会社を悩ます問題社員の対応

会社を悩ます問題社員の対応,訴訟リスクを回避する労務管理

午前0時を過ぎて2暦日にわたって残業した場合の割増賃金(残業代)計算のポイントを教えてください。

2016年10月14日 | 事務所のご案内

午前0時を過ぎて2暦日にわたって残業した場合の割増賃金(残業代)計算のポイントを教えてください。

 

1 通常の労働日に2暦日にわたって残業した場合

 通常の労働日に2暦日にわたって残業した場合,午前0時をもって労働時間を分断するのではなく,前日の労働として通算するのが適当な解釈であると解されます。

 例えば,A社(所定労働時間8時間,始業時刻11時,終業時刻20時,休憩1時間)において,11時から翌6時まで働いた場合の時間外労働時間は10時間(=終業30時(翌6時)-始業11時-休憩1時間-所定8時間),深夜労働時間は7時間(=29時(翌5時)-22時)になります。

 では,A社で11時~翌14時まで働いた場合の時間外労働時間の計算は,どのように行うのでしょうか。

 残業が翌日の始業時刻まで及んだ場合,翌日の始業時刻以降は通常の賃金を支払うことで足りるため,1日目の時間外労働時間は11時~翌11時として計算します。この場合の時間外労働時間は15時間(=終業35時(翌11時)-始業11時-休憩1時間-所定8時間),深夜労働時間は7時間(=29時(翌5時)-22時)になります。そして,翌11時~翌14時の労働時間は,翌日の通常の労働時間として扱うことになります。

 

2 翌日が法定休日の通常の労働日に2暦日にわたって残業した場合

 労基法上の「休日」とは暦日を指し,午前0時から午後12時までをいいます(昭23.4.5基発535号)。

 したがって,法定休日の前日の勤務が延長され,午前0時を過ぎて労働した場合,午前0時以降の労働は,法定休日労働として扱うことになります。

 たとえばA社で11時~翌6時まで働いた場合,前日の時間外労働時間は4時間(=24時(午前0時)-始業11時-休憩1時間-所定8時間)となり,前日の深夜時間外労働時間は2時間となります。そして午前0時以降は法定休日労働時間は6時間(=翌6時-午前0時),深夜労働時間5時間(=翌5時-午前0時)となります。

 また,法定休日の勤務が延長されて翌日に及んだ場合においても,休日割増賃金を払うのは法定休日の日の午前0時から午後12時までの時間帯に労働した部分となるため,午前0時以降は休日割増賃金を支払う必要はないとされています。

 

――――――――――――

弁護士法人四谷麹町法律事務所

会社経営者のための労働問題相談サイト

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 法定休日と法定外休日の違い... | トップ | 36協定はなぜ締結するのか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。