美夜の日記

アニメやゲームが大好き
特に美形キャラの出て来る物

謹賀新年

2017-01-04 17:07:38 | 日記
新年 明けましておめでとうございます
2017年 今年はどんな年になるか?

『正月は静かに過ごしたい』と・・・毎年望むことなのだが、今年はそうはならなかった

弟が私や母様も連れていく旅行の計画を立てていたのだ
訳は『息子が来年は6年生で中学受験のために来年の正月はゆっくりすごせそにない』と言うことらしい
中学生で受験ですか・・・時代は変わった

でも『多分 別の思惑もあるんだろうな』と私は思っている
母様の為もあるのだろう
なんだかんだ言って、母様が大好きな弟だ

正月に弟一家が家に来るとなると、布団を用意したり、ご馳走を作ったり、で母様は目の回るような忙しさになる
そうして正月、何かしらと動き回って、かいがいしく世話を焼く
元々、世話焼きタイプの母様・・・なにもないころから仕事をつくれるような人
けれど弟としては『そこまでしないでいいのに』と言うところだろう
だからあえて旅行を計画したのだと思う

旅行に出てホテルに泊まれば食事や布団の心配も用意も必要ない
母様にとっては喜ばしいことかもしれない

だが、今回も近場の箱根を目的にしていたのだが
1月の2・3日はどこも一杯で宿がとれなかったようだ

どういう訳で、そうなったのか不明だが
今度の旅先は伊豆の熱川
行きと帰りのルートは別々だが熱川で落ち合うように予定を立てた
私と母様は最寄りの駅から大船まで出て、そこから『踊り子』の特急列車に乗る予定だったのだが
最初からハプニング
横浜で人身事故発生のためにダイヤが乱れ15分遅れての出発
それがズルズルと尾を引いて30分も遅れた
弟たちには、車内で携帯を使い『ホテルで待ってくれるように』と指示を出していた

駅に着いたところでホテルの人に送迎を頼むと、すぐに迎えにきてくれので、無事にホテルで落ち合うことができた

『正月早々出かけるのもな~』と思ってはいたが
夕食は魚尽くしの和食だったが、どれも美味
特に鯛の煮つけやお茶漬け
刺身もやっぱりおいしかったし(特にアワビが)
苦手なブリもしゃぶしゃぶにして食すのだが・・・美味しかった
そんな訳で夕食はとても満足できた

その後はもちろん温泉だ
ここでも温泉は種類はいくつもあって
屋上の方には足湯もある
何しろ太平洋がどの部屋からでも眺められるのが売りのホテルでもある
まさに『オーシャンビュー』と言うところだろうか(笑)
朝にはお風呂からでも海を見ることができあるのだ

今回、私は夜だけにしたけど
最初に身体を洗って内風呂で少し体を温めた後、外にあるミカン湯に入った
大小様々なミカンが浮かんでいて、とても爽やかな香りがして温まることができた

今回泊まったホテルは元々ミカンを栽培していたらしい
だけど、温泉が湧き出たことでミカンの栽培を続けながらもホテルを経営しているらし
その為か食事の食前酒もミカン酒
お土産屋にもミカンを使った様々な食べ物が置いてあった

お風呂の後は夕食後にすでに用意されていたフカフカの布団で眠りにつき
朝には3日だか部屋のベランダから海からゆっくりと浮かんでくるご来光を見ることができた
まさにオーシャンビューで全員ベランダに出てカメラを構えていた(笑)

朝食も豪華で、正月と言うこともあって3段重ねのお節料理
まさに食べきれないほどの量があった
でもおせち以外にも全員に好評だったのが『タラの西京焼き』かな?
程よい味付けで美味だったし、自然とご飯も進んだ

そしてホテルを満喫して帰路に着いた
弟たちは熱川の『バナナワニ園に寄ってから帰る』ということだった
ワニ以外に熱帯植物園もあってバナナをはじめいろいろな熱帯の果物がいただけるというが
今回私と母様は帰りの切符も取っていたので時間に遅れるわけにはいかなかったので送迎バス内でお別れすることになった

帰りはトラブルもなくスムーズに帰ることができた
これで1月の行事は終了
2月には私の『雪見旅行』と母様の『北海道旅行』が控えている
その為に1月中にシッカリ準備万端整えておかないとね

では最後に私のつまらないブログですけど読んでくださっている方々に感謝おこめて
今年もよろしくお願いします




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリスマスなのに | トップ | 再び越後湯沢へ »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。