こまったちゃん。のきまぐれ感想記

本・映画・お芝居等の感想をミーハー目線で、その他あれこれ書き散らかしています。

試写会「バッド・エデュケーション」

2005-03-23 | MOVIE(EUROPE)
試写会「バッド・エデュケーション」開映19:00@GAGA試写室

「バッド・エデュケーション」(LA MALA EDUCATION)2004年 スペイン 
配給:ギャガGシネマグループ
監督・脚本・製作:ペドロ・アルモドバル
製作:アグスティン・アルモドバル
撮影:ホセ・ルイス・アルカイネ
美術:アントソン・ゴメス
音楽:アルベルト・イグレシアス
衣装:パコ・デルガド、ジャン・ポール・ゴルチエ
出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、フェレ・マルチネス、ハビエル・カマラ、
   レオノール・ワトリング、ダニエル・ヒメネス・カチョ、ルイス・ホーマー、
   ぺトラ・マルチネ、ナチョ・ペレス、ラウル・ガルシア・フォルネイロ
上映時間=105分 R−15

「やおい」という言葉に思わず反応してしまう人、集まれ〜的な作品です。
少年時代の友人との再会・・・。もっと精神的なお話を想像していました。
ひゃーーーーっ!と叫びたくなったほどの、野郎ファ○クシーンに驚いたのは
私だけではないはず。
でも、今日はごく少人数の試写室での試写会だったので、みんなおとなしく観てました。
これがよみうりホールとかだったら、場内騒然になりそう・・・。
「やおい」好きならば、ショタ好きも、おやじ萌えも、もちろん美青年好きも萌えポイント
があります。
今回はどうしても画像(ガエル・ガルシア・ベルナルの美しいオカマ姿)を添付したくて
ネットをさまよってたら、「ゲイ限定試写会」まで発見!!
ゲイ雑誌の合同開催で、場所はもちろん新宿(笑)
すげー、すごすぎる(鼻血ブーーーッ)

こまったちゃん、今日は知恵熱出そうなくらいに興奮しているので
わけわかりません(笑)

ま、とにかく「やおい」好きさんとゲイのみなさんは必見です!!!!!!
ちょっとチカラ入りすぎちゃった。えへっ(*^_^*)

それはそうと、フェレ・マルチネスってポルノグラフィティのアキヒトに似てない??

それから愚痴なんですが、今日のお隣さんは香水がきつかったです・・・。
言ってあげた方が本人のためにも、これからその人と試写会で近くの席になる人のためにも
よかったかなぁと思ったりもして。
実際は、耐えてただけですが・・・。

ということで本日のブログ終了しまぁす♪♪

P.S.今日は試写会サイト繋がりの同年代(と思われ)のサラリーマンさん来てたんだけど
    「バッド・エデュケーション」の感想聞きたいナ。

P.S.その2 完全ノンケの男性は観ない方がいいと思います(真剣なアドバイス)

今日のいくらなら出しても惜しくない ¥1800(「やおい」好きのあなたなら損はなし!)
実際に出したお金            ¥250(ハガキ5枚にて同行させていただく。徒歩)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (22)   トラックバック (56)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 試写会「隣人13号」 | トップ | TVで映画「ザ・ワン」 »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラバありがとうございました (sprewell8_daisuki)
2005-03-24 13:49:14
こんにちは。トラックバックをありがとうございました!

バッド・エデュケーション、ご覧になったんですねー。

羨ましいです。

私も見に行きたいなぁ・・・・ホント。
ぜひ! (こまったちゃん)
2005-03-24 21:58:45
観たいと思う人は、観た方がいい!

ダメな人はまったくダメだろうけど・・・(笑)
妙に硬直した映画… (0120 Blog)
2005-04-12 23:12:54
はじめまして。こんばんはです。

『バッド・エデュケーション』観て来ましたョ。

公開以前の段階の記事にもTB頂いてましたね。

重ね重ね(^人^)感謝♪です。



さて、真面目な感想は置いといて(置いとかせて下さい…)

私は体が硬直しちゃいましたねぇ〜。

記事を書いていて何となくは想像していたのですが

やっぱりキツかった…ケツが痛くなる思い?で観ました(笑)。
私もビックリ! (こまったちゃん)
2005-04-13 00:46:23
想像をはるかに超えるエゲツなさに、私も固まりましたよ。すぐ適応しましたが(爆)



ケツが痛くなる思い・・・ふふふふっ
TBありがとうございます! (usamoko)
2005-04-23 17:25:10
思いっきり「ゲイ限定試写会」に驚いてしまいました!そんなこともやってたんですね!!すご〜い!!へぇ〜!!



ガエルも新境地ですよね〜!ガエルとフェレにはゲイさんのファンが増えたりしたのかなぁ。二人のその例の場面での表情とかすごかったですよね。ガエル痛そうで・・・。ひょ〜って思いますが、これはやはり美形の二人だから私はOKって感じで見ました(笑)ガエル目当てでいったんですが、フェレになんかすごい魅力を感じました。
ゲイ限定試写会 (こまったちゃん)
2005-04-23 18:24:50
私も発見した時はのけぞりました。

すげーーー(笑)



二人とも魅力的でしたね♪
オーディション (FLUFFY)
2005-04-27 01:37:45
こんばんは。

「ゲイ限定試写会」なんてあったんですか!

凄いなあ。

作品としては、ああいう内容を美しすぎる映像で

観させてくれて楽しかったです。

「オーディション」の中身を知った時は

「・・・・・」でしたけどね(^^ゞ
美しすぎる映像 (こまったちゃん)
2005-04-27 06:14:48
色彩に優れた映画だったなぁと思います。

内容的にはダメな人には、まったくダメだろうけど

美しい作品であることは確かですよね(^^♪
ノーマルですが (ソウウツ)
2005-04-29 05:31:27
どうもです。「サマリア」でTBが貼れなかった者です。いまだにできないのですが、こっちも貼れませんでしたorz また折を見て貼らせていただきます^^;; 僕はゲイではないですが、すんなりと受け入れることができました。「ゲイ限定試写会」はどうやって客を判別するんですかねw
なんでだろう・・・ (こまったちゃん)
2005-04-29 10:29:28
ソウウツさま

またしても、TBできなかったとのこと。

なんでなんでしょうかねぇ・・・。

お手間ですが、よろしければコメントの中で該当ページのアドレスを貼っておいてください。



「ゲイ限定試写会」の判別かぁ。考えてもみなかったです(笑)

ノンケの人がいくと危険が伴うとか・・・?



雑誌名忘れちゃったけど「薔○族」とか「さ○」とかの何誌かの合同試写だったみたいなので、読んでる人しか応募しないのでは???



それと、ノンケの男子でもすんなり受け入れられる方もいらっしゃるんですね(^^♪

あちこち覗いて「だめだ」って人が多かったんですが、人によるんですねφ(..)メモメモ
恐縮です (ソウウツ)
2005-04-30 02:16:36
あ、いえいえどうぞお構いなく^^;; 自分が見た映画を他の人がどう思っているのかが気になって、意見の交換ができたらなぁとTBを添えてコメントさせてもらっているので、こうやって書き込みさせてもらっているだけで楽しいです^^ どうも僕が使用しているアメブロはTB送信が調子悪いみたいです。

本作は賛否両論のようですね。僕は同性愛者に偏見を持っていない(つもり)で、その性描写や複雑なストーリー展開も割とスムーズに移入できました。



>雑誌名忘れちゃったけど「薔○族」とか「さ○」とかの何誌かの合同試写だったみたいなので、読んでる人しか応募しないのでは???



なるほどw それならノンケの人は手に入らないですね。読者は必ずその方たちですからw(偏見)
美形好き♪ (てふてふ)
2005-05-02 00:39:50
いや〜 美形で良かったです〜〜

フェレ、似てると思いますよね、アキヒトに。

あたしはガエルより、フェレの方がタイプです*^-^* 
ですよねーー! (こまったちゃん)
2005-05-02 01:45:51
誰も賛同してくれないんで、さみしくなってたところです。



フェレ・マルチネス≒ポルノグラフィティのアキヒト
ソウウツさま (こまったちゃん)
2005-05-02 01:47:56
私としては、ゲイ限定試写会での感想を聞きたいですね。どんな感想を持ったのでしょう?

うーん、興味津々だわん。
TB感謝です〜 (エセスタンダリアン)
2005-05-08 18:02:18
自分もノンケですが、この映画を見ると、恋愛においては性別や年齢というような二次的な要素がちっぽけな問題に見えてきてしまいそうです。

恐い恐い。
エセスタンダリアンさま (こまったちゃん)
2005-05-08 19:05:28
私も脳みそでは恋愛は自由だし、年齢や性別も関係ないと思います。

でも地下鉄で痴女にあったときのショックを考えると女性とは無理かも・・・。

誰が同性愛者であっても構わないけど、「私を巻き込まないで下さい。ごめんなさい」という気分です。

本で読んだり映画で観る分には全然OKです!
トラバさせていただきました (2cm)
2005-05-20 14:41:37
なんか二重になってしまって申し訳ありません…。すごい映画でしたね。ゲイ試写会にびっくりしてしまいました。
びっくり!ですよね (こまったちゃん)
2005-05-21 12:52:43
ゲイ限定試写会には私もびっくりしましたよーー。興味津々だけど、足を踏み入れるわけにも行かずもんもんとしました(笑)



TBは1つ削除させていただきました。

これからもよろしくお願いいたしま〜す
遅まきながら (まきまき)
2005-06-22 15:43:37
今頃になって…ですが、TBさせていただきました。

ゲイ限定試写会!

そっと様子をうかがってみたーい。



私もアキヒト似に1票!

(って遅いですね。)
ふふふふ (こまったちゃん)
2005-06-23 01:42:17
そこに注目しましたか(笑)

二人で潜入したかったですね、ゲイ限定試写会。



アキヒト似賛同?嬉しいです♪

ワタシの「この人とこの人は似てる説」は否定されることが多いのですわ。
GAGA試写室でこの映画を観ると (bakabros)
2005-09-29 02:30:29
狭いし人数少ないし、溜息とか聞こえそうで緊張しそう!

今頃観て来まして、TBさせて頂きました。

こんなにストレートなゲイムービーだとは思わなかったのでちょっと驚きましたが、色んな意味で堪能しました。嫌いじゃない世界!?

ペドロ・アルモドバル監督の他の作品も凄く観たくなりました。
私の場合 (こまったちゃん)
2005-09-30 01:06:01
多分作品に夢中で周りは気になりませんでした(笑)

ただ、予想してなかったのでかなりビビリましたねぇ。

少年時代の友情ものだとばかり思っていたんですよね。

でも私も決して嫌いじゃないので・・・(爆)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

56 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『バッド・エデュケーション』 (ラムの大通り)
----アルモドバルの映画って、最近日本で受けてるよね。 どう?こんどのもヒットしそう? 「う〜〜む。どうだろう。 彼の映画って女性賛歌みたいなところがあったけど、 今回はホモセクシャルが前面に出てるからなあ。 しかも寄宿学校内の神父による少年への性的虐待が描かれ
2月10日(木) 『バッド・エデュケーション』 (映画の胃袋 Живот киноего)
★★★ ペドロ・アルモドバルとガエル・ガルシア・ベルナルが組んだ話題作!アルモドバル監督自身が10年以上も温め続けてきた渾身の作品である。若い映画監督エンリケの元に、自作の脚本を持って現れた俳優志望の美青年イグナシオ。2人は幼い頃、神学校時代に互いの「初恋の
「バッド・エデュケーション」 (It\'s a wonderful cinema)
 2004年/スペイン  監督/ペドロ・アルモドバル  出演/ガエル・ガルシア・ベルナル      フェレ・マルチネス  大好きなガエル・ガルシア・ベルナル主演。監督はペドロ・アルモドバル。  アルモドバル監督らしい作品。女装・同性愛。でも、切ないほど深い
試写会感想 バッド・エデュケーション編 ★★★ (ボタン連打)
アルモドバルお得意の、陰気くさーい音楽と、芸術調の画面は健在。美学が光るオープニング&エンドロールも健在。でも今回は仕掛けのわりに、ネタがちょい薄。 ってことで個人的には「オール・アバウト・マイ・マザー」や 「トーク・トゥー・ハー」に軍配です。 映倫による
Bad Education / La Mala Educacion (Sonic Death Monkey)
22 Nov 2004 2本目はガエル・ガルシア・ベルナル君の女装が話題のペドロ・アルモドバル監督作Bad Education こちらはスペイン語に英語の字幕。これまた細かいことはわからず。 物語の基本にあるのはローマン・カソリックの学校でのイケナイ出来事。 同級生の男の子
少年時代から貫かれる男同士の究極の愛 (人生はお伽話もしくは映画のよう)
「バッド・エデュケーション」 異性(もしくは同性)に性的な欲望を覚える。これは人間として当然のこと。でも単に肉体的欲求としてそうなのか、それともそこにはある種の
バッド・エデュケーション (エンタメ!ブレイク?)
恋は盲目、愛は献身、そして孤独。 絆、偽り、欲望…複雑な要素を重ねた、 フツーに
Bad Education バッド・エデュケーション (赤パン帳 (ΘェΘ))
Bad Education La Mala Educacion バッド・エデュケーション(仮) by Pedro Almodovar, Spain (2004) 25 May 2004, Screen on the Green まず言わせてください。 アルモドヴァール監督、あなたの才能と天才にどこまでも着いてゆきます。
バッド・エデュケーション〜ガエル・ガルシア・ベルナルの甘い毒〜 (マチダタイムス)
 ローマ法王が亡くなった。同性愛に対してはけだし寛容ではなかったけれど英明で温厚だった指導者の死を悼みたい。宗教指導者には神に対して忠実であることより人に対して誠実であることを望みたい。そういう意味で出来うる限りではあったが人に優しい宗教指導者の一人だっ
『バッド・エデュケーション』を観ました。 (0120 Blog)
当Blogでも何度か取り上げた作品。 ガエル・ガルシア・ベルナル と フェレ・マルチネスの共演という事もさる事ながら、作品の裏にある深さとでも言えば良いのか、何か引っかかる様なモノが感じられて、そんな不思議な感覚に惹かれたのかも知れません。 さすがに何度か記事
CAC映画評:「バッドエデュケーション」 (言語生活)
 日本でも有名なスペインのペドロ・アルモドバル監督。『オール・アバウト・マイ・マザー』(1998)では、子を失う哀しみにありつつも、他者への愛情を失わない母、その愛情の力強さを雄弁に語り、『トーク・トゥ・ハー』(2002)では、シンプルで力強い脚本で観客を引き付け、
『バッド・エデュケーション』 (千の天使がバスケットボールする)
監督・脚本・製作:ペドロ・アルモドバル 出演:ガエル・ガルシア・ベルナル/フェレ・マルチネ ハビエル・カマラ/レオノール・ワトリング 製作:アグスティン・アルモドバル 撮影:ホセ・ルイス・アルカイネ 美術:アントソン・ゴメス 音楽:アルベルト・イグレシ
[IZ]:「バッド・エデュケーション」 う〜む、やっぱり… (Internet Zone::Movable TypeでBlog生活)
「オール・アバウト・マイ・マザー」、「トーク・トゥ・ハー」のペドロ・アルモドバル監督の最新作、「バッド・エデュケーション」を見てきました。今年10本目の映画で...
バッド・エデュケーション (見なきゃ死ねるか!聴かなきゃ死ねるか!)
監督:ペドロ・アルモドヴァル 原題:La Mala educación キャスト
バッド・エデュケーション (amapola)
濃密な時間はあっという間に過ぎ去ったが、この映画の余韻は長かった。
『バッド・エデュケーション』 4月9日(土)公開 (これから映画)
2004年 スペイン監督・脚本 ペドロ・アルモドバル 出演 ガエル・ガルシア・ベ
La Mala Educacion★★★★☆ (なおのオススメ文芸。)
邦題:バッド・エデュケーション 『1980年、マドリード。新進気鋭の映画監督エンリケの元に、神学校の寄宿舎で共に少年時代を過ごしたイグナシオが訪ねてくる。幼い頃の面影が全くないイグナシオにエンリケはとまどうが、彼の美しさに次第に惹かれていく。しかし、ある日...
『バッド・エデュケーション』 (映画の見方“くるる流”)
予告編があまりにも刺激的だったのでどうだろうと思いながら『バッド・エデュケーション』を観に行って来ました。『トーク・トゥ・ハー』のペドロ・アルモドバル監督の新作です。『モーターサイクル・ダイヤリーズ』でチェ・ゲバラの役をやったガエル・ガルシア・ベルナル...
■バッド・エデュケーション BAD EDUCATION 主演ガエル・ガルシア・ベルナル (ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY)
■バッド・エデュケーション英題:BAD EDUCATION(原題:La Mauvaise education)●まもなく日本で公開されるペドロ・アルモドヴァル監督作「バッド・エディケーション」。今回の物語は、2人の少年と司祭を主人公に、1960年代初めから約30年に及ぶ彼等の愛と友情、そして、溢れ
バッド エデュケーション (まったりでいこう〜)
とても美しくそして切なく哀しい男たちの話でした。映画監督のエンリケのところにかつて同級生だったというイグナシオが訪ねてくるところから物語は始まります。イグナシオはとても綺麗な青年でエンリケは訪ねてきてくれたこと嬉しく思う反面、本当に彼なのかという疑問を抱
バッド・エデュケーション (CINEMA e MUSICA di FLUFFY)
アルモドバル流、究極の愛 La Mala Educación
バッド・エデュケーション (It\'s a Wonderful Life)
「海を飛ぶ夢」に続きスペイン映画。ペドロ・アドモバル監督の最新作。 観終わった直後、正直言って「うわあ!コレはちょっとキツかったかも!」 と思ったんです。、 でも後になってじわじわ映画の事を考えてしまう、不思議な作品でした。 「オール・アバウト・...
「バッド・エデュケーション」 (akiのときどきつけるblog)
  ストーリー   「オール・アバウト・マイ・マザー」「トーク・トゥ・ハー」のペドロ・アルモドバル監督が、2人の青年の過去から現在に至る壮絶な愛と裏切り、渦巻く欲望をスリリングに描いた半自伝的ドラマ。主演は「モーターサイクル・ダイアリーズ」
Mala educación, La (2004)バッド・エデュケーション (jajaの映画日記)
陰鬱なアルモドバル。ゲイの愛憎物語、犯罪物語や少年の成長物語のかたちを借りながらひどく混乱した悲痛な喜劇…。 『海を飛ぶ夢』と同じ日に見て、おなじスペインのガリシア地方なども舞台になっているのですが、こちらは、アルモドバル本来の真摯なまでの不器用さ、ある
『バッド・エデュケーション』 (Rabiovsky計画)
『バッド・エデュケーション』公式サイト 監督:ペドロ・アルモドバル 出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、フェレ・マルチネス    ハビエル・カマラ、レオノール・ワトリング 10年以上も温め続けた構想を満を持して作ったペドロ・アルモドバル の半自伝的な作
バッド・エデュケーション 男じらしで★5つ (おえかき上達への道)
バッド・エデュケーション ★★★★★ 赤いチラシに男二人に女一人。 ・・・と思っていたら、男二人でした! 美なガエル・ガルシア・ベルナルが3役こなしてました。 内容はアルモドバル監督の半自叙伝だとか。 だいぶ肌に合いまして、集中しまくりの★5つ。 公式サイト.
バッド・エデュケーション (利用価値のない日々の雑学)
この作品は、昨年の「モーターサイクル・ダイヤリーズ」が予想以上の出来で、且つ、主演のガエル・ガルシア・ベルナルが大変好演をしたので、この筆者の「春夏シネマランキング」では、期待度第1位であった。筆者のように期待を持った映画ファンも大変多かったらしく、平日
「バッド・エデュケーション」 (こだわりの館blog版)
4/30 テアトルタイムズスクエア にて ペドロ・アルモドバルがここまで自分の心情を素直に映像にできたのは スペインの巨匠として確固たる地位を築いた気持ちのゆとりからか? それとも時代が彼の気持ちを純粋に受け入れる器にまでなったからか? 監督・脚本:
映画「バッド・エデュケーション」 (小仙の徒然日記)
 「バッド・エデュケーション」@銀座テアトルシネマ \"LA MALA EDUCATION\" (IMDb) 2004 Spain むふふ。ガエル・ガルシア・ベルナルがとっても美しい! 男らしく女らしい。魅惑的。相手役のフェレ・マルチネスも予想以上に素敵でした。ストーリーは回想シーンや劇中劇
バッドエデュケーション (逃源郷)
 「アールアバウトマイマザー」、「トークトゥハー」のスペインの巨匠ペドロ・アルモドバル最新作。 ペドロならではの登場人物の錯綜する感情と欲望が入り乱れた濃厚な人間ドラマ。相変わらず脚本が良くできていて、ちりばめられた伏線もサスペンスの醍醐味を味わせてくれ
綺麗なおニイさんは好きですか? (I N T R O+blog)
『バッド・エデュケーション』(2004/スペイン/ペドロ・アルモドバル) 『阿修羅城の瞳』(2005/日本/滝田洋二郎) Text By 鮫島 サメ子 鈴木清順監督ならずとも、「別嬪さん」と「色男」が出る映画はマコトに良いものです。つか、何が悲しくてカネ払って不細工見なくちゃい
バッド・エデュケーション 3階層の念密なミステリーにのめり込む (もっきぃの映画館でみよう)
タイトル:バッド・エデュケーション/スペイン ※ノベライズ本:ソニー・マガジンズ ヴィレッジブックス819円 ジャンル:禁断のミステリー R15/2004年/105分 映画館:テアトル梅田2(60席) 鑑賞日時:2005年5月2日(月),16:30〜 30人 私の満足度:75%  オススメ度:70%
『バッド・エデュケーション』La Mala Educacion  86点 (先生、咲かない花もあるんじゃないですか?)
(監督:PedroAlmodovarペドロ・アルモドヴァル。Gael Garcia Bernalガエル・ガルシア・ベルナル, Fele Martinezフェレ・マルティネス, Javier Camaraハビエル・カマラ。2003 西) 2005年4月20日(水) (梗概)  舞台は1980年のスペイン、マドリード。若くして成功した
『バッド・エデュケーション』〜フィルム・ソワーフ〜 (Swing des Spoutniks)
『バッド・エデュケーション』   公式サイト   監督:ペドロ・アルモドバル出演:ガエル・ガルシア・ベルナル フェレ・マルティネス ハヴィエル・カマラ     【あらすじ】(goo映画より)1980年、マドリッド。若くして映画監督として成功したエ
バッド・エデュケーション★★★☆+Quizas,Quizas,Quizasをもう一... (kaoritalyたる所以)
私のお気に入りラテン俳優、ガエル・ガルシア・ベルナル(通称:ガルガル>私が勝手にそう呼んでます^^;)の主演作、 ≪バッド・エデュケーション≫  観てきました。 タイトルにつけた歌は劇中、ガルガルくんが歌った曲。彼の出演作品、アルモドバル監督は好きです...
★★★★「バッド・エデュケーション」ガエル・ガルシア・ベルナ... (こぶたのベイブウ映画日記)
監督が、ガエル君に恋をしているのでは・・と思わされるような、濃い映像だった。魅惑的なガエル君から目が離せない!毒のある美が、この映画の象徴のようでした。でも奥深さは感じられず、人間の描き方が物足りない。なぜ神父は自分の罪を告白したのか。その心情は?結末...
バッド・エデュケーション (日々徒然ゆ〜だけ)
 お耽美奇才の素顔は,何故かラテンな故・林家三平なペドロ・アルモドバルが当代きってのイケ面と組んだ,半自伝的サスペンス映画。 これまでは神(信仰)すらも鳥瞰する人間の描き方だったのが,いきなりぐんっ,と急降下して来たみたい。今回のはねぇ,何だかやけに生々
Bad education (PARTY!!)
〜バッドエデュケーション〜 もったいないことをした。 観る前に・・・ 『トイレにいっとくべきだった!!』 おかげで最後のほうは、 「うーん、しっこ我慢できねー{/hiyo_oro/}」 って感じで 汗 * 美しさに酔い知れるものの足首をつかみ、それと矛盾するように同一
バッド・エデュケーション (New world)
絶対観る確定作品パート Dearフランキー DVから逃れて暮らす母子。母は「船乗りの父」として息子と文通。 船が帰ってくる日、母は見知らぬ男に父親の役を依頼する――という話。たぶん。 予告で泣いたとか何事。絶対ヤバイ。こういう話に弱い。 この日は、起きたら友
●バッド・エデュケーション(新作情報) (shinuma de cinema (映画ネタバレの部屋))
{/usagi/}バッド・エデュケーション(新作情報) 新進気鋭の青年映画監督エンリケ(フェレ・マルチネス)のもとへ、イグナシオと名乗る美青年(ガエル・ガルシア・ベルナル)が尋ねてくる。彼は16年前にエンリケが神学校の寄宿舎にいたころの友人だと名乗る。少年時代の
妖しいのか、安いのかギリギリ (soramove)
「バッド・エデュケーション」★★★☆ ガエル・ガルシア・ベルナル主演 主演のガエル・ガルシア・ベルナルは 器用な役者だ。 暴力的な映画から 今回の女装まで、 様々な顔を見せてくれる。 個人的には 「モーター・サイクル・ダイアリーズ」の 飾らない青...
『バッドエデュケーション』 (Such One Day)
『バッドエデュケーション』試写会に行って来ますた。 1980年、マドリード。若くして成功した映画監督エンリケの元にイグナシオと名乗る美貌の青年が映画の脚本を手に突然あらわれた。彼はエンリケの少年時代の神学校寄宿舎での親友。あまりに変わった友に疑いを感じながら
バッド・エデュケーション (まきまきにっき)
見るか、見るまいか。 かなり迷ったけれど、珍しく午前中に家事を済ませて映画「バッド・エデュケーション」を見に行く。 今年32本目の映画。 1980年、マドリッド。 若くして映画監督として成功したエンリケ(フェレ・マルティネス)の元に、学生時代の友人イグナシ...
バッド・エデュケーション (ネタバレ映画館)
 アルモドバル監督の半自叙伝的映画だなんて、ひょっとして彼はゲ、ゲ、ゲ・・・  全体的には、同監督の『オール・アバウト・マイ・マザー』や『トーク・トゥ・ハー』のような映像によるインパクトは弱かったように感じました。だけど、『モーターサイクル・ダイアリーズ
バッド・エデュケーション (映画バカ一代)
寄宿学校時代に出会い、相思相愛となったエンリケ(フェレ・マルチネス)とイグナシオ(ガエル・ガルシア・ベルナル)の同性愛(男×男)の様相と、その彼等二人を引き裂いた神父への復讐劇をミステリー仕立てに描いた作品。物語は現実・回想・劇中劇といった時間軸が複雑に
「バッド・エデュケーション」 ガエル・ガルシア・ベルナル 11/25DVD発売 (Cinema,British Actors)
待ちに待った「BAD EDUCATIPN」DVD発売です!!! 【初回特典】 豪
「バッド・エデュケーション」 (試写会帰りに)
新文芸座にてペドロ・アルモドバル監督の「バッド・エデュケーション」鑑賞。 「オール・アバウト・マイ・マザー」では、一見母と息子の物語と思いきや、普通にゲイの友人、元夫などが出てきて、それが当たり前のようにストーリーに絡んでくる事に驚いた。 その時は『スペ.
映画「バッド・エデュケーション」 (しょうちゃんの映画観賞日記)
■感想: DVDで観ました。ペドロ・アルモドバル監督の半自伝的ドラマ。主演は「モーターサイクル・ダイアリーズ」のガエル・ガルシア・ベルナルと「アナとオットー」のフェレ・マルティネス。ペドロ・アルモドバル監督の作品は初めて観ました。オープニングはよかったです。
バッド・エデュケーション (プチおたく日記 vol.2)
ゲイを扱った作品なんですが・・・ 感想は後ほど! まずはこんなストーリーです。 1980年、マドリード。新進気鋭の映画監督エンリケのもとに、エンリケの神学校寄宿舎時代の親友
GayJapanNews様が日刊ゲイ新聞にニュース記事提供 (日刊ゲイ新聞編集長のブログ)
GayJapanNews ゲイジャパンニュース様から 世界のゲイ関連ニュース記事を提供していただくことになりました。 「メンバー全員と検討をさせていただき」ご了解をいただきました。 ありがとうございます。 GayJapanNews ゲイジャパンニュース様は、 スタッフ.
バッド・エデュケーション (39☆SMASH)
バイト先の社長さんが、「始業時間を30分早めてもいい??」って私に聞いてきた。 その分、給料は上がるのか??と聞いたら、「それはないけど、その代わり勤務時間中(暇になった時)にまるまる30分休憩していいよ!!」って言われた。 冗談じゃないぜ!! ただ...
バッド・エデュケーション (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  美しい謎めきと妖艶な男たち
バッド・エデュケーション (いつか深夜特急に乗って)
「バッド・エデュケーション」★★★★ (盛岡フォーラム3)
映画「バッド・エデュケーション」と迷信。 (Bodhi Tree Book Club)
バッド・エデュケーション 「バッド・エデュケーション」を観ました。監督はペドロ・アルモドバル監督、主演ガエル・ガルシア・ベルナルです。映画監督の主人公の同性愛を描いて、ペドロ・アルモドバル監督の半自伝的作品とも言われています。 どんなシーンも最高で
バッド・エデュケーション(DVD) (ひるめし。)
もうひとつの究極の愛。 CAST:ガエル・ガルシア・ベルナル/フェレ・マルチネス/ハビエル・カマラ/レオノール・ワトリング 他 ■スペイン産 105分 女装のガエルくんがキレイなのよ。普通に女性に見えるんじゃないですか!?なんとも危ない色気で艶っぽいわ。 「バッド
「バッド・エデュケーション」 (ひらりん的映画ブログ)
おっ、どこかで見たと思ったら、 主演は「モーターサイクル・ダイアリーズ」のガエル・ガルシア・ベルナル。 ラテン系若手俳優人気ナンバー1ではないでしょうか!!! 2004年・スペイン製作のミステリー・ドラマ、105分もの。