コメちゃんの悪性リンパ腫闘病日記

悪性リンパ腫になってからの生活の様子と病気についての考え方を書いていきます。

癌治療についての考察

2017-06-27 08:53:51 | 日記
そろそろ癌治療についての考えをまとめていこうと思う。
今回はまず癌というものがどういうものかを考えてみる。
生命は単細胞生物から我々のような多細胞生物に進化してきたのだが
多細胞生物は人間で言えば細胞1個の受精卵から60兆の細胞で出来た個体を形成するまでに
数限りない細胞分裂を行う必要がある。
その細胞分裂において個体を形成、維持していくための設計図であるDNAを
正確にコピーしなければならない。
中には細胞分裂の際に正確にコピーできない場合もあり(一億分の一の確率?らしい)
DNAの修復機構はあるものの
修復機構が及ばないほどDNA損傷が大きい場合には
身体の排除機構によりアポトーシス(自然死)させられ排除される。
その排除機構から逃れた細胞(DNA損傷が残ったままの細胞)が癌細胞となる。
ヒトは外部環境から自然放射線や化学物質により
常にDNAが損傷される危険の中で生活しており
内部環境では好気呼吸の電子伝達系で発生する活性酸素により
DNAが損傷しやすい環境にいることになる。
それ故にDNA修復が追い付かず
癌細胞は一日5000個ほどが生まれているとされているが
そういった身体にとって役に立たない(害を成す)細胞は
通常では免疫機構によって排除される。
正常細胞では自己を表す標識(MHC分子)が正常に発現しているが
腫瘍細胞などの異常細胞では
MHC分子の発現が減少または消失している。
例えば異常細胞を攻撃するNK(ナチュラルキラー)細胞は
MHCクラス1分子の発現している細胞は自己とみなして攻撃しないが
MHCクラス1分子の発現が減少または消失している癌細胞は
役に立たなくなった細胞(非自己)とみなして攻撃する。
また癌細胞では癌抗原をMHCクラスⅠ分子に結合させて細胞表面に出している。
これが癌細胞であるという標識になるが
抗原提示細胞(樹状細胞など)やヘルパーT細胞によって活性化したキラーT細胞は
この標識をTCR(T細胞受容体)で認識して
「パーフォリン・グランザイムまたはFasリガンド」(説明は省きます)によって
癌細胞をアポトーシスさせる。
このように癌細胞ができたとしても
通常は色々な免疫細胞によって排除されるが
癌細胞のできる数が多ければ当然免疫細胞によって排除しきれなくなります。
また癌細胞は免疫細胞からの攻撃を逃れる方法もいくつか持っています。
一つは細胞表面に出している癌抗原の一部を切り離して
癌抗原を攻撃の目印にしている免疫細胞に認識されにくくする方法です。
他には癌細胞から発現しているPD-L1を
T細胞上にあるPD-1に結合させることで
T細胞を弱らせ、攻撃をブロックする方法も持っています。
またTGF-β(トランスフォーミング増殖因子ベータ)を産生することによって
Th1細胞(ヘルパーT1細胞)およびCTL(細胞傷害性T細胞)の活性抑制も行います。
他にも免疫からは外れますが
癌細胞は放射線治療や抗がん剤などの酸化ストレスに対して
一酸化炭素(CO)を生成し細胞を死に難くすることが知られています。
これは一酸化炭素(CO)が臓器における血流の制御や
炎症を抑える作用を持っているからです。
一酸化炭素(CO)は取り込んだブドウ糖を
解糖系から一時的にペントースリン酸回路へう回させます。
核酸合成に重要な経路であるペントースリン酸回路へ一度う回して
後で解糖系の下流に戻ることにより
増殖に必要な物質を合成しつつATP合成量も維持するという
細胞増殖に有利なように巧みに代謝経路を切り替えています。
またペントースリン酸回路は核酸の合成に必要なだけでなく
NADPHの合成経路でもあります。
NADPHは、細胞内に存在するグルタチオンという解毒物質を還元することにより
還元型グルタチオン量が増加するので
その還元型グルタチオンを使って
放射線治療や抗がん剤などの酸化ストレスに対して抵抗するのです。
こうして癌は抗がん剤に耐性を持ち、効かなくなってきます。
これまでに述べたことで
癌がどのようなものか分かってきました。
身体が細胞分裂を行っている中で細胞分裂が上手くいかない細胞が出来てきます。
通常は排除機構により排除されますが
排除機構で取り除けなかったものが癌細胞になります。
癌細胞がある程度の大きさになってしまうと
細胞増殖に有利なように代謝経路を切り替えてしまいます。
それにより酸化ストレスにも抵抗するようになります。
このように癌はほおっておくと後になるほど対処に困るようになる
本当に悪賢い厄介者なのです。
今回は癌がどのようなものかを考えてみました。
次回は予防や治療について考えてみます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

糖について考えてみた その2

2017-06-15 10:03:42 | 日記
前回は糖がエネルギー代謝において重要であるということを簡単に述べてみた。
今回は糖が身体を形作ることにおいても重要であるということを述べてみたい。
まず初めに生命誕生のことを考えてみると
生命とはその内部での物質交換と外部との物質のやりとり(代謝)ができて
同じ型の個体の再生産(遺伝と生殖)ができるものということになる。
まず生命は脂質二重層(リン脂質)で出来た細胞膜で周りと隔離して
生命活動を行える独自の空間を確保した。
その中の化学反応を触媒する酵素をタンパク質で作り
そのタンパク質を作る設計図として
或いは個体の再生産をするための設計図としてDNAを持った。
そのDNAを構成する基本分子であるヌクレオチドは
核酸塩基(アミノ酸他で作られる)とリボース(5炭糖)とリン酸でできている。
ここでも糖(ペントースリン酸経路で作られる)が使われている。
初期の生物である細菌のような微生物は
リン脂質でできた細胞膜の他に細胞壁を持っており
例えば真正細菌の細胞壁は
糖鎖とペプチドの化合物であるペプチドグリカンでできている。
糖鎖のグリカン鎖はN-アセチルグルコサミンとN-アセチルムラミン酸が
交互にβ(1→4)結合している糖鎖で
その糖鎖と糖鎖の間を
テトラペプチド(4つのアミノ酸がペプチド結合したもの)で架橋している。
このように外界と隔離する為の構造物にも糖が使われている。
ちなみに細菌を死滅させる抗生剤の多くは
この細菌の細胞壁の合成を阻害することでその作用を発揮する。
細胞壁がなければ、細菌の細胞内に水が流入してくるようになり
その結果、細胞が膨張して破裂し、細菌が死滅するという仕組みだ。
また我々がよく目にするグラム染色も細胞壁が関係する。
グラム染色性の違いは細菌の細胞壁の構造の違いによる。
グラム陽性菌の細胞壁が
一層の厚いペプチドグリカン層から構成されているのに対し
グラム陰性菌では
何層かの薄いペプチドグリカン層の外側を
外膜と呼ばれる、リポ多糖(LPS)を含んだ脂質二重膜が覆う形となっている。
このため、アルコールなどで処理すると
グラム陰性菌の外膜は容易に壊れ
また内部のペプチドグリカン層が薄いために
細胞質内部の不溶化した色素が容易に漏出して脱色される。
グラム陽性菌では
脱色されないまま色素が残るので青く(クリスタルバイオレットの青)見えて
グラム陰性菌では脱色されるので赤く(サフラニンの赤)見える。
また糖鎖の大事な役割として
細胞膜にタンパク質と結合した糖タンパク質として埋め込まれている糖鎖は
細胞の顔とも言えるもので
細胞膜の外側にアンテナのように突き出していて
その先端が触れることで様々な情報を細胞内に取り入れ
細胞の増殖や発生と分化、炎症、免疫など様々なことに関わっている。
ちなみにヒトの血液型は
赤血球表面にある糖鎖の末端のわずかな違いによって分類されており
ある基本となる糖鎖に修飾がされてなければO型
N- アセチルガラクトサミンが修飾されているのがA型
ガラクトースが修飾されているのがB型
両方の型を持っているのがAB型となる。
生命の体を形作る構成材料としての糖は
植物細胞の細胞壁および植物繊維の主成分であるセルロースがよく知られている。
セルロースはベータグルカンの一種で
β-グルコースがβ1→4結合で重合したものである。
体を形作っている糖(炭水化物)の成分比率を見ると
動物は0.4%だが植物では23.8%と大きな差がある。
セルロースは天然の植物質の1/3を占めるので
地球上で最も多く存在する炭水化物となっている。
他にも糖由来の大事な生体物質について言えば
解毒に関係するグルクロン酸や
タンパク質を強くしたり抗酸化の働きをするビタミンCのアスコルビン酸は
グルコースから作られる(霊長類はできない)。
このように糖はエネルギーを作る元になるだけではなく
身体を形作ったり、身体の色々な所で使われる大事な栄養素ということになります。
糖化反応を起こすからというだけで毛嫌いするのではなくて
糖の大事さを分かった上で
身体に良い糖の摂り方をもっと考えるべきだと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

糖について考えてみた

2017-06-14 16:18:22 | 日記
糖について基本的な事から考えてみた。
糖は炭水化物とも呼ばれ、Cm(H2O)nの一般式で表される。
しかし,アミノ糖のように窒素を含むものなどは,この一般式に当てはまらない。
糖は多価アルコールの最初の酸化生成物で
アルデヒド基 (−CHO) またはケトン基 (>C=O) をひとつ持ち
2つ以上のヒドロキシ基-OHをもつ化合物と定義されている。
アルデヒド基を持つ糖はアルドース、ケトン基を持つ糖はケトースと呼ばれている。
例として炭素数3の化合物で説明すると
炭素数3の炭化水素プロパンにヒドロキシ基-OH3つが付くと
3価アルコールのグリセロール(プロパン-1,2,3-トリオール)になる。
この3価の多価アルコールであるグリセロールが酸化される(端の炭素部分が酸化される)と
3炭糖(トリオース)の2価アルコールで単糖のグリセルアルデヒド(2,3-ジヒドロキシプロパナール)になる。
グリセルアルデヒドは最も簡単な糖類でアルドースである。
生体内ではフルクトースが解糖系に送られる際
肝臓中で解糖中間体であるグリセルアルデヒドに変化する。
生体で最も重要でよく知られている糖は6炭糖(ヘキソース)でアルドースのグルコースである。
このグルコースは物質代謝の中心的な存在で
原核生物から真核生物(人間含む)まで、大部分の生命体がこの化合物を栄養素として利用している。
グルコースはエネルギー代謝の根幹を成すもので
酸素がない場合は嫌気解糖によりグルコースをピルビン酸を経て乳酸まで分解し
エネルギー通貨であるATP(アデノシン3リン酸)2分子を得る。
酸素がある場合はピルビン酸がアセチルCoAとオキサロ酢酸に変わり
ミトコンドリアにおいてアセチルCoAとオキサロ酢酸がくっついてクエン酸となり
クエン酸回路が回る。
この時にできるプロトンの濃度勾配を使ってATP合成酵素が稼働し
ATP38分子を得る。
グルコースが余った場合は
多数のα-D-グルコース(ブドウ糖)分子がグリコシド結合によって重合し
枝分かれの非常に多い構造になった高分子であるグリコーゲンとして
肝臓や骨格筋に一時的に貯蔵され
グルコースが足りなくなった時に
すぐにグリコーゲンがグルコースに分解され、利用される。
グルコースの貯蔵手段としては
他に脂肪とアミノ酸という形によるものがあるが
脂肪は脂肪酸という形でしかエネルギーを取り出せない(グルコースにできない)し
アミノ酸は合成分解に窒素代謝が必要(体に負担大)となる。
脂肪ほど多くのエネルギーを貯蔵することは出来ないが
食後などの一時的な血糖過剰に対応(余りを貯蔵)しているのがグリコーゲンだと言える。
グルコースは水溶液中では
鎖状構造以外にa型とb型(アノマーという)の2つの環状構造をとって存在する。
水溶液中では最終的にこの3つの分子種の平衡混合物になる。
環状構造をとった場合
C1炭素に新しいヒドロキシ基が生じる。
このヒドロキシ基はアルデヒド基から派生したものなので還元性を示す。
グルコースはそのアルデヒド基の反応性の高さから
タンパク質を修飾する作用(糖化反応)があり
インスリンによる血糖の制御ができずに生体が高濃度のグルコースにさらされると
糖毒性が生じ
微小血管障害によって生じる糖尿病性神経障害、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症などを発症する。
これらのことにより糖は一部の人から目の敵にされているが
やはり糖は物質代謝の中心であり、問題となるのは糖の摂り方がまずいことであって
糖そのものが悪いようには言わないで欲しいと思う。
次からもしばらく糖の擁護をしてみようと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

酢酸についての考察

2017-06-07 08:55:05 | 日記
酢酸について考えてみた。
酢酸は2炭素のカルボン酸(短鎖脂肪酸の一つ)で示性式はCH3COOHである。
我々に一番身近なものと言えば、料理に使う食酢がある。
食酢には酢酸が3~ 5%程度含まれており
血糖上昇抑制効果や血圧上昇抑制効果があるということで
健康にはいい食べ物のようだ。
ちなみに食酢で体の骨が柔らかくなるというのは迷信らしい。
人類の歴史の中では
酢酸は酢の形で、ある種の細菌によって作られてきた。
それらの細菌は十分な量の酸素がある環境、すなわち好気的な条件において
エタノールを含有する様々な食品から食酢を作り出している(エタノールが持つ水酸基の酸化を行っている)。
またある種の嫌気性細菌は
糖類を直接酢酸に変換させることができる(中間体としてエタノールを必要としない)。
これらの酢酸産生菌の多くは
メタノール、一酸化炭素、または二酸化炭素と水素の混合物など、1炭素の化合物から
直接酢酸を作り出すことができる。
生体においても、エタノール(お酒)は
アルコール脱水素酵素によってアセトアルデヒドに変えられ
アセトアルデヒドは体に有害であるので
アセトアルデヒド脱水素酵素によって無害な酢酸に変えられる。
二日酔いの原因はこのアセトアルデヒドなので
アセトアルデヒド脱水素酵素の働きが弱いモンゴロイド(日本人含む)のほぼ半数は
お酒に弱く、二日酔いになりやすいということになる。
抗酒癖剤は
アセトアルデヒド脱水素酵素を阻害し
ひどい二日酔いに似た症状を引き起こすので
慢性アルコール中毒の患者に対して
飲酒抑止をもたらす目的で処方されることがある。
酢酸は生体では
酢酸と補酵素Aの末端のチオール基がチオエステル結合した
アセチルCoAという形で働いている。
酢酸そのものよりも置換反応が起こりやすいので活性酢酸と呼ばれている。
アセチルCoAは
好気性細胞呼吸の第二段階目であるピルビン酸のピルビン酸デヒドロゲナーゼ複合体による脱炭酸の時や
脂肪酸のβ酸化の繰り返しによる逐次分解の時
アミノ基転移を経るアミノ酸の異化などによって生成する。
またアセチルCoAリガーゼ(アセチルCoA合成酵素)により
酢酸と補酵素Aから直接合成される。
生成したアセチルCoAは
クエン酸回路でのエネルギー生産や
脂肪酸の合成
メバロン酸経路によるテルペノイド・ステロイドの生合成
などに利用される最も重要な生体分子の一つとなっている。
アセチルCoA(アセチル基)関係の生体物質にアセチルコリンがある。
アセチルコリンは
副交感神経や運動神経の末端から放出され
神経刺激を伝える神経伝達物質である。
骨格筋や心筋、内臓筋の筋繊維のアセチルコリンの受容体に働き、
収縮を促進する。
また自律神経の内、副交感神経を刺激し
脈拍を遅くし、唾液の産生を促す活性がある。
アセチルコリンは
コリンアセチルトランスフェラーゼ(ChAT)によって
コリンとアセチルCoAから作られる。
水俣病で問題となった有機水銀は
チオール基と親和性が高く
コリンアセチルトランスフェラーゼの機能が阻害され
結果としてアセチルコリン濃度が低下し、運動障害を生じさせると考えられている。
ただ最新の研究では
有機水銀により
小脳や後頭葉で「VEGF」と呼ばれるタンパク質が異常に増加し
そのVEGFが血管の壁を破壊し
血管内の物質が脳組織に漏れ出すことで
脳内にむくみや出血などの障害が生じているらしいことが分かった。
生体内で放出されたアセチルコリンは
アセチルコリンエステラーゼ(AChE)の作用で
コリンと酢酸に速やかに分解、除去される。
脳内のアセチルコリンの相対的減少は
アルツハイマー病と関連があるとされ
コリンエステラーゼ阻害剤、ドネペジル(商品名アリセプト)が
治療薬として用いられている。
またパーキンソン病は
中脳黒質のドパミン神経細胞減少により
これが投射する線条体(被殻と尾状核)において
ドパミン不足と相対的なアセチルコリンの増加が起こり
機能がアンバランスとなることが発症の原因と考えられている。
アセチルコリン関係で事件に関わることと言えば
神経ガスのサリンは神経伝達物質のアセチルコリンと似た構造を持っており
アセチルコリンエステラーゼ(AChE)の活性部位に不可逆的に結合することで
アセチルコリンエステラーゼAChEを失活させる。
それによりアセチルコリンの分解を阻害し
アセチルコリンが除去されず、神経伝達を麻痺させる(副交感神経亢進)作用が働く。
それにより痙攣、唾液過多、瞳孔の収縮などの症状が出る。
重症となると呼吸困難、呼吸筋麻痺、意識混濁、昏睡、全身痙攣、体温上昇などを起こして死亡する。
治療薬としてアトロピンがある。
アトロピンは抗コリン作用を有する薬物で
具体的には、ムスカリン性アセチルコリン受容体を競合的に阻害することにより
副交感神経の作用を抑制し
胃腸管の運動抑制、心拍数の増大などに作用する。
地下鉄サリン事件ではサリンに曝露した被害者の治療にも用いられている。
よく目にするものとして血液検査にコリンエステラーゼ(ChE)の項目があるが、
コリンエステラーゼは肝臓で合成され血液を循環している酵素で
肝機能が衰えるとコリンエステラーゼの生産量が減るため
コリンエステラーゼが基準値よりも低いと肝機能の低下が推測できる。
なおコリンエステラーゼには
神経や血液に存在するアセチルコリンエステラーゼと
肝臓や膵臓に存在するブチリルコリンエステラーゼの2種類があり
健康診断ではブチリルコリンエステラーゼのみを検査している。
よって血液検査で異常値となっても
肝機能低下ということであって
神経伝達は関係ないので神経の方ではご心配なく。
しかし酢酸のこと一つ考えるだけで、いい勉強になりますね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加