こまったちゃん。のきまぐれ感想記

本・映画・お芝居等の感想をミーハー目線で、その他あれこれ書き散らかしています。

試写会「DOOM」

2006-03-20 | MOVIE(AMERICA)
試写会「DOOM」開映18:30@九段会館

「DOOM」 2005年 アメリカ・チェコ
配給:UIP
監督:アンジェイ・バートコウィアク
製作:ジョン・ウェルズ、ロレンツォ・ディポネヴェンチュラ、
   ヘニング・モルフェンター、デヴィッド・ミンカウスキー、
   ティエリー・ポトク、マシュー・スティルマン
製作総指揮:ジョン・D・スコフィールド、ローラ・ホルスタイン、
   ジェレミー・ステックラー
原案:デヴィッド・カラハム
脚本:デヴィッド・カラハム、ウェズリー・ストリック
出演:カール・アーバン、ザ・ロック、ロザムンド・パイク、
   デオビア・オパレイ、ベン・ダニエルズ、ラザーク・アドティ、
   リチャード・ブレイク、アル・ウィーヴァー、ヤオ・チン、
   ロバート・ラッセル、デクスター・フレッチャー、
   ブライアン・スティール
上映時間:1時間44分 


ゲームが元になっているらしいです。
「バイオハザード」みたいなもんなのかな?
闘いもののゲームをまったくやらない私にはサッパリ分かりません。
そのゲームそのものに自分の目線で撮られているという話でしたが、そんな目線になるのはほんの一部分なんじゃん、と思っていたら、後半集中してその目線が使われます。
なるほどー。ほんと、ゲームみたい。
ゲームセンターで上手な人の画面を横で見てるみたいな気分です。
(自分でやるとすぐ死んじゃうので・・・笑)

火星で何かあったということで派遣される海兵隊。休暇返上で火星に乗り込むわけなんですが、火星への行き方が面白い。
私は結構気に入りました。ココ注目

軍曹はザ・ロック。
どうも「BeCool」のときの片眉上げたチャーミング(?)な姿が浮かんじゃって集中できませんでした。
そういう意味で、「BeCool」はザ・ロックファンの方は必見かも。(いや、見ないほうがいいとも言えるかも・・・。冷汗
ザ・ロックは今回の軍曹役でラジー賞にノミネートされています。ココ注目

研究者である姉&海兵隊の一員の弟。
この姉役はロザムンド・パイク。「プライドと偏見」の長女役だった知性を感じさせる美女。博士役はとても似合ってました。
知性と美しさを併せ持つ女性ってひじょうに羨ましいです。

弟役はカール・アーバン。
この人どっかで見たことあるよなー、と思いながら観ていましたが、出演作はこんな感じ。
2000年「ミルクのお値段」「デモンズ2001」
2002年「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」「ゴーストシップ」
2003年「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」
2004年「リディック」「ボーン・スプレマシー」
2005年「ドゥーム」
LOTRではエオメル役だそうですが、どんな役だっけ???
DVDで確認するか・・・。
こんな特集ページありました。コチラ
「リディック」も観たんだけどなー。ヴィン・ディーゼルのムキムキっぷりしか覚えてない・・・。
「ボーン・スプレマシー」・・・。殺し屋の一人かな???
多分、これらで見てたから、顔を覚えていたんだろうと思います。
今回、この人かなりかっこいいです。女子注目ー!
ちなみに趣味はガーデニングらしいよ(笑)
草花について語り合ってみたいもんです(私、英語できないけどね。笑)

なんやかんや言って、結構楽しめました。
ゲーム好きさん、B級SF好きさんにはお薦めします!
ザ・ロック好きさんには物足りないかもしれません?
あ、また「BeCool」を思い出しちゃった・・・(笑)


今日のいくらなら出しても惜しくない  ¥800(DVDでいいかな。でも大きい画面の方がより楽しめるかも)
実際に出したお金             ¥300(ハガキ6枚と交換+定期券内)

23日の一ツ橋ホールの試写会は4人分当たったけど、日程上20日に観たかったので交換してもらいました。4人分の方はしめてハガキ9枚になったからいいか・・・。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 超かんたんレシピ「チキン・... | トップ | 私にとっては大事なニュース »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
エオメル (kossy)
2006-04-02 13:00:29
エオメル役だったのですね~

見た事ある顔だったけど、

どの映画だったかさっぱり思い出せませんでした。

『ミルクのお値段』や『デモンズ2001』も観たくなってきました~

エオメル (こまったちゃん。)
2006-04-02 20:49:55
私はネットで画像を見てもピンと来ないんですよね。

でも、今回は主役?ということもあって、かっこよかったです。

「ミルクのお値段」とか「デモンズ2001」ってどんな映画なんでしょうかね。怪しい題名・・・(笑)

こまったちゃん的には「ゴーストシップ」を観てみたいです。

忘年会のクジの当たり賞品にあったんですよね。

私は「ミスティック・リバー」を選んで、後で貸し合いっこしようねと約束したような・・・。

さて、誰と約束したんだっけ???(笑)

そっか、そっか (じゃすみん)
2006-04-02 21:08:50
ザ・ロックって人の名前だとは知らず・・・。お恥ずかしい・・・。笑

でも、こまったちゃん。の感想でよーくわかりました。

「Be Cool」のカレですね!笑

とってもお茶目で好きでした~。
片眉 (こまったちゃん。)
2006-04-03 00:26:39
「BeCool」での片眉あげは忘れようにも忘れられないですよね(笑)

本人は印象深すぎても迷惑かもしれませんが(爆)
足してもねぇ・・・ (はっち)
2006-04-07 07:47:09
お邪魔します~♪

「バイオ・ハザード」+「エイリアン」=Doomなんでしょうが、足せばエエってモンじゃないって事ですよね。

ロザムンド・パイクがけっこう気に入ったけどね~♪理由は・・・ムフフっ!
ふふふ (こまったちゃん。)
2006-04-08 11:11:31
私はそのゆる~い感じが結構好きでしたよ。

それよりはっちさんがロザムンド・パイクを気に入った理由が気になります!(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ドゥーム DOOM (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
ザ・ロック、カール・アーバン主演 SF映画 10数年前にマッキントッシュPCで流行ったゲームDOOMの映画化 有名すぎるシューティングゲームで未だにファンが多いようです 映画はスコーピオン・キング、ランダウン ロッキング・ザ・アマゾン ワイルド・タウン 英雄伝説で主
「DOOM ドゥーム」試写会 (ミチミチ)
「DOOM ドゥーム」 監督 アンジェイ・バートコウィアク CAST カール・アーバン/ザ・ロック/ロザムンド・パイク・・・story 火星2026年。ここには高度な文明が存在した。そこには謎の人類が。その研究の中、緊急事態が発生!RRTS<緊急対応戦略部隊>の精鋭8人がその現
「DOOM」 (てんびんthe LIFE)
「DOOM」一ツ橋ホールで鑑賞 アメリカで人気のあったゲームが原作らしいです。ゲームってやってことがないのでほとんどわからないのです。予想外の作品でした。普通にザ・ロック主演のアクション映画かと思っていました。ちょと違っていたんですね。もちろんアクショ
映画感想「DOOM」 (三匹の迷える羊たち)
映画感想「DOOM」 【評価】★★ 【暴力】★★★★ 【残酷】★★★★ 【映像】★★ 【緊迫】★★★ 【エロ】 コンピューターゲームが元ネタのようです。 僕はゲームはほとんどやらないので、よくわからないのですが、なんとなーく「バイオハザード」っぽい印象.
DOOM ドゥーム (ネタバレ映画館)
 カツヒコ・クマノスケ・タカハシ!
ドゥーム (週末に!この映画!)
期待値:38%  ゲームが原作の映画。 この映画ではFPS(ファースト・パーソン・シューティング)と
はやりのゲームの映画化「DOOM ドゥーム」 (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
ザ・ロック主演 「DOOM ドゥーム」を観てきました。 これもゲームの映画化なんですね。 出だしは「エイリアン」っぽく 後半はまるで「バイオハザード」そのもの 恐怖感も少ないし・・・ 制作費は、かかってて 映像は見ごたえあるのですが。 うーん bobyshiro価格1
ドゥーム-(映画:今年47本目)- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:アンジェイ・バートコウィアク 出演:カール・アーバン、ザ・ロック、ロザムンド・パイク、ラズ・アドティ 評価:71点(100点満点) 公式サイト (ネタバレあります) まだインターネットが普及する前から大人気の、パソコン用SFシューティン
映画「DOOM ドゥーム」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2006年18本目の劇場鑑賞です。公開当日劇場で観ました。「ロミオ・マスト・ダイ」「ブラック・ダイヤモンド」のアンジェイ・バートコウィアク監督作品。火星に置かれた研究所で謎のクリーチャーが出現、捜索&掃討作戦遂行のために送り込まれた特殊部隊のメンバーが直面す...
ドゥーム (映画評論家人生)
ホクテンザ2 テレビゲームから生み出され、火星を舞台にしたSFゾンビB級映画。「サウンド・オブ・サンダー」もこういう映画館で流してくれたら、高く評価したかもしれない。映画館、椅子、人入りによって、評
映画館「DOOM ドゥーム」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
あまり期待をしないで観に行きました。 まさしく、それはピッタリあてはまりそれほど面白くも無く、、、 感染系エイリアンモノっていうのかしらぁ。 エイリアンっぽいんだけど、ゾンビちっく。 ゲームを映画化したらしいのですが、設定そのものがイマイチ。いきなり...
Doom/ドゥーム 2006-17 (観たよ~ん~)
「Doom/ドゥーム」を観てきました~♪ 火星にある研究所から、緊急救援要請が届いた、カリフォルニアの海兵隊特殊チームの隊長サージ(ザ・ロック)は、チームを率いて火星へと向かう・・・
DOOM ドゥーム (わかりやすさとストーリー)
●特色の一人称シューティングシーンを取り入れた、ザ・ロック様ウハウハモードで暴れまくりの巻●日本人の扱われ方は「ダイ・ハード」から変化ナシ。こうなりゃ「エイリアン」でも「バイオハザード」でもなんでもいっか(笑)
DOOM/ドゥーム (ぶっちゃけ…独り言?)
3点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) “一人称型シューティングゲーム”の元祖として知る人ぞ知る人気ゲームを 映画化したSFアクション・ホラーです。 主演(違うかな?)はあのロック様。 いや~、予想通りと言えば予想通りなのです ...
DOOM 06年164本目 (猫姫じゃ)
DOOM ドゥーム 2005年   アンジェイ・バートコウィアク 監督カール・アーバン , ザ・ロック , ロザムンド・パイク , ラズ・アドティ これって、ゲームでしょ? てか、Video性能のベンチマークテスト。 あたしはこれ、使ったことないんだケド、3D Mark ...
DOOM ドゥーム (Doom) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 アンジェイ・バートコウィアク 主演 カール・アーバンザ・ロック 2005年 アメリカ/チェコ映画 104分 アクション 採点★★★ スーファミ後の次世代ゲーム機の覇権争いが熾烈を極めていた頃、周囲が「PSだぁ!」「ドリキャスだぁ!」「64だってば!」とそ ...