だ。しかも頼りにするのは自分だけ。失敗の責任もすべて自分が受ける。

この感覚は、その辺のゲームでは味わえないだろう。

自分の持てるすべての能力を搾り出して、勝負する。負けるのは未熟だからなのであって対局相手のせいではない。もっと自分が強くなればよいのだ。


ちなみに長年碁を打っていて気がついたことに、人間の脳みそにはそんなに差があるわけではないのだなあ、ということがある。

トップレベルまで上達する人は、能力が高いというよりも、自分で自分の限界を作らなかった人。高みに向かってただひたすら到達したいと努力し続けた人である。

何の得にもならない「限界」を自分に設けないこと。

そうすれば、誰でも「仏」にだって到達できる。疑っちゃいけない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 近い将来なくなってしまう職業 | トップ | 安倍さん大丈夫かな »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。