こまったちゃん。のきまぐれ感想記

本・映画・お芝居等の感想をミーハー目線で、その他あれこれ書き散らかしています。

試写会「阿修羅城の瞳」

2005-04-11 | MOVIE(JAPAN)
試写会「阿修羅城の瞳」開映18:30@イイノホール

「阿修羅城の瞳」2005年 日本
配給:松竹
監督:滝田洋二郎
原作:中島かずき(劇団☆新感線)
出演:市川染五郎、宮沢りえ、樋口可南子、小日向文世、渡部篤郎、内藤剛志、
   大倉孝二、皆川猿時、二反田雅澄、桑原和生、山田辰夫、蛍雪次朗、土屋久美子、
   韓英恵、G-Rockets(山中陽子、鵜沢優子、関根あすか、半澤友美)、
   沢尻エリカ
上映時間=119分


あらすじ・・・
文化文政の江戸。かつて、人を食らう鬼を斬る「鬼御門」の副長だった病葉出門は、今は江戸随一の人気を誇る舞台役者として活躍していた。ある日出門は、江戸を賑わす盗賊団の一員、つばきと出会う。強く惹かれあう2人だが、その時、つばきの肩に謎のアザが浮かび出た。同じ頃、鬼を率いる謎の尼僧・美惨は、つばきのアザを、鬼の王・阿修羅の復活と見て取り、阿修羅の力に魅せられ道を外れた鬼御門、邪空を送り込む。


劇団☆新感線好き、染さま好きにはたまらん映画だな、こりゃ。
義妹1&2が観たがっていたとおり舞台俳優さんもたくさん出てるし、新感線っぽさを失わずにVFXにより見ごたえUP!歌舞伎好きの心もくすぐる演出もあり、盛りだくさん。
これは絶対観るべき!楽しい!
と思って観ていましたが、そうとも限らないみたい。
隣で見てた同行者は幾度となくあくびを・・・。
これって趣味に合わない人にはまったくダメなのかも?
少なくとも私は大好き!きっと義妹1&2も気に入ると思う。
でも、会社の人には勧めないことにしよう・・・。

さて、今日の見どころを押さえておきましょうか。
これから観る人も、このへんをお楽しみに・・・。

①言うまでもなく市川染五郎という役者の魅力
 タイプではないけど、魅力的だということは認めます。
 歌舞伎役者ぶりも見せてくれるし、殺陣も身のこなしもさすが!
 途中、ヒゲが濃いのがちいっと気になりましたが、おおむね合格!!
 遊び人をやらせるなら、今この人が一番なのでは?

②宮沢りえの美しさ
 少し顔がふっくらした感あり。かなり美しいです。
 背骨は痛々しいけど、着物だと洋服より痩せ痩せが目立たずいいのでは?
 女30歳の魅力といったところでしょうか。

③樋口可南子という生き方
 すさまじいまでの色気と存在感。
 彼女の生き様を見るようで、恐いものがあります。
 うちのとーちゃん(実父)の大のお気に入りなんだよな(笑)

④渡部篤郎のキレっぷり
 いつもながら、気持ちいいくらいにイっちゃてます。
 この俳優はこの演技しかないのか?という疑問はあるものの好きです。
 殺陣はもう一歩だな。

⑤大倉孝二のおおげさな演技
 ここは舞台じゃないぞ!映画なんだぞ!といいたくなるオーバーアクション。
 途中、芝居小屋での隠れっぷりに注目ーー!
 ぷぷぷぷぷぷぷ(思い出し笑い)

⑥小日向文世という癒し
 あの笑顔に癒されない人がいるのか?
 今回もいい味を出しています。
 クセ者ながら、その存在は場を和ますチカラがある。
 好きだな。

⑦花魁「土屋久美子」
 くみちゃん大好きーー。mcシスターのモデル時代から大好き♪
 私は川原亜矢子より、ハナより、だんぜん土屋久美子派でした。
 女優さんとして頑張っている姿には同世代として励みになります。
 これからも頑張って欲しいです。
 しかし、今回よくこの役ゲットしたなぁ。エライ!!


といったところです。ぜひとも皆さんの見どころも教えてくださいね(*^_^*)


今日のいくらなら出しても惜しくない ¥1800(大画面で観るべし。興味ない人は観ない方がいいかも)
実際に出したお金           ¥360+アルファ(当選媒体分からず元手も不明+交通費)


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (27)   トラックバック (61)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画「ナショナル・トレジャー」 | トップ | 試写会「炎のメモリアル」 »
最近の画像もっと見る

27 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (hi-chan)
2005-04-13 15:44:41
TBありがとうございます!

観てる映画(試写)、よく被りますね

私の見所は、りえちゃんが、染の刀傷をペロっとやる所です(笑)

あと、前半部分のつばきと出門の掛け合い(セリフと行動)ですかね。

後半もうちょっと頑張って欲しかったな・・・

私は好きな作品ですが。
こんにちは (ちゅん)
2005-04-13 17:28:08
TBありがとうございます。

この映画では、樋口さんが一番良かったかも。

色気と威厳と妖しさのバランスが絶妙って感じでした。

傷をぺろってやるシーンは舞台でもありました。

どきっとしますよね^^。
hi-chanさま、ちゅんさま (こまったちゃん)
2005-04-13 23:08:15
お二人とも、傷を舐めるシーンにドキドキ?

ワタシもドキっとはしましたが、

久美ちゃんの花魁に一番気持ちを持っていかれたかも。

女優・土屋久美子にいまさらながらハマリそう・・・。

それぞれに存在感のある俳優陣で楽しめましたね♪
こんばんは (カヌ)
2005-04-18 21:11:08
小日向文世、出てくるタイミングがほんとにいい(^^)死ぬ覚悟で阿修羅城に行くといっておきながら、最後まで生き残るのも彼らしいなぁ。
ふふふふふ (こまったちゃん)
2005-04-18 21:54:50
小日向さん、ほんとおいしい役でしたね(笑)

彼が出てると、作品に深みが出ますよねぇ。

実際にはどういうお方か分かりませんが、癒されます。お茶ですよ~って感じ。( ^^) _旦~~
同じ試写会 (FLUFFY)
2005-04-19 14:54:27
こんにちは。

同じ試写会だったのですね。

宮沢りえは前髪おろした方がカワイイですね。

染五郎は歌舞伎でもしょっちゅう観てますが

映画でこういう役をやると合いますね。

全体的なデキとしては「ふーん」って感じだったんですが。

前髪 (こまったちゃん)
2005-04-19 23:54:12
確かに前髪って重要。これのおかげで若く可愛かったのかも。

染さまはやっぱり遊び人役が似合うと思いました。

「遠山の金さん」やって欲しいかも。
TBありがとうございます。 (アリス)
2005-04-24 00:49:59
映画の内容も知らずに、あまり期待もなく観に行ったので、

こんなものか~といった、感想でしたが・・・。

舞台は観ていなかったので、一度観てみたいです。
私も舞台は未見です (こまったちゃん)
2005-04-24 01:04:15
新感線の舞台はおもしろいですよ。

芝居好きじゃなくてもハマるかも。

ぜひ、ご覧あれ。

最近はDVDで観れるからいいですね。

こちらも未経験ですが、「阿修羅城の瞳」は観てみたいなーー。富田靖子バージョンも天海祐希バージョンも興味津々です(^^♪
私も小日向おじちゃんに癒されました (yuikaede)
2005-04-24 07:32:14
TBありがとうございました♪

夫婦共に小日向に癒されました~。

私も舞台は未見ですが、映画は映画として良かったですよね。

宮沢りえは役の年齢設定は何歳だったの?

という所が最後まで気になりました。
小日向くん (こまったちゃん)
2005-04-24 10:50:07
ほんと、小日向さんよかったですよね。彼のことをうちでは「小日向くん」と呼んで夫婦して慕っています(笑)

宮沢りえの年齢設定?考えてもみませんでした(笑)確かに何歳の設定なんですかね?でも、子供からいきなり変化→阿修羅だから年齢とかってないとか・・・。苦しい?(汗)
Unknown (ユツキ)
2005-04-24 15:26:25
TBありがとうございました^^

染さま、チラシとかポスターで見ている分には何とも思わなかったのですが、

映画で動いている彼は何だか格好よく見えて…。

遊び人役、本当に似合っていました。
遊び人 (こまったちゃん)
2005-04-24 18:26:49
ほんっと、遊び人役がぴったりでしたね。

「ご本人の実生活が生かされてるのかしらん」と、つい思ってしまいました。えへっ
遅くなりました。 (あかん隊)
2005-04-25 00:25:06
すみません。コメント遅くなりました。

「こんなもんでしょう」的な仕上がりの映画でした。原作・舞台はおいといて、映画独自の作り方をしてもよかったのではないかな?

原作・舞台が好評だと、どうしても引きずられてしまうのかな~。

りえちゃんの背骨に「ぎくっ!」としました。
りえちゃん (こまったちゃん)
2005-04-25 00:34:27
私も宮沢りえだいぶふっくらしたなぁと思ってたところに、あの背骨を見て・・・。

それでも一時期よりは見ててつらい気持ちが減りました。

いい女優さんになったなぁと思ったら、彼女も30歳超えてるんですねぇ。感慨深いものがあります。
TBありがとうございました。 (エキゾ)
2005-05-03 07:55:44
この映画は本当に好き好きだと思いますが、

私は大好きです。



小日向さんは、本当に名バイプレイヤーですよね。「非・バランス」で主役を張った時、

福岡で舞台挨拶を見たことがあります。

今回のこの役はおいしいです。



りえさんは、本当にいい齢を重ねてますが、

もう少しお肉が欲しいです。

私も大好きです (こまったちゃん)
2005-05-03 14:59:41
私的にはかなりおもしろかったので、

そうでもない人が多いのには、ちょっと驚き。



小日向さんは、いいですよねぇ。

気がつかないうちに目で追っていたりします(笑)



宮沢りえちゃんは、一時よりはお肉ついてよかったなと思います。もう少し太った方がいいけど・・・。

でも、元気そうで何よりです。
Unknown (かわいいさだぼう)
2005-05-04 19:44:17
TBありがとうございます



これ観た後、迷わず「アオドクロ」の前売り券買いました(大阪は今月末から

舞台の方はミュージカルありギャグありらしいので期待してます
かわいいさだぼうさま♪ (こまったちゃん)
2005-05-04 23:57:06
「アオドクロ」は舞台で観ました。

見ごたえありましたよ。

個人的には「アカドクロ」の方が好きです。

なんてったって古田新太が好きなもんで。えへっ
TBありがとうございました (MrsM)
2005-05-11 18:00:04
ご挨拶が遅れましたが、先日はTBをありがとうございました。

TBさせていただきました。



いろいろと突っ込みながらもわたしはとても楽しめた映画でした。

ぜひ舞台で見てみたいかも。
そうなんですよね (こまったちゃん)
2005-05-14 22:25:35
私も舞台で観たかった。

しかも染さまではなく、古田新太の主演で観たいです!!(力説。笑)
染様 (chishi)
2005-05-15 19:32:11
あんな素敵な人とは

知らなかったですよ~目からウロコでした(笑)

が、作品としてみると

いい部分もあるけど、良くない部分も多くって…

つくづく残念でございます。

舞台版、ご覧になってるんですね!

めちゃめちゃ羨ましいです(笑)
いえいえ!!(否定) (こまったちゃん)
2005-05-15 22:29:23
舞台版「阿修羅城の瞳」は未見です。

染さま&新感線は「髑髏城の七人(アオドクロ)」のみです。「アオドクロ」もいいけど、古田新太の「アカドクロ」の方が好きです。TVではでぶのおっさんですが、舞台でめちゃくちゃ色っぽいんですよん。
私のお気に入り (ナオミ)
2005-05-18 00:37:48
こんばんは♪

私は大倉さんにすごく癒されました。

あと常にユニゾンしてた皆川さんも素敵でした。



あと私も「髑髏城の七人~アカドクロ~」観ました!

古田新太さん、とっても魅力的でした。

大倉氏 (こまったちゃん)
2005-05-23 10:23:55
かなりおかしかったですよね。

芝居小屋で隠れてるつもりで全然隠れてないところとか・・・。ぷぷぷ・・・(思い出し笑い)

皆川さんと2人で可笑しさも2倍に増幅してましたね♪



舞台の上の古田新太さんはマジかっこいいっすよね。惚れちゃいそう・・・。で、TVで我にかえる(笑)

冗談はさておき、いい役者です。
舞台と映画 (まさや)
2005-05-27 10:04:39
2003年の舞台を観た者としては、この映画はつまらなかった。まるで染五郎のプロモーション映画だ。

この監督はどうしてこんな映画を作ったのか?原作の脚本を無視しているよ。「阿修羅城の瞳」の細かい部分(永劫の孤独・五業の封印等)が抜けたら、この原作の意味がわからないよ。ただの意味の無いアクション映画だ。改めて「阿修羅城の瞳」は舞台向きの作品だと思いました。キャストはいいだけどね。
未見 (こまったちゃん)
2005-05-27 22:30:38
私は舞台の「阿修羅城の瞳」は未見なので、ご覧になったまさやさんが非常に羨ましいです。

でも、私は比較対照がなかったからか十分楽しめましたよ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

61 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『阿修羅城の瞳』 (ぺぺのつぶやき)
2005年 日本 119分 監督 滝田洋二郎 原作 中島かずき 出演 市川染五郎、宮沢りえ、樋口可南子、小日向文世、内藤剛志、渡部篤郎 「阿修羅城の瞳」公式サイト→ココ ストーリー 江戸時代が舞台。 人の世を滅ぼし、世の中を征服しようとする鬼たち...
映画『阿修羅城の瞳』 (もんもん的見解)
久々に試写会に行きました。 『阿修羅城の瞳』を観ました。 阿修羅目覚める時、 逆
「阿修羅城の瞳」 試写会 (ときめき☆ダイアリー)
4月1日(金) 有楽町朝日ホール 「阿修羅城の瞳」の試写会に行ってきました。 《出演》市川染五郎・宮沢りえ・樋口可南子・小日向文世・内藤剛志・渡部篤郎・G-Rockets 恋をすると鬼になってしまうというつばき(宮沢りえちゃん)と鬼殺しの出門・いずも(市川染五郎さん
『阿修羅嬢の瞳』 (イヌマル雑記帳)
舞台で好評だった作品の映画化。 『魔界転生』チックな雰囲気と歌舞伎の見得が目を惹く。 しかし、宮沢りえもすっかり老けたなあ。 「三井のリハウス」の頃の初々しかった時代と比べると別人だよ。 ファースト写真集『Pour Amitie(プール・アミティエ)』を買った私が
阿修羅城の瞳(試写会) (Movies!!)
市川染五郎、宮沢りえ、樋口可南子、小日向文世、内藤剛志、渡部篤郎出演。 滝田洋二郎監督作品。 滝田監督作品は「陰陽師」が大好きです。野村萬斎万歳(笑) 元々、劇団☆新感線の舞台だそうで、その時の主演も市川染五郎さんだったそうです。 ……ワタクシ、染が苦手で
映画「阿修羅城の瞳」 (Chun::Loop)
劇団新感線の同名人気舞台の映画化。試写会で見てきました。「阿修羅城の瞳」は、ひと
阿修羅城の瞳 ★★★★☆ (◆覇王の書斎◆)
スペクタクル・なんとか、とか、アクション・どーたら、とか、CG・VFXの出来云々、という視点で見るよりも、これは「漫画」だ、と思ってみるとすんなり受け入れる間口が出来るんじゃないかと思いました。
阿修羅城の瞳★★☆宮沢りえが良いです♪ (kaoritalyたる所以)
珍しく邦画を観てきました。予告を何度か見たら、連れが観たいって言うし、まぁ面白そうだなぁ~と思って・・。どうなんでしょうか、これ。正直言って後半、だれてました。まだ続くのか~って感じ。だけど宮沢りえは上手いですね。市川染五郎もまぁまぁでした・・でも何だ...
阿修羅城の瞳 (kikumasamune)
(英題:BLOOD GETS IN YOUR EYES)  公開前日に試写会に当たったので観て来ました。監督が滝田洋二郎と聞いただけですごくゲンナリしたのですが、やっぱりというかどーしようもなくゲンナリする出来だったので、客電がついた時にはただただポカーンとしておりました。が
「阿修羅城の瞳」和製「コンスタンティン」!? (試写会帰りに。)
ヤマハホール。劇団☆新感線と松竹のコラボレイト舞台を映画化した「阿修羅城の瞳」。 舞台の段階から松竹とコラボレイトしていたと言う事は、まず映画化ありきの企画だったのだろうけれど、映画を観た感想は、お芝居と歌舞伎、映画のいいとこ取りして訳わからなくなってしま
■阿修羅城の瞳 主演:宮沢りえ 市川染五郎 小日向文世 (ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY)
■阿修羅城の瞳●映画「阿修羅城の瞳」は、宮沢りえと小日向文世を観に行けば、良いと思う。これは舞台で若い観客に持て囃された作品の映画化であるから、ネタばれも少々なれば許されよう。鬼の住み着く下界、鬼を退治する鬼殺し出門とある女盗賊つばきの出会いが阿修羅誕生
阿修羅城の瞳 (ジャスの部屋 -いん ぶろぐ-)
映画「阿修羅城の瞳」の感想です
『阿修羅城の瞳』を観て来ました!#65 (★☆★風景写真blog★☆★Happiness inf...)
「阿修羅城の瞳」 (the borderland)
初日16日(土)しかレイトショーやってないので時間合わせて見に行ったら、財布忘れたのを電車の中で気付いて、阪神梅田のかの有名なミックスジュースだけ飲んで帰りました・・・ 小銭入れと定期は持っていたので気付かなかったんです(^^; 自分のアホさ加減に疲れが
『阿修羅城の瞳』 (京の昼寝~♪)
 阿修羅目覚める時、逆しまの天空に不落の城浮かび、現し世は魔界に遷る ■監督 滝田洋二郎 ■原作 中島かずき「阿修羅城の瞳」 ■市川染五郎、宮沢りえ、樋口可南子、小日向文世、渡部篤郎、内藤剛志、韓英恵  時は文化文政の庶民たちの活気に満ち溢れた江戸。 かつ
阿修羅城の瞳 (any\'s cinediary)
阿修羅目覚める時、逆しまの天空に不落の城浮かび、現し世は魔界に変える――― ス
映画『阿修羅城の瞳』 (EVERSMILE(エバースマイル))
『阿修羅城の瞳』公式サイト『阿修羅城の瞳』を上映している映画館は?映画『阿修羅城の瞳』を観てきました。映画『阿修羅城の瞳』は、劇団☆新感線による舞台での『阿修羅城の瞳』をベースにして映画化された作品です。私は劇団☆新感線の舞台を一度も観たことがないのです
阿修羅城の瞳 (ネタバレ映画館)
 「おもしれえ!面白すぎる!」と言う南北(小日向文世)が面白すぎた。  せをはやみ いはにせかるる たきがはの われてもすゑに あはむとぞおもふ・・・  百人一首は苦手だが、苦手な人のために「“せ”で始まる句は一つしかないからこれを覚えておくといい」、という言
阿修羅城の瞳 (CINEMA e MUSICA di FLUFFY)
恋をすると鬼になる
「阿修羅城の瞳」 (抹茶室)
16日から公開の阿修羅城の瞳を観てきました。 妖怪とかが出てきて、嘘っぽいCGとか特撮とか使う時代劇風映画って好きなのだ♪ 陰陽師とか… あと、宮沢りえちゃんを観たかった! ストーリーはこちらで。 感想: まぁまぁ、妖怪系時代劇映画ならこんな感じでしょう。 元が
「 阿修羅城の瞳 」 (MoonDreamWorks)
監督 : 滝田洋二郎主演 : 市川染五郎/宮沢りえ/小日向文世      / 内藤剛志/渡部篤郎/樋口可南子 /公式HP:http://www.ashurajo.com 時は文化文政の江戸の世。人の姿を借りた鬼が人を食らうと言う・・・・幕府は、「 鬼御門 」と呼ばれる組織を結成し江戸...
阿修羅城の瞳 (Imagination From The Other Side)
松竹と劇団☆新感線の初コラボレイト作品として上演された、中島かずき作の傑作舞台を映画化した作品。 主人公病葉出門(わくらばいずも)は舞台と同じく市川染五郎。 ヒロインつばきには宮沢りえ。 その他の出演者は渡部篤郎、内藤剛志、小日向文世、樋口可南子など実力...
『阿修羅城の瞳』 (ラムの大通り)
-------この映画、試写会が大盛況だったんだって? 「『阿修羅城の瞳』なんてタイトルからして魅力的だからね」 -------あまり映画っぽくないよね。 「そうなんだ。これは元はと言えば劇団☆新感線の舞台。 それを観て『これは現代の歌舞伎だ』と思ったという市川染五郎。 彼
「阿修羅城の瞳」劇場にて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
土曜に引き続き日曜日にもファボーレ東宝で二作品見てきました。『阿修羅城の瞳』と『コーラス』の二つです。 まずは『阿修羅城の瞳』から。 主演は「宮沢りえ」と「市川染五郎」。脇を固めるのは「樋口可南子」、「小日向文世」、「内藤剛志」、「渡部篤郎」の面々。エンデ
阿修羅城の瞳 (cococo)
チラシやポスターが、あんまりきれいだったし、舞台の評判も聞いていたし、舞台を観
阿修羅城の瞳 (Cafeアリス)
阿修羅城の瞳を、観てきました。 劇団☆新感線の人気の舞台の、映画化だそうですが、 もともと「恋する手鏡」のおまけにつられて買った前売り券だったので、 あんまり内容を知らずに、観てきました。 今日のSMAP×SMAPでも、市川染五郎さんと、宮沢りえさんがゲスト...
★「阿修羅城の瞳」 (ひらりん的映画ブログ)
劇団☆新感線で上演され大ヒットした同名の舞台劇を映画化。 予告を見て面白そうだったので「インファナル・アフェアⅢ 終極無間」 見たあと、続けざまに鑑賞。 2005年日本製作のロマンス・アクション・時代劇、130分。 あらすじ 江戸時代・・・平穏そうな町にも人
阿修羅城の瞳 飽きずに見られた2時間 (妊娠、育児、映画人生)
先月のローレライに続き、旦那とデートです♪ といってもうちの場合は、私が行ける日が決まると 「明日、阿修羅城見に行くよ。一緒に行く?」というパターン。 めでたく予定が合い、別々の車で出動です。 私が洗濯物を干していたせいで本編1~2分始まってましたが お客さん
阿修羅城の瞳 (Saturday In The Park)
「コンスタンティン」が悪魔退治ならこちらは鬼退治絡みの映画。 元ネタが劇団☆新感線の人気舞台の映画化とのことだけど 残念ながら元ネタの方は未見。 なので映画版と比較のしようがないけど若干ストーリー的にサクサクっと 進んで行った感はあったけどかなりオモシロ
阿修羅城の瞳 (*call my name*)
阿修羅城の瞳日本・2005年4月公開/119分公式サイト→■文化文政の江戸。かつて、人を食らう鬼を斬る「鬼御門」の副長だった病葉出門は、今は江戸随一の人気を誇る舞台役者として活躍していた。ある日出門は、江戸を賑わす盗賊団の一員、つばきと出会う。強く惹かれあう2人だ
映画感想:『阿修羅城の瞳』 (徒然三十路日記♪)
00年に上演、03年に再演されて話題を呼んだ劇団☆新感線と松竹のコラボレート舞台作品「阿修羅城の瞳」を映画化。町人文化が栄えた江戸の文化文政期。恋をすると鬼の王・阿修羅に生まれ変わってしまうという宿命を負う女つばきは、以前幕府の鬼祓い機関の副長を務めていた舞
阿修羅城の瞳 (映画のしっぽ)
前から見たいなぁ~と気になっていた阿修羅城の瞳物語は江戸時代に人間に姿を変えて
「阿修羅城の瞳」 (るるる的雑記帳)
「阿修羅城の瞳」を観ました(本家・fab*funにもup、レビューは毎度微妙に中身が違います)。 四世鶴屋南北(私のイメージではこんな飄々とした人物ではないが、でも狂言回し的な役だから仕方ないのか?にしたってもう少しセリフが何とかならなかったのか)が出てきて歌
阿修羅城の瞳 (たりん堂@blog)
予告が良かったので、観たい観たいと騒いでいたら副部長も観たかったようですんなり鑑
阿修羅城の瞳★★☆☆☆ (なおのオススメ文芸。)
International title:Blood gets in your eyes 『文化文政の江戸の町には人の姿を借りた魔物が潜んでいた。そんな魔物退治のために結成されたのが、「鬼御門」という組織。かつて鬼御門で「鬼殺し」と怖れられる腕利きだったが、今は舞台役者として活躍していた病葉出門...
「恋をすると鬼になる」・・・・阿修羅城の瞳 (お初にお目にかかります)
大林監督の大人のファンタジー『異人たちとの夏』のコピー=「愛した分だけ死に近づく」には及ばないが、本作のコピーもなかなかキャッチーだと思っていた。ところがこれが、正にこの映画のまんまの姿だったとは・・・。そもそも、時代劇でありながら何という奔放な世界観!
阿修羅城の瞳 (Akira\'s VOICE)
まとまりと盛り上がりに欠け,最後まで入り込めなかった・・
阿修羅城の瞳 (じぶちゅう)
たまったポイントで、 タダでみてきましたよ。 とてもじゃないけど、1000円 出してまで、見る勇気ありませんもの。
阿修羅城の瞳 (さだろぐ)
阿修羅城の瞳(滝田洋二郎) ☆☆☆☆☆ 2005(松竹) 前から新感線は気になってたので映画化と聞いていそいそとお出かけ こりゃ素晴らしい ストーリー、セリフ(結構原典に忠実らしい)も、もちろんそうだが、映画としても完成度は高い かつて日本には
映画「阿修羅城の瞳」 (teeter-totter)
今日は二本連続映画鑑賞。一本目は「阿修羅城の瞳」。 劇団☆新感線の舞台はお金がなくて折角誘ってもらったのに行きませんでした。ちょっとそれを後悔しています。 というのも、とても面白かったから!外連味たっぷりの戯作といった趣で特撮満載なのに古典な感じがする。実
阿修羅城の瞳 (まつさんの映画伝道師)
第79回 ★★☆(劇場)  愛してはならない。  その言葉は「愛してしまう」を意味する。いけない、と言われれば言われるほど愛の炎は燃え上がるものだ。  これは悲運な愛の物語だ。真実の恋をすると鬼になる女つばき(宮沢りえ)は、鬼殺しの出門(市川染五
阿修羅城の瞳 (映画短歌・せんかいへき blog)
 血を浴びた肩の疼きに逆らえず 燃えて染まりて舞う椿かな ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ★★★☆ 2005 日本 監督:滝田洋二郎 阿修羅目覚める時、逆しまの天空に不落の城浮かび、現し世は魔界に還る…
阿修羅城の瞳 (~~映画見ちゃいました~~)
監督: 滝田洋二郎  原作: 中島かずき  出演: 市川染五郎,宮沢りえ,小日向文世,内藤剛志,渡部篤郎,樋口可南子 公開日: 2005/4/16~ 宮沢りえの美貌を拝みたくて映画館まで足を伸ばしましたが期待はずれ(笑) 背中を出すシーンや濡れ場があるのですが、なんとも
阿修羅城の瞳 (こころそぞろ)
あっ、こういうストリーだったのね。ってのがわかった(なんせ、舞台は、人間関係錯綜
綺麗なおニイさんは好きですか? (I N T R O+blog)
『バッド・エデュケーション』(2004/スペイン/ペドロ・アルモドバル) 『阿修羅城の瞳』(2005/日本/滝田洋二郎) Text By 鮫島 サメ子 鈴木清順監督ならずとも、「別嬪さん」と「色男」が出る映画はマコトに良いものです。つか、何が悲しくてカネ払って不細工見なくちゃい
25-阿修羅城の瞳 (徒然日誌)
今日は「阿修羅城の瞳」を見てきた。 劇団☆新感線の舞台が元とあって少し期待していた。その舞台自体は見たことがないが、新感線の舞台ってわりとはちゃめちゃな印象があったりするのでどんなもんかなぁ~と。そのストーリー展開にも関心があった。 ストーリーは鬼ごろしの
阿修羅城の瞳 [ため息ばかり・・・これだけ観て日本映画はダメだって言わないで] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
ミニシアター系などに関心なく、古い名作傑作にも興味なく、メジャー系映画中心に年間10~20本程度映画を楽しむ人がいたとする。そういう人は当然ハリウッド映画鑑賞がメインとなり、日本映画は年間4~5本観る程度だろう。そのうちの1本として、この「阿修羅城の瞳」を選んで
「阿修羅城の瞳」、見てきました。 (天と地のあいだ)
 ずっと見たかったのです。B級好きの血が騒ぐ映画ですもの。  思った通りに近い作品で、後半の迫力不足は不満ながらも、なかなか楽しめました。  それにしても市川染五郎ってこんなに色気のある人だっけ? 舞台を見てみたいなぁ。  詳しい感想はこちらにUPしてありま
阿修羅城の瞳 (きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/)
松竹と劇団☆新感線の初コラボレート作品、 舞台「阿修羅城の瞳」映画化作品。 渡部篤郎さん出演ということで 渡部さんが観たいが為に映画館へ~♪ 「阿修羅城の瞳」2005年公開・邦画 監督/滝田洋二郎 脚本/戸田山雅司、川口晴 出演/ 市川染五郎、宮沢りえ、...
映画『阿修羅城の瞳』貴方は何点? (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)? ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                   0点□□□□□□□□□□10点 ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦する→ マイ・ファニー・バレンタ
阿修羅城の瞳 (自分の事が分からないっっ!!!)
あまりにも酷評が多かったので、「ダメ映画、ダメ映画」と言い聞かせて観に行きました。 そのおかげか、そんなに悪いと思いませんでしたよ。 まあ、問題点は多かったみたいですけど。 何も考えずに観れるから、疲れないで済むし。 あの世界観は結構好きでした。 しかしまあ
阿修羅城の瞳  突出した、染五郎VSりえの緊張感 最後は「陰陽師2」のよう (もっきぃの映画館でみよう)
タイトル:阿修羅城の瞳/松竹 ※ノベライズ本:A SHU RA ストーリー・オブ・ザ・ムービー 阿修羅城の瞳  小学館480円 ジャンル: 新感覚アクション・エンタテイメント/2005年/119分 映画館:MOVIX京都シアター7(181席) 鑑賞日時:2005年5月3日(火・祝),16:50~ 50人 私の
映画『阿修羅城の瞳』貴方は何点?結果報告! (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
いつも 『この映画、貴方は何点?』 にご協力いただきありがとうございます! 今回ご報告させていただくのは劇団☆新感線の舞台がスクリーンになった「阿修羅情の瞳」です。みなさんの声は…えっと…はっきり言いまして“びみょー”でした(^^; 点数もそれがハッキリ出
阿修羅城の瞳 (欧風)
本日、久々に試写会に行ってきましたよ。今回観に行ったのは「阿修羅城の瞳」。 試写会と言っても、これはもう劇場公開は終わってるみたいで、10/29(土)に出るDVDを記念した試写会です。この作品に関しては、ハガキの写真の印象や、タイトルで、あ、多分時代劇
阿修羅城の瞳 今年の223本目 (猫姫じゃ)
阿修羅城の瞳 劇団☆新感線の舞台の映画化なんだ。 例によって、なにも知らずに見たんだケド、時代、ストーリーは、あたしのツボ。でも、愛を描きすぎでした。それから、セリフ回しは、違和感なかったんだケド、セット、SFXが、、、 この手の映画では、その昔のバンダ.
阿修羅城の瞳 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  鬼と鬼ハンターのファンキーな悲恋  
阿修羅城の瞳 映画版 市川染五郎 宮沢りえ (Dazzling M)
阿修羅城の瞳 久々に出会った当たり!の邦画 かなり新感線風味に仕上がっているが ホントにいい作品! これには正直マイッタぁまず、BGMがハマっています。インディア風、ロックそしてSTING。 カッコ良すぎてやばいです 衣装やセット。エフェクトは劇団☆新感線味が
DVD「阿修羅城の瞳」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
鬼って美しいのねぇ~!! 舞台の映画化らしいですね。 町の様子が舞台「身毒丸」をチョット思い出しました。日本なんだけど、なんだかチョット異国っぽい感じが。衣装や色彩などはとっても綺麗でした!! 阿修羅が復活するまでの展開は、とっても良かったのですが。...
阿修羅城の瞳 (レンタルだけど映画好き )
恋をすると鬼になる――越えてはいけない愛の結界。 阿修羅目覚める時、逆しまの天空に不落の城浮かび、現し世は魔界に還る―― 2005年 日本 監督 滝田洋二郎 出演 市川染五郎/宮沢りえ/大倉孝二/皆川猿時/二反田雅澄/桑原和生/山田辰夫/螢雪次朗/樋口可南子/土屋久
映画『阿修羅城の瞳』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
今度こそ、今度こそ最後までいかせてくださいますか。確かにあの時は・・意味深な言葉を投げかける。江戸の町での舞台"阿修羅城の瞳"の映画化。 現世に魔界の王"阿修羅"を復活させる条件が、真実の恋にめぐり逢うこと、真実の恋に巡 ...
【邦画】阿修羅城の瞳 (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  C (演技1/演出1/脚本2/撮影0/音響1/音楽2/配役2/魅力0/テンポ1/合計10) 『評