会社を悩ます問題社員の対応

会社を悩ます問題社員の対応,訴訟リスクを回避する労務管理

法定休日と法定外休日の違いについて教えてください。

2016年10月14日 | 事務所のご案内

法定休日と法定外休日の違いについて教えてください。

 

 法定休日とは,労基法35条に規定する週1回または4週4休の休日をいい,労基法37条の割増賃金(残業代)の支払義務が生じます。

 法定外休日とは,法定休日に該当しない労働契約上の休日をいい,労基法37条の割増賃金(残業代)の支払義務は生じません。

 時間外の割増賃金(残業代)を算定するにあたって法定休日と法定外休日を区別することは重要であり,週休2日制の場合,1日は法定休日,1日は法定外休日になります。

 割増率は,法定休日に労働した場合は3割5分以上,法定休日の深夜に労働した場合は6割以上となります。

 また,1か月60時間を超える法定時間外労働の算定には,法定休日労働は含まれませんが,法定外休日労働は含まれます。

 

――――――――――――

弁護士法人四谷麹町法律事務所

会社経営者のための労働問題相談サイト

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 所定就業時間と所定労働時間... | トップ | 午前0時を過ぎて2暦日にわ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。